2012 Vol. 3

OTN Japan - OTN Newsletter

今月の特集

 Oracle OpenWorld Tokyo 2012の3日目はOracle Developに集合!

Oracle OpenWorld Tokyo

2012年4月4日〜6日東京六本木で行われる「Oracle OpenWorld Tokyo」。技術者必見のセッション「Oracle Develop」も6日午後からアカデミーヒルズ49をまるごと使って開催!中でも業務やスキルアップに役立つセッションをピックアップしました。12時30分までにご来場頂いた方先着150名様にオラクル特製トートバックをプレゼントします!さらにOracle Developでは、ユーザ技術者による登録不要のミニセッション「Unconference」を実施します。ぜひ、お立ち寄りください!

 お客様の活用事例満載!Oracle OpenWorldのセッション見どころご紹介

Oracle OpenWorldでは、40を超えるお客様によるセッションが行われます。オラクルのテクノロジーを生かしてイノベーションを起こしたお客様ご自身が語る経験談は、必聴です。オラクルの全力を結集し、全製品の事例が一同に介するOracle OpenWorldならではのラインナップに是非ご注目下さい!お勧めセッションはこちらから!

Oracle OpenWorld

 Javaの最新情報をゲット!「Java Magazine日本語版」第3号が発刊。

購読無料のデジタル・マガジン『Java Magazine』日本語版第3号が発刊されました。今回は、クラウド・コンピューティングプラットフォームの標準技術となるJava EEの進化に関する記事のほか、最新のJava技術、製品情報が盛りだくさん!今すぐアクセス!

 Androidでも、通勤時間を有効活用。スマホでOracleセミナーを受講しよう!

お待たせしました。「スマホでOracleセミナーを受講しよう!」のAndroid版です。いつでも無償で見られるオラクル・セミナーが好評の「OTNセミナーオンデマンド」は、Androidでも視聴することができます。通勤時間やちょっとした空き時間を有効活用して、スキルアップを目指しましょう。
【Android版】はこちら【iPhone版】はこちら

 Java EE 6は企業システム開発の課題への“解”となるか?
キーパーソン座談会レポート WebLogic Channel

2012年1月25日に開催された「WebLogic Server 12cが明らかにするJava EE 6の姿 ~Java EE 6はシステム開発の課題に対する解となるか~」と題したパネル・ディスカッション。先進のエンタープライズJava開発に携わるキーパーソンがJava EE 6とWebLogic Serverへの期待を語った、当日の熱が伝わるレポートをぜひご覧ください。また、3月刊行予定のJava EE 6翻訳本が当たるTwitterキャンペーン実施中です。詳細はリンク先のレポート記事にて!

 

 おすすめイベント/セミナー

エンジニアの皆様にとって見逃せない技術/製品解説イベント、セミナーを厳選して紹介します。

 3/14 [OTN] 【Oracle Application Testing Suiteを実機で体験】テストツールを活用してWebシステムの機能テストや負荷テストを効率的・効果的に実践しよう!
 3/28 [OTN] Oracle GoldenGate テクニカルセミナー
 3/29 [OTN]第22回 WebLogic Server勉強会@東京

 Oracle University

認定資格制度を含む研修サービス「Oracle University」。「Oracle OpenWorld Tokyo 2012 特別限定企画~最新技術トレーニング短縮版~」もお申し込み受付中です!

2012年6月末までの新着・おすすめ研修コースはこちら

 OTNセミナーオンデマンド

100以上のセミナー資料・音声付プレゼンテーションをいつでもどこでもスマホでも無料で視聴!

 今月の新作&特集コンテンツ一覧

  • おすすめ新作:「データベースをつくってみよう!」 データベース物理設計入門 【WMV】 【MP4
  • おすすめ特集:ここから始めるデータベース統合 【WMV】 【MP4

 オンデマンドコンテンツ一覧

 今月の「オススメしたいこの一冊」

「グレイトフルデッドのビジネスレッスン」(バリー・バーンズ著 翔泳社)

