Sun Studio 最新情報アーカイブ - 2006

Sun Studio 最新情報アーカイブ

 
2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005

12 月

 
Using Run-Time Checking Options With The Sun Studio Fortran Compiler  2006 年 12 月
Sun Studio Fortran コンパイラで実行時チェックオプションを使用する by Diane MeirDiane Meirowitz 著、シニア・スタッフ・エンジニア、Fortran コンパイラチームSun Studio Fortran コンパイラチームのDiane Meirowitz が、Fortran プログラムのバグを検出するのに役立つ、実行時チェック用のさまざまなコマンド行オプションの使用方法について解説します。   »  詳しく読む

11 月

 
Sun Studio 11  2006 年 11 月
Solaris C++ 共有ライブラリパッチの内部 Misha Bykov 著、Sun Microsystems
パッチに何が含まれているかご存じですか? 最新の C++ 共有ライブラリを含む典型的な Sun Studio コンパイラ・パッチの内部について見ていきましょう。   »  詳しく読む

10 月

 
Sun Studio 11  2006 年 10 月
Sun Studio Tools で DTrace を使用した、複雑なアプリケーションの理解、解析、デバッグ、 拡張Nasser Nouri 著
この記事では、Sun Studio ツールで DTrace を使用して、ソフトウェア・アプリケーションを理解、分析、デバッグする方法について解説します。記事の冒頭では DTrace ユーティリティとそのアーキテクチャについて説明します。次にソフトウェアの欠陥とパフォーマンスの問題を修復するための各ツールの利用方法を説明します。   »  詳しく読む
 

9 月

Sun Studio 11  2006 年 9 月 29 日
Cool Tools:プログラムの実行のトレースに SHADE を使用する Darryl Gove 著
SHADE ライブラリは SPARC ハードウェアのエミュレータです。SHADE を使用する最大の利点は、エミュレートされるアプリケーションから情報を集めるための解析ツールを記述できることです。SHADE ライブラリには、実行される命令の数や各タイプの命令が実行される頻度を追跡するサンプルの解析ツールが含まれています。さらに高度な解析ツールを記述すれば、アプリケーション実行時の特定のキャッシュ構造におけるキャッシュミスを調べるようなことも可能です。   »  詳しく読む
 
Sun Studio 11  2006 年 9 月 26 日
カバレッジと分岐分析を用いたプロファイル・フィードバックのための代表的なトレーニング・ワークロードを選択する Darryl Gove 著
プロファイル・フィードバック は、プログラムの実行時の動作についてより詳細な情報をコンパイラに提供するために、アプリケーションの短いトレーニング・ランを使用する最適化技術です。この情報によってコンパイラは、より適切な最適化に関する決定をおこなうことができます。たとえば、どのルーチンがインラインに適しているか、あるいはより頻繁に実行されるブランチはどれかなどです。この記事では、トレーニングの作用とリファレンス・ワークロードの関係について 2つの側面から紹介します。ここで示す方法は、トレーニング・ワークロードがリファレンス・ワークロードを正しく反映するための必要条件です。   »  詳しく読む

8 月

 
Sun Studio 11  2006 年 8 月 31 日
新規オンラインコース: Solaris 開発者のための Sun Studio
WP-100-S10: Solaris 開発者のためのSun Studio 導入
Solaris プラットフォームでのソフトウェア開発者のための Web ベースのコース。Sun Studio コンパイラとツールを使用したコンパイル、編集、デバッグの方法、プラグラム・パフォーマンスの解析などを概説します。Sun Studio を使用することで、いかに開発者が生産性を向上させることができるか学習します。
» WP-100-S10 について読む。.   (2 時間 - 90.00 USドル)
» www.sun.com/training でサンが提供するトレーニング・クラスについて参照してください。
 
 2006 年 8 月 25 日
2 つの新しい記事 - Java と WebLogic アプリケーションのプロファイリング
Java アプリケーション WebLogic サーバーをプロファイルするための Sun Studio Performance Tools の使い方に関する 2 つの新しい記事です。
»パフォーマンスに関する記事を すべて読む
 
 2006 年 8 月 10 日
Sun Studio Express - August Build
次期 Sun Studio ソフトウェア・リリースのプレビュー版をダウンロードして試用することができます。Express プログラムでは、開発中の Sun Studio ソフトウェア・リリースのビルドをダウンロードすることができます。Sun Studio ソフトウェア・テクノロジーの情報をより早く入手できます。このビルドの特徴は次のとおりです: » Sun Studio Express プログラムについて読む
 

7 月

 
 2006 年 7 月 21 日
新しい記事: 並列プログラミングにおける競合状態への挑戦
この記事では、並列プログラミングにおいて発生する一般競合とデータ競合状態について解説します。データ競合状態はよく起こる問題で簡単に修正できますが、回避が難しい一般競合の問題も発生することがあります。競合状態は、より深い設計上の問題の兆候を示している可能性もあります。さまざまな競合状態の問題とそれを回避する方法について、簡単な並列パーティショニング例を用いて説明しています。
» 記事を読む
 

6 月

 
 2006 年 6 月 12 日
新しい記事: Sun Studio Fortran コンパイラの Fortran 2003 の機能
Sun Studio Fortran コンパイラ f95は、現在の国際標準であるFortran 2003に含まれる多くの機能に対応しています。    »  詳しく読む
 
