大韓航空、世界トップレベルの航空機およびエンジン・メンテナンス・システムで航空機と乗客の安全性を強化
 
 

大韓航空、世界トップレベルの航空機およびエンジン・メンテナンス・システムで航空機と乗客の安全性を強化

  • Oracle Customer:  大韓航空
    Location:  Seoul, Republic of Korea
    Industry:  旅行/運輸
    Employees:  19,475名
    Annual Revenue:  Over $5 Billion

大韓航空は、韓国のナショナル・フラッグ・キャリアであり、同国最大の航空会社である。140機の航空機を所有し、国内13都市と海外40ヶ国105都市を結ぶ。2010年の輸送実績は乗客数2,274万人、貨物量180万トン。乗客と貨物の輸送に加え、航空宇宙サービス、宿泊、ケータリング、機内販売、リムジン・サービスなどの事業も手がけている。

大韓航空は、国内はもちろん国際的にも世界有数の航空会社として認められている。2011年、大韓航空はTravel + Leisure誌で世界第8位に、韓国能率協会コンサルタントが選定する韓国ブランド・パワー・インデックス(航空会社のブランド・イメージを評価する指標)では12年連続で1位となった。また、日本能率協会コンサルティングのグローバル顧客満足度調査でも6年連続で1位を獲得している。さらに、同社は有数の航空貨物輸送業者としても認知されており、国際航空運送協会の評価では6年連続で世界最大手の民間航空貨物業者となっている。

 
航空業界の先駆けとなるERP改革

A word from 大韓航空

  • “グローバルERPの導入は、4年にわたる大事業でしたが、オラクルはこのプロジェクトのあらゆる面で期待に応えてくれました。当社は、財務から調達、機体のメンテナンスや修理に至るまで、事業全体を改善し、業界の先駆けとなるイノベーションを達成することができました。Oracle E-Business Suite 12.1.2によって事業の機敏性が向上したことにたいへん満足しています”– 大韓航空 CIO リ・サンマン氏

2004年、大韓航空はエンタープライズ・アーキテクチャ・プランニング(EAP)に関する調査を実施した。自社のシステムを見直し、ビジネス・プロセスの最適化とデータ標準化のためのマスター・プランを作成することが目的だ。その結果、会計や収益管理のマスター・データに一貫性に問題があり、また決算、搭乗者や積荷の予約、機体のメンテナンスといった業務分野間の統合もできていないことなどが明らかになった。そのため、マネジャーは航空路線の収支など重要な情報をタイムリーに把握できず、財務処理を迅速かつ効率的に完了することが困難だった。

これらの問題に対処するため、大韓航空は2007年10月、Oracle Consultingと契約を結び、Oracle E-Business Suite Release 12.1.2をベースとしたグローバルなエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムのプロジェクト管理および導入を委託した。このERPプロジェクトの対象範囲は、航空業界では前例がないほど広範囲に及んだ。大韓航空が目指したのは、財務会計、調達、資材や設備の管理、予備部品の製造、民間機や軍用機のメンテナンスなど、自社のバックエンド業務のあらゆる面を統合することだった。このプロジェクトの対象とならなかった領域は、予約、発券、輸送業務だけである。

 
収益会計と管理会計の改善

 
調達効率の向上と製造ワークフローの改善

 
ケータリング・コストの管理強化

 
航空宇宙業務の効率を最大化

 
包括的な航空機メンテナンス・システムの必要性

 
メンテナンス・プランニングの合理化

 
より高精度なリソース・プランニング

 
潜在的故障の事前警告

 
グリーン・オフィスへの移行

 
 

 
 

Challenges

  • マスター・データの一貫性の問題ならびに、決算、搭乗者や積荷の予約、機体メンテナンスといった業務分野間の統合の欠如に対処する
  • 財務処理を迅速かつ効率的に完了し、航空路線の収支情報にマネジャーがタイムリーにアクセスできるようにする
  • フライト計画とメンテナンス計画を関連づけて精度の高いメンテナンス・スケジュールを作成する
  • 旧来のメンテナンス・システムは老朽化しており、新たなソリューションとの統合が容易でなく、運用コストがかさみ、新型の航空機に関するグラフィックス、デジタル情報、XMLデータをサポートしていないため、これを置き換える
  • メンテナンス資材の詳細情報を購買依頼の作成時に提供し、メンテナンス・コストの算出時間を短縮する

