第32回WebLogic Server勉強会@東京

2013年1月24日(木)
18:30~20:40
(受付開始 18:00~)
オラクル青山センター
〒107-0061 東京都港区北青山2-5-8
イベント・セミナー
席に限りがあります。登録はお早めに
    概要     アジェンダ

来る2013年1月24日(木)に「第32回 WebLogic Server勉強会@東京」を開催します。

前半は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ミドルウェアサービス部の山田 貴裕 氏によるWebLogic Serverの起動・停止の方法の解説です。スクリプトによる起動/停止の基本的な部分から、応用編として様々なテクニックまでをお話しいただきます。

後半は、侍ズムの山本 裕介氏によるエンタープライズ・アプリケーションで開発者、運用者を良く悩ませるスローダウン、ハング状態の原因や解決策を披露していただきます。運用環境でも開発環境でも一発で原因を解析できるスレッド・ダンプの取得方法、解析のコツを分かりやすく解説いただきます。

このように現場ですぐに役立つ実践情報が満載な勉強会です。WebLogic Serverのアプリケーション開発、運用管理やサポートに携わる方はお見逃しないよう。

東京近郊の皆様、1月24日(木) には仕事を早めに切り上げ、午後6時30分にオラクル青山センターに集合しませんか?

■Oracle WebLogic Server & Java EEの使える情報を随時更新
「WebLogic Channel」

■Oracle Fusion Middleware総合Twitterアカウント
「Oracle Middleware/JP」

  • 主催:
日本オラクル株式会社
  • 参加費:
無料
  • 対象:

・WebLogic Serverのアプリケーション開発者・運用管理者
・Java EEアプリケーションに関わる技術者で、WebLogic Serverに興味のある方
・WebLogic Serverをこれから学ぼうという方
・Java EEアプリケーションサーバ選定のために情報収集している方

 ■ ご同業者の方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。
■ お申込多数の場合は、上記対象者の方を優先させていただく場合がございます。
  • 定員:
90名
  • お問い合わせ:
日本オラクル株式会社 セミナー事務局
E-mail: oracle-events2_jp@oracle.com
  • お申し込み方法:
申し込みには、オラクル・コーポレーションのプロファイルのご登録が必要となります。 プロファイル登録に関する詳細は こちらをご参照ください。
  ※お申込みまたはご参加いただいたお客様に対して、本セミナーに関するご連絡メールやお礼メールを配信させていただくことがあります(ダウンロード資料のご案内、アンケートのご依頼が含まれる場合があります)。予めご了承ください。 

アジェンダ

18:30~18:35 オープニング
18:35~19:25 「起動・停止スクリプトを極める」

WebLogicの起動・停止には様々な方法があります。スクリプトによる起動・停止は基本的な方法ですが、意外と奥が深いものです。基本的な部分から、応用編として様々なテクニックまで紹介します。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ソフトウェアサービス本部 ミドルウェアサービス部
山田 貴裕
19:25~19:35 休憩
19:35~20:25 「スローダウン、ハングを一発解決! スレッドダンプはトラブルシューティングの味方」

スローダウン、ハング状態はエンタープライズアプリケーションで開発者、運用者を良く悩ませる問題です。プロファイラなどのツールを導入せずに運用環境でも開発環境でも一発で原因を解析できるスレッドダンプの取得方法、解析のコツを伝授します。

侍ズム
山本 裕介
20:25~20:40 質疑応答

政府機関の役職員の方は、ここをクリックして本イベントに関する重要な倫理情報をご確認ください。
本イベントの登録ならびに参加によって収集されたお客様の個人情報は、オラクルのプライバシーポリシーに基づいて適切に管理されます。
イベントの詳細 :
2013年1月24日(木)
18:30 ~20:40 (受付開始 18:00~)

オラクル青山センター
〒107-0061 東京都港区北青山2-5-8
A map marking my location
Stay Connected:
Oracle on Facebook  Oracle on LinkedIn  Oracle on Youtube  Oracle on Twitter  Google+  Oracle Mix  
ブックマーク &共有:


24-JAN-13