Oracle Multimedia




Oracle Multimediaは、Oracle Databaseに対するマルチメディア・データの保存、管理、取得を他のエンタープライズ情報と統合した方法で実現する機能です。 画像、医用画像、オーディオ、ビデオ・データに対応したOracle Multimediaは、幅広いマルチメディア集約型アプリケーションに対して、パフォーマンスと可用性に優れ、堅牢かつセキュアでスケーラブルなプラットフォームを提供します。対象アプリケーションには、医療およびライフサイエンス分野での医用画像管理、博物館や企業、公共機関向けのマルチメディア資産管理、金融機関でのチェック画像管理、Webパブリッシング、ビデオ・セキュリティに対する資産管理などが多数含まれます。

Oracle Multimediaには、医用画像、ビデオ、構造化レポート分野で広く採用されているDigital Image and Communications in Medicine(DICOM)に対する包括的なサポートが含まれています。DICOMのサポートについて、詳しくはこちらを参照してください。


Oracle Database 12cの新機能


Oracle MultimediaのDICOMサポートが拡張されて、DICOMプロトコル・アダプタが追加されています。 プロトコル・アダプタはOracle WebLogic Server上に配置され、Oracle DatabaseまたはOracle WebCenter Contentを使用したDICOMイメージの保存、取得、問合せを可能にします。


Oracle Multimediaの機能


  • Oracle SecureFilesを使用した高パフォーマンスな保存と取得
  • セキュアでスケーラブルな情報管理
  • 組込みのメタデータ抽出機能と基本画像処理による、もっとも一般的なマルチメディア形式のサポート
  • プログラマーAPI、PL/SQLプロシージャおよびファンクションによるアプリケーション開発の簡易化
  • 包括的なDICOMサポートによる医療アプリケーションへの素早く簡単な医用画像の取込み



Quick Picks




Oracle Multimedia技術情報




関連テクノロジー




顧客