富士通システムズ・イースト、高セキュアメールソフトSYNCDOTシリーズで数十万件のメールから1秒以内で必要なメールを表示できる仕組みを実現
 
Oracle 1-800-633-0738
Find an Oracle Specialized Partner
Oracle Customer Programs
 
 

富士通システムズ・イースト、高セキュアメールソフトSYNCDOTシリーズで数十万件のメールから1秒以内で必要なメールを表示できる仕組みを実現

株式会社富士通システムズ・イーストは、富士通長野システムエンジニアリング、富士通システムソリューションズ、富士通北海道システムズ、富士通東北システムズの4社を統合することで、2012年4月1日に発足した。

 約4500名の業種・業務プロフェッショナルSEが、企画・コンサルティングからシステム・インテグレーション、運用・アウトソーシング、業種・業務別パッケージ開発まで、高品質でコストパフォーマンスの高いサービスをワンストップで提供している。事業の1つである業種・業務別パッケージ開発では、迅速かつ確実なシステム構築を低コストで可能にするための即戦力となる各種ソフトウェアをパッケージ製品として提供。そのなかでビジネスユーザー向けの高セキュリティ・メールシステムを実現するのが「SYNCDOTシリーズ」である。

 
メールを中核にワークスタイルを変革するSYNCDOT

A word from Fujitsu Systems East Ltd./ 株式会社富士通システムズ・イースト

  • WebMailerは、Ajax技術を利用して開発しています。表示窓にMySQLから検索したメールの情報を表示するのですが、件数にかかわらず1秒以内での表示を実現しています。このスクロール技術は、MySQLの高速の検索スピードがあるからこそ実現できた機能であり、特許も取得しています”―株式会社富士通システムズ・イースト クラウドサービス事業部 SYNCDOTソリューション部 部長 小山 明彦氏

SYNCDOTシリーズは、「SYNCDOT WebMailer」「SYNCDOT MailKeeperPRO」「SYNCDOT MailKeeper EE」「SYNCDOT MailSuite」などで構成される。金融や自治体など、高いレベルでの情報保護を必要とする企業や団体を中心に、すでに約500社に導入されている。パッケージ製品に加え、クラウド型のメールサービスである「SYNCDOT+」も提供されている。

 SYNCDOTシリーズの開発コンセプトや市場展開、導入の目的について、同社クラウドサービス事業部 SYNCDOTソリューション部 部長の小山明彦氏は、次のように語る。

 「SYNCDOTシリーズは、“セキュリティ”をコンセプトにシリーズ化しています。パブリッククラウドを活用した低コストでの導入、必要なコストをかけて高セキュリティを実現するオンプレミスでの導入、運用コストも含めてアウトソーシングするプライベートクラウドでの導入の3つの形態をお客様に訴求しています。

 シリーズの中核となるWebMailerは、誤送信の防止や添付ファイルの難読化など、セキュリティ対策に着目して開発されたマルチデバイス対応のメールソフト。メールを検索する際も、さまざまな条件設定が可能で、素早く結果を表示する。また、ウェブメールでありながら、一般のメールソフトと同等の操作性を実現しており、 ビジネス利用でのスムーズなメールコミュニケーションの環境を提供している。このほか、スケジューラーとの自動連携機能なども兼ね備え、メールボックス共有機能でグループメンバーの情報共有とともに、ストレージの節約も簡単に実現できる。MailKeeperPROは、社内外のすべてのメールを保存するためのソフトウェアで、たとえば情報漏えいなどの事故が発生した場合に、誰が、いつ、何を送受信したのかといったメールの容易な追跡調査を可能にする。メールの詳細な監視は、ユーザーのモラルの向上や私用メールの抑止力にもなる。

 またMailKeeper EEは、「保存」「承認」「暗号化」により、メール事故を水際で防止する機能を搭載。ファイルが添付されているメールは上司の承認を必要としたり、設計部門のメールはすべてチェックしたりするなど、セキュリティ・ポリシーに基づいたメールの送受信を実現する。さらにMailSuiteは、オープンソースベースの統合メールシステムで、高い信頼性と拡張性をWeb管理のもとに低コストで実現する。

 小山氏は、「SYNCDOTシリーズの開発言語には、国産プログラミング言語であるRubyとオープンソース・ソフトウェアを活用しています。開発チーム内の多くの技術者がRubyの技術者認定資格を取得しており、現在もRuby技術者の育成に注力しています。またOSにはLinuxを使用しており、データベース管理システムには、『MySQL Standard Edition(以下、MySQL)』を採用しています」と話している。

 
高い検索性能を評価してSYNCDOTシリーズにMySQLを採用

 
MySQLだから実現できたWebMailerのスクロール機能

 
SYNCDOT搭載のMySQLのバージョンアップを計画

 
 

 
 

Challenges

  • セキュリティ、拡張性、コスト効率、パフォーマンスの高いのビジネス用電子メールシステムを開発する
  • 大量データを高速に表示できる検索機能を提供する
  • 操作時にストレスを感じさせないレスポンスを実現する
  • セキュリティ・ポリシーに基づいたメールの送受信を実現する
  • さまざまな導入形態のニーズに対応できるメールシステムを開発する

Solutions

Oracle Product and Services

  • 富士通が開発したSYNCDOTシリーズは、情報漏えいなどの事故が発生した場合に、誰が、いつ、何を送受信したのかといったメールの容易な追跡調査を可能にした
  • 1万人超のユーザーがビッグデータをメールでやりとりし、しかもそのデータが添付されたメールを長期間保存し続けるという環境でも、問題なく稼動するメールシステムを富士通の技術により開発した
  • 表示窓にMySQLから検索したメールの情報を表示する際、件数にかかわらず1秒以内での表示を実現した
  • 必要なデータを高速に検索できることから、自分自身にメールを送り書庫代わりに利用、データの持ち出しを不要とし、情報漏えい防止を強化した
  • パブリッククラウドを活用した低コストの導入、必要なコストをかけて高セキュリティを実現するオンプレミスでの導入、運用コストも含めてアウトソーシングするプライベートクラウドでの導入の3つの形態を対応可能にした

Why Oracle

  • 技術者の育成に注力しているRubyとの親和性があった
  • 数十万件のデータでも劣化しない検索性能を評価した
  • 組み込み用の手頃なライセンス体系だった

Implementation Process

2003年 SYNCDOTシリーズ開発の検討を開始。MySQLの採用を決定
2005年 順次各製品の構築をスタート
2013年 すべてのSYNCDOTシリーズをMySQLのバージョン5.5にバージョンアップする予定
   
Advice from 富士通システムズ・イースト
 PostgreSQLとMySQLの比較検討を実施したところ、少ないデータ件数であれば大差はなかったが、大量のデータになるとMySQLの方が圧倒的に高速だった。実際に数十万件のデータで検索テストを実施したところ、PostgreSQLは性能が頭打ちになり、MySQLはパフォーマンスが劣化しなかったことからMySQLを選択した。この選択が、大量の大容量メールをビジネスで活用するユーザーからも評価されることにつながった。厳しい条件でその性能がどのように変化するのかを見極めることは、ソフトウェア選びには重要です。