1969年代後半から90年代半ばまで活動した伝説的なロックバンド、グレイトフルデッド。彼らはファンサービスの一例として、ライブ会場でのファンによる演奏の録音、撮影の許可、写真、録音物の自由な交換といった、今でも考えられないような冒険的な試みを行っていました。そうしたファンとの相互的な関係はさらなるファンの満足度を生み、バンドの継続的な成功を導いたとも言われています。本書はそうしたグレイドフルデッドの活動やファンサービス、成功事例をビジネスの視点から捉え、解説したものです。SNS時代真っただ中の現在、同バンドが実践してきたメソッドは、ビジネスの様々な場面において有用となるのではないでしょうか。

Amazon
 ご購入はこちらから

 編集後記

まだまだ寒さは続きそうですが、時折春めいた空気も感じられるようになってきましたね。寒い時期の定番料理である「鍋」もそろそろ食べ納め、という人も少なくないと思いますが、この時期のお勧めは季節の野菜、新玉ねぎを使った鍋。出汁を張った小鍋に薄く切った玉ねぎと豚肉を入れ、蓋をして蒸し煮すれば出来上がり。玉ねぎと豚肉の組み合わせは、ほんのりとした甘味が楽しめるだけでなく、豚肉にたっぷりのビタミンB1の吸収もよくなり疲労回復にも効能があると言われています。今冬の「締め鍋」として簡単玉ねぎ鍋、いかがでしょう?

 トップ・ダウンロード

 開発者リソース

Java SE
Oracle Database 11g Release 2
Oracle Database XE
Oracle Enterprise Manager 12c
Oracle Fusion Middleware 11g
Oracle JDeveloper 11g
Oracle SQL Developer
Oracle Solaris
MySQL
Oracle VM VirtualBox

Databaseエンジニア向け情報
システム運用管理者向け情報(OS/ハードウエア)
アーキテクト向け情報(ミドルウエア・BI)
Java開発者向け情報
OTNオンデマンドセミナー
OTN掲示板

Blog Get OTN Japan TechBlog via RSS
Blog See All Bookmarks via Hatena::Bookmark
Mix OTN Japan Group on Oracle Mix
Oracle on Facebook Technology Network on Facebook
Oracle on LinkedIn Technology Network on LinkedIn
Oracle on Twitter Follow OTN on Twitter
Hardware and Software Engineered to Work Together

Copyright © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. All rights reserved.

当メールは、Oracle Technology Network Newsletterの配信を希望された方宛に配信しております。
当メールの配信停止はこちらです。(配信先アドレスの変更も「プロファイル更新」にてお手続きできます)

メール配信に際しては、お客様へご迷惑とならない日中時間帯に順次配信させていただいておりますが、システムのパフォーマンス状態によりお客様のお手元へ到着する時間が夜間に至る場合がございます。モバイルなどへの転送を設定される場合は、予めご了承ください。

当社の「個人情報保護基本方針」および「“個人情報の保護に関する法律”に関する公表事項」はこちらをご参照ください。

日本オラクル株式会社 OTN Japan事務局(otnjadmin_jp@oracle.com
Oracle、PeopleSoft、JD Edwards及びSiebelは米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。他社名又は製品名は、それぞれ各社の商標である場合があります。

NSL100052477

Oracle Corporation - Worldwide Headquarters, 500 Oracle Parkway, OPL - E-mail Services, Redwood Shores, CA 94065, United States

ページが正しく表示されない場 合は、メールクライアントの文字エンコーディングの設定を「Unicode-UTF8」に変更してください。 各メールクライアントの文字エンコーディングの設定については、こ ちらを ご参照ください。

オラクルからのご案内メー ルの配信停止をご希望の場合は、こ ちらよ りその旨をご連絡ください。なお、配信停止処理後も、セキュリティ関連のご連絡等、重要なお知らせが配信される場合がございます。 配信先を変更される 場合、プロファイルをお持ちの方は「プ ロファイル更新」画面から、プロファイルをお持ちでな い方はこちらまでメールにてご連絡 ください。 当社の「個人情報保護基本方針」および「『個人情報の保護に関する法律』に関する公表事項」はこ ちらを ご参照ください。本メールに関するお問い合わせはこ ちらまでお願いいたしま す。

メール配信に際しては、お客様へご迷惑とならない時間帯に順次配信させていただいておりますが、 システムのパフォーマンス状態によりお客様のお手元へ到着する時間が夜間に至る場合がございます。予めご了承ください。