Oracle Fusion Middleware ソフトウェア・ダウンロード

 

以下のダウンロードから入手できるソフトウェアは、OTN Free Developer License Agreementに基づき、評価目的のために提供されています。ライセンス契約のあるお客様は、異なる条件でライセンスが提供されているOracle Software Delivery Cloudサイトからソフトウェアをダウンロードしてください。

 ライセンスに同意する      ライセンスに同意しない
 
 
 
無償のOracle WebLogic Server 12c(12.1.3)
開発者用Zipファイルの配布とインストーラ


このZipファイル(190MB)Java EE 6フル・プロファイル開発環境と厳選されたJava EE 7 APIを提供するものであり、WebLogic ServerとOracle Coherenceを含みます。汎用インストーラにもWebLogic ServerとCoherenceが含まれており、OPatchを使用してパッチを適用できます。Windows、Linux、Mac OS XのインストーラにはOracle Enterprise Pack for Eclipseが含まれています(注:ライセンス契約のあるお客様はこちらからWebLogic Server 12cソフトウェアをダウンロードしてください)。


無償ライセンスが適用されるその他のOracle WebLogic Serverリリース(Oracle Fusion Middleware 11g製品向けの12.1.2、12.1.1、10.3.6を含む)については、次のサイトを参照してください。

 
 
Oracle JDeveloper 12c

Oracle JDeveloperは無償の統合開発環境であり、JavaベースのSOAアプリケーションとJava EEアプリケーションの開発を簡素化します。JDeveloperはOracle Fusion MiddlewareとOracle Fusion Applicationsに対するエンド・ツー・エンドの完全な開発者環境を提供し、開発ライフ・サイクル全体をサポートします。
Oracle Fusion Middleware 11g ソフトウェアのダウンロード

Oracle Fusion Middleware 11gのダウンロードについては、製品ごとのダウンロード・ページを参照してください。

WebLogic Server 12cおよびWebLogic Server 11gの各リリース

WebLogic Server 12cおよびWebLogic Server 11gの各リリース。オラクルは、標準のOTNライセンス同意書とOTN Free Developer License AgreementのもとでWebLogic Serverのダウンロード提供を継続します。WebLogic Serverの各リリース(12.1.3、12.1.2、12.1.1、10.3.6を含む)をダウンロードするには、次のWebサイトを参照してください。

Java技術者必読! Java Magazine 最新号公開中

WebLogic Channel