NTTデータ イントラマート、負荷テストおよび分析・検証期間を従来の8分の1以下に短縮し、テスト結果の正確性も高めることで製品の品質向上を実現
 
Oracle 1-800-633-0738
Find an Oracle Specialized Partner
Oracle Customer Programs
 
 

NTTデータ イントラマート、負荷テストおよび分析・検証期間を従来の8分の1以下に短縮し、テスト結果の正確性も高めることで製品の品質向上を実現

株式会社NTTデータ イントラマートは、1998年にNTTデータの社内ベンチャーとしてスタートし、2000年に独立。順調に成長を続けるなかで、主力製品のWebシステム共通基盤「intra-mart WebPlatform」は、ワークフロー製品市場で4年連続国内シェア第1位を獲得している。

intra-mart WebPlatformの高い品質を支えているのが、Webアプリケーションの包括的なテストツールであるOracle Application Testing Suiteだ。intra-mart WebPlatformは、企業の勤怠管理や経費申請など基幹システムのフロント画面に幅広く活用されており、アクセス負荷が集中することが多い。アクセス集中時のレスポンス性能が製品の信頼性に直結するため、性能検証に用いられる負荷テストはきわめて重要な役割を担う。従来は負荷テストの結果集計やレポートの作成に2週間程度かかっていたが、Oracle Application Testing SuiteのOracle Load Testingによりほぼリアルタイムでレポート作成が完了するようになった。リソースや時間が限られた開発期間中でも、負荷テストをシンプルかつ手軽に実施できるため、アクセス集中時の性能を担保することができ、製品に対する評価が高まったという。

 
アクセス集中時にも高パフォーマンスを維持するために不可欠な負荷テスト

A word from 株式会社NTTデータ イントラマート

  • “これまで負荷テストにはかなりの手間と時間が必要でしたが、Oracle Application Testing Suiteを利用することで精度の高い負荷テストを簡単に実施できるようになりました。しかも、テスト結果はその場ですぐわかりやすいグラフで見ることができ、製品の品質や信頼性の向上に大きく貢献しています”― 株式会社NTTデータ イントラマート 開発本部 本部長 大西 直樹氏

今や2,300社以上が導入しているintra-mart WebPlatformは、大企業で全社員が日常的に使いこなすERP(基幹業務統合パッケージ)のWebフロントとして活用されるケースも多い。そのため、「社員のアクセスが集中するピーク時にも、高いレスポンス性能や安定性を保つ」ことが求められる。
株式会社NTTデータ イントラマート 開発本部 本部長の大西 直樹氏は、「当社の製品において、負荷集中時のレスポンスや安定性に対するお客様のニーズは高く、製品の品質維持のために負荷テストはきわめて重要です」と語る。
とはいえ、負荷テストを丁寧におこなおうとすれば時間も手間もかかるし、リソースの制約もある。しかも、一般に負荷テストは開発工程の後半に実施されるため、前半で遅れが生じると、そのしわ寄せでタイトなスケジュールになることが多い。

 
負荷テストツールに求められる第一条件は「使いやすさ」

 
レポート作成が2週間からリアルタイムに

 
製品の品質担保につながる負荷テストによる徹底した事前検証

 
 

 
 

Challenges

  • 製品の品質向上に欠かせない負荷テストの効率と精度を高めたい
  • リソースや時間が限られる開発工程においても、人手と手間をかけずに負荷テストを実施したい
  • テスト結果を公表する際のデータの信頼性も確保したい

Solutions

Oracle Product and Services

  • 従来は約2週間かかっていた負荷テスト後のデータ集計や分析、レポート作成作業が、ほぼリアルタイムにまで短縮された
  • 特別なスキルが不要で、高負荷状態も含め多種多様なテストが自動的かつスピーディに実施できるようになった
  • 世界的な利用実績に裏付けされたテスト結果の正確性により、お客様の信頼度が上がった
  • 限られた期間内でも繰り返しテストをおこなって検証できるので、製品の品質向上にも貢献した

Why Oracle

負荷テストツールの選定にあたって、NTTデータ イントラマートがもっとも重視したのは「使いやすさ」である。負荷テストは1度実施したら終わりではなく、限られた時間とリソースのなかで何度も繰り返して製品の改修をおこなえなくてはならないからだ。「直感的なユーザー・インタフェースで、特別なスキルがなくても誰でも手軽に使えることを評価しました」と大西氏。小泉氏は、テスト結果をリアルタイムでわかりやすくグラフ化して見られる点を強調する。「オープンソースのツールを使っていたときに、レポートの作成に2週間かけていた手間を考えると大きな改善です」