 2006 年 6 月 7 日
新しい記事: Lock_Lint - C 言語用の静的データ競合とデッドロック検出ツール
lock_lintコマンド行ユーティリティは、相互排他と複数読取り/単一書込みロックを分析し、マルチスレッド化されたアプリケーション内でデータ競合やデッドロックにつながる可能性のあるロッキング技術の矛盾した使用を報告します。    »  詳しく読む
 

5 月

 
2006 年 5 月 23 日
新しい記事: Sun Studio コンパイラを使用して AMD64 を最高の性能にする
性能はハードウェアとソフトウェアによって影響を受けます。クリティカルな C/C++、Fortran アプリケーションに対して新しい AMD64 ベースシステムの最大限の性能を引き出すために、最良のコンパイラを選んでください。そして、コンパイラ・オプションを使ってOpteron システムの機能を活用して最高の性能を実現します。この記事ではそれらの方法について紹介します。   »  詳しく読む
 
 2006 年 5 月 17 日
新しい記事: C++ 標準ライブラリ libCstd とlibstlport の比較
Sun C++ コンパイラには、2 種類のC++ 標準ライブラリ、libCstd と libstlport が含まれています。この記事では、これら 2 つのライブラリの違いを比較し、どのような場合にどちらのライブラリを使用するのがよいかを検証します。   »  詳しく読む
 
 2006 年 5 月 17 日
新しい記事: ケーススタディ - Sun Studio ツールを使用した GLib の構築
Sun Studio 11 コンパラとツールを使用して、Solaris 上で GLib ライブラリを構築するケーススタディを紹介します。GLib は、データ型、マクロ、タイプ変換、文字列ユーティリティ、ファイル・ユーティリティ、メインループ抽象化などの便利な機能を提供する汎用のユーティリティ・ライブラリです。多くの UNIX ライクなプラットフォーム、Windows、OS/2、BeOS 上で動作します。    »  詳しく読む
 
 2006 年 5 月 2 日
コースアナウンス: パフォーマンスの最適化
5 月 30 日~ 6 月 1 日 - カルフォルニア州サンノゼ
キャッシュベース、共有メモリ・マルチプロセッサ・システム上で Sun Studio コンパイラとツールを使用したアプリケーションの最適化技術について学びます。3 日間のクラスです。定員が限られていますのでお早めにご登録ください。
コースアナウンス (PDF)。コースの概要 (PDF)。   
 

4 月

 
 2006 年 4 月 21 日
新しい高速 x64 サーバーとワークステーション
Sun Studio 11 コンパイラと Solaris 10 OSによって機能が高められ、最新でハイパフォーマンスのシングルコア AMD Opteron モデル156、256 、856 プロセッサによってパワーアップした Sun Fire x64 (x86、64ビット) サーバーと Sun Ultra ワークステーションによって、16 の新記録が生まれました。    »  詳しく読む
 
 2006 年 4 月 12 日
新しい記事: dbx が関数を認識してくれないのはなぜか?
Sun Studio デバッガの dbx は、プログラムに必要なすべてのデバッグ情報が見つからない場合に注意を促します。この記事では、表示される可能性のあるエラーメッセージを示して原因について説明し、問題を修復する方法について提示します。    »  詳しく読む
 
 2006 年 4 月 11 日
新しい記事: Sun Studio Profile Feedback を使用したエンタープライズ・アプリケーションの構築
規模の大きな CPU 集中型のアプリケーションは、プロファイル・フィードバックで構築するとパフォーマンスが向上します。プロファイル・フィードバックの最適化ではアプリケーションの構築が 2 回必要になります。1 回目はプロファイル・データの収集時、2 回目はプロファイルを利用して最適なコードを生成する際です。この必要性があるために、ソフトウェアベンダーによってはプロファイル・フィードバックを使ったアプリケーション構築を敬遠することもあります。しかし、古いプロファイルを使用して、開発環境におけるプロファイル・フィードバック構築のオーバーヘッドを最小化することが可能です。この記事では、プロファイル・フィードバックのすべての段階の例を紹介し、プロファイル・フィードバック構築のヒントを示します。    »  詳しく読む
 

3 月

 
 2006 年 3 月 13 日
新しい記事: SPOT を使用したパフォーマンス解析の簡略化
アプリケーションの性能は、ハードウェアとソフトウェアの要素の組合せによって変わります。こうした情報を抽出したり、収集したりするツールはたくさんありますが、どのツールを使うか決める場合には注意が必要です。この記事では、パフォーマンス解析のプロセスの簡略化を目的とした新しいツールを紹介します。SPOT (Simple Performance Optimization Tool) と呼ばれるこの機能は、UltraSPARC ベースシステム用の Sun Studio 11 のアドオン・パッケージとして提供されます。SPOT は Cool Tools プロジェクトの一部です。    »  詳しく読む
 

1 月

 
VIS Instructions  2006 年 1 月 5 日
新しい記事: アプリケーションのスピードを上げるための VIS 命令
VIS 命令を使用する利点は、異なるデータを並行して演算処理できるようにすることです。これは、8 つの 1 バイト計算結果を、1 つの 8 バイト計算結果と同じ時間で算出することができることを意味します。理論的には、コードに VIS 命令を使った場合、使っていない場合よりも数倍速く処理できるということになります。   »  詳しく読む
 
false ,,,,,,,,,,,,,,,,