Oracle Coherence

Oracle Coherence Editions


Oracle Coherenceは、クラスタ化されたアプリケーションおよびアプリケーション・サーバーを対象としたインメモリ分散データ・グリッド・ソリューションです。 組織はOracle Coherenceを使用して、頻繁に使用されるデータに迅速で信頼性の高いアクセスを実現することにより、ミッション・クリティカルなアプリケーションを計画どおりに拡張できます。 顧客は、Oracle Coherenceを使用してデータをアプリケーションに近づけることにより、アクセスの高速化およびリソース利用度の向上を実現します。 Oracle Coherenceを使用すると、メモリ内のデータが複数のサーバーをまたがって自動的かつ動的にパーティション化されるため、サーバーの障害時にもデータの可用性とトランザクションの整合性が維持されます。 Oracle Coherenceは、データ局所性とローカル処理能力を組み合わせることによって、リアルタイム・データ分析、インメモリ・グリッド計算、トランザクションおよびイベントの並行処理を実行する共有インフラストラクチャです。

詳細は、Oracle Coherenceエディション別の特長をご覧ください。
 
 Oracle Coherence Grid Edition  Oracle Coherence Enterprise Edition
 Oracle Coherence Standard Edition    

Oracle Coherence Grid Edition
Oracle Coherence Grid Editionは、企業全体のデータ管理を提供します。

製品のおもな利点
  • 企業データへの迅速で確実なアクセス
  • アプリケーションにおけるJava、.NET、C++間の共通データへのアクセスおよび更新を実現
  • リアルタイムのデータ・グリッド・アクセスおよびデータ更新をデスクトップ・クライアントまでサポート
  • 一般的なハードウェア上でのスケールアウトに最適
製品のおもな機能
  • フォルト・トレラントのデータ・キャッシング
  • ライトビハインド、トランザクション、分析、イベントを含むデータ管理
  • 異機種クライアントのサポート
  • 詳細は、Oracle Coherenceエディション別の特長をご覧ください。
Oracle Coherence Grid Editionは、企業全体で共有されるデータ・サービス・プラットフォーム向けです。一般的に、大規模配置におけるインフラストラクチャのコア部分または独立した層であり、リアルタイムの分析、トランザクション管理、イベント・インフラストラクチャ、高度なアプリケーション・データ・キャッシング実装に対応しています。

トップへ戻る

Oracle Coherence Enterprise Edition
Oracle Coherence Enterprise Editionは、アプリケーションのデータ管理を提供します。

製品のおもな利点
  • アプリケーション・データへの迅速で確実なアクセス
  • インメモリ・データ分析およびイベント処理を実現
  • 共有データソースへのロードの低減
  • 一般的なハードウェア上でのスケールアウトに最適
製品のおもな機能
  • フォルト・トレラントのデータ・キャッシング
  • ライトビハインド、トランザクション、分析、イベントを含むデータ管理
  • 詳細は、Oracle Coherenceエディション別の特長をご覧ください。
Oracle Coherence Enterprise Editionは、企業全体で共有されるデータ・サービス・プラットフォーム向けです。一般的に、大規模配置におけるインフラストラクチャのコア部分または独立した層であり、リアルタイムの分析、トランザクション管理、イベント・インフラストラクチャ、高度なアプリケーション・データ・キャッシング実装に対応しています。

トップへ戻る

Oracle Coherence Standard Edition
Oracle Coherence Standard Editionは、アプリケーションのキャッシング・ソリューションを提供します。

製品のおもな利点
  • 頻繁に使用されるデータへのアクセスの高速化を実現
  • 共有データソースへのロードの低減
  • 一般的なハードウェア上でのスケールアウトに最適
製品のおもな機能 Oracle Coherence Standard Editionは、永続性、トランザクション、アプリケーション・サーバー・インフラストラクチャとの緊密な統合といった機能を備えた分散データ管理を必要とする、中規模から大規模のアプリケーション配置向けで、一般的にLOBで使用されます。

トップへ戻る