Solutions

  • Oracle Consultingと協働し、Oracle E-Business Suite Release 12.1.2を使って航空業界でも最も広範囲におよぶエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムを構築し、乗客や貨物に関する業務の管理を改善した
  • 月次決算にかかる期間を15日から5日に短縮した
  • 資金管理プロセスを強化し、スタッフが現金の利用可能額を即座に判断し、決算にかかる時間を短縮できるようにした
  • 航空券の売上高(収益)の確認および分析をリアルタイムでおこない、これを実現した業界初の航空会社となった
  • フライト出発後2時間以内に収入と費用が計算できるようになった
  • 各フライトの収益性を3時間以内で分析し、特定路線の増便や減便を迅速に決定できるようになった
  • さまざまなサプライヤへの発注の自動化と部門間のコミュニケーションの改善により、調達効率を向上して購買コストを削減した
  • 製造期限の遵守に必要なリソースを確保することと、国内外の資産に関する情報の監視を実現することで、予備部品製造のワークフローと設備の管理を合理化した
  • 航空券座席予約システムをケータリングERPモジュールと統合することで、ケータリングのプランニングを改善し、コストを削減した
  • これまで15日間かかっていた機内ケータリング・コストの確定を、機内食が機体に積み込まれた時点でおこなえるようにした
  • 基本的な生産およびメンテナンス業務を管理するために、Oracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaul Release 12.1.2を導入した
  • フライト・スケジュールと照らし合わせた年度、四半期、毎月、毎週、毎日の正確なメンテナンス計画をおこなうことで、定期メンテナンスを実現した
  • 機体の安全性と乗客の快適性を最適なものにした
  • フライト毎の標準メンテナンス・コストをリアルタイムで提示し、到着便と出発便の収益性を3時間以内に分析できるようにした
  • 機体メンテナンス技術者に詳細な作業指示伝票を発行することで、非定型のメンテナンス業務を時間どおりに完了できるようになり、欠航便が減少し定時出発率も向上した
  • エンジンの分解に必要な時間やリソース量を見積り、機体のメンテナンスおよび修理にかかる正確な予算を算出できるようにした
  • 機体のメンテナンスに必要なリソースの種類と量を統計情報として提示することで、リソースの稼働を最適化し在庫を削減した
  • スタッフがメンテナンス作業指示を検索し、必須のコンポーネントは常時備えておけるようにした
  • 機体に起こり得る故障の詳細情報を飛行中に通報することで、故障箇所の確認および修理のリード・タイムを短縮した
  • 手動によるデータ管理システムを使用せずに、航空宇宙関連のリソースの管理および配分がリアルタイムでおこなえるようになり、リソースやメンテナンス・タスクを効率的に割り当てられるようになった
  • 技術文書を保管するためのデジタル・ライブラリを設立して、ペーパーレス環境を作り上げた
  • メンテナンスと修理の作業に必要な航空機予備部品の注文書の発行および承認を自動化することで、異なる部門間でやり取りされる書類の処理量を削減した

Why Oracle

一般的にERPソリューションは、財務、資材、製造などの業務処理に特化したものが多く、フライト・スケジュールの策定や機体の修理、メンテナンス・プログラムの開発など、航空業界に特有のニーズをサポートするのに必要な機能を備えたものはほとんどない。

「たいていのERPソリューションは、航空会社のメンテナンス要件を7割位までしかカバーしていません」とリ・サンマン氏は語る。「そのため旧来のシステムを新しいERPシステムに切り換えることは困難でリスクを伴うものでした」

大韓航空は、他の航空会社がシステム導入にあたって直面している問題を回避するには、柔軟性と拡張性の高いERPソリューションが必要であると判断した。コスト、スケジュール、およびベンダーとの共同開発など、導入に共通する問題に対するいくつかの提案を検討した結果、大韓航空は自社のビジネス要件と技術要件にもっとも適合するソリューションとしてOracle E-Business Suite Release 12.1.2 を選定した。

Implementation Process

大韓航空は、2007年以来、導入プランニング調査から、Oracle E-Business Suite Release 12.1.2をベースとしたERPシステムの開発と導入に至るまで、EAIプロジェクトをあらゆる面でOracle Consultingと協力して進めてきた。Oracle Consultingのスタッフは、航空業界のニーズやプロセスに習熟したうえで、詳細なプロジェクト計画を定め、体系的な方法論に従って4年にわたるプロジェクトをスケジュールどおり、かつ予算内で完了した。

プロジェクトにはいくつか課題もあった。国を超えた最大12の事業部にまたがる複数の利害関係者が関与していたこと、財務、調達、および異なる販売チャネルをまたがってデータを管理する必要性があったこと、航空分野の機械工学や電気工学のようなニッチ領域に習熟した人材が不足していたこと、言語や文化面での障壁があったこと、などが主なものだ。

これらの課題を克服するために、オラクルと大韓航空の経営幹部で構成される、役員レベルの運営委員会が組織された。この委員会のねらいは、プロジェクトを管理下に置き、その舵取りをおこなうこと、また現場の運営委員会のレベルでは対処できなかった問題を解決することだった。現場の運営委員会は、オラクルと大韓航空の上級役員で構成されていた。また、オラクル内では、ベンダーとしてのグローバル・サポート・チームを管理するため、別のプロジェクト・チームが組織された。

オラクルは、全世界にいる社内の要員に声をかけた。まず、航空宇宙および輸送分野の知識をもつ、Oracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaulの4人の専門家だ。また、パートナーであるGlobal Sourcingからも、同じくOracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaulの10人の専門家を得た。これらの専門家たちは、航空会社に特有の事情や専門用語に通じており、機械工学や電気工学の経験も豊富だった。

大韓航空とOracle Consultingは、Oracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaulのシステム拡張に向けて連携を続けている。そこでは大韓航空側がアイデアや要件を提示し、Oracle Consulting側はそうした意見をシステムに反映する。このプロセスを合理化するために、オラクルはAISC(Aviation Industry Strategic Council)という新しい団体を米国空軍と共に設立した。AISCでは、役員レベルの経営幹部による会議を年二回開催し、クライアントの要件を分析してOracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaulシステムの戦略的方向性を定めている。

また、Oracle Solution Support Centerは引き続きOracle ERPシステムのサポートをおこなっており、導入後の機能強化およびサポートの要求に対処することでOracle Complex Maintenance, Repair, and Overhaulシステムの安定化に貢献している。