GoldenGate Logo 12c - Updated


 

Oracle GoldenGateとは

Oracle GoldenGateは、異機種データベース間で、データをほぼリアルタイムでデータ連携/レプリケーションするための製品です。ソースシステムにほとんど負荷をかけずに高速に転送することが可能です。


Oracle GoldenGateは、主に下記の機能を提供します。

  • ソースデータベースからターゲットデータベースへデータ変更を伝播する機能
  • ソースデータベースへの定義変更をター ゲットデータベースに伝播するDDLレプリケーション機能
  • GoldenGateの稼働状況をモニタリングする機能
  • ソースデータベースからターゲットデータベースへの初期データ移行機能
  • データ変換・マッピング・フィルタリング機能
  • 双方向伝播時に競合検知および競合解消する機能

Oracle GoldenGateの特徴は下記の通りです。

 

  • 異機種(異OS、異データベース、異バージョン)間での柔軟なデータ連携が可能
  • 多くのプラットフォーム・バージョンへの対応(具体的には推奨構成をご確認下さい)
  • ログからデータを抜き出すため、既存データベースへの負荷が最小限
  • データの差分のみを転送するため、ネットワークの負荷が最小限
  • ほぼリアルタイムでデータが転送できるため、転送先で最新のデータを参照可能
  • 稼働中のデータベース同士で双方向で転送が可能
  • システム移行時のダウンタイムを最小限に抑えることが可能
  • データベース全体だけでなく、表・列単位やフィルタで絞り込んだ転送が可能


Oracle GoldenGateの製品群

     Oracle GoldenGate製品群には下記のコンポーネントがあります。(ライセンス体系は価格表を参照)

     

  • Oracle GoldenGate for Oracle Database : Oracle Databaseと連携するためのコンポーネント。
  • Oracle GoldenGate for Non Oracle Database(*) : 他社製データベースと連携するためのコンポーネント。
  • Oracle GoldenGate for Mainframe(*) : メインフレームと連携するためのコンポーネント。
  • Oracle GoldenGate Application Adapters(*) : フラットファイルやJavaと連携するためのコンポーネント。
  • Management Pack for Oracle GoldenGate : Oracle GoldenGateを管理するための複数のコンポーネント。Monitor、Director、EM Pluginの3製品が含まれます。
  • Oracle GoldenGate Veridata :データベース間のデータの差異を確認・修正するためのコンポーネント。

  •  

    (*) これらの製品は、現在日本では制限付き出荷のステータスとなっています。利用をご検討される方は担当営業までお問い合わせ下さい。



     

Oracle GoldenGateの利用用途

    • レポーティング用のデータベースの作成
    • クエリ・オフロード(負荷分散)
    • データベースのバージョンアップ/システム統合
    • リアルタイムデータウェアハウス
    • 災害対策、データ保護
    • 他種データベースからの移行/統合  など

     

Oracle GoldenGateの実績

    GoldenGateは国内外の多くのお客様で実績のあるテクノロジーです。全世界で2100社以上のお客様に導入頂いています。

国内の公開事例 (順不同)

その他国内のGoldenGate事例はこちら

Oracle Direct : 製品のご購入・ご導入に対する無料のご相談窓口