Oracle Security Summit 2013 ~ データベース・ファイアウォール新製品の全貌 ~

2013年3月6日(水)
13:30 ~ 17:00 (受付時間 13:00~)
秋葉原UDX
〒101-0021 東京都千代田区外神田4−14−1
イベント・セミナー
席に限りがあります。登録はお早めに
  概要  アジェンダ

官庁・政府機関への攻撃、遠隔操作事件などサイバー攻撃は、継続的に発生しており、かつ攻撃手法は常に変化しています。これらに効率よく対応するため、業界唯一の文法解析による正確なブロッキングと監査データの解析を行うソフトウェアアプライアンスによって、オラクルおよびオラクル以外のデータベースを効率的に保護する「Oracle Audit Vault and Database Firewal」l をご紹介します。

【特別講演】
監査とリスクの視点から考える情報セキュリティ管理のポイント

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
執行役員
パートナー 野見山 雅史 氏
[プロフィール]
大手システムインテグレータ、監査法人系コンサルティング会社を経て2002年に監査法人トーマツに入所。2010年7月よりデロイトトーマツリスクサー ビス株式会社のパートナーに就任。中央省庁、金融機関をはじめとする多様な業種・業界に対して主にITリスクに関するコンサルティング及び監査サービス (PCIDSS、IT内部統制、電子認証局、個人情報保護等)を多数提供。

  • 主催:
日本オラクル株式会社

  • 協賛社:
  • (50音順)
Assist-logo                CTC-logo                   NTTData            NS-Solutions

TIS-logo      NEC          Hitachi-logo         Fujitsu
  • 参加費:
無料
  • 対象:
Oracle Database、MySQL、Microsoft SQL Server、IBM
DB2などのデータベースを導入している企業および導入予定の企業のご担当者
■ご同業者および協力会社の競合の方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。
■お申込多数の場合は、上記対象者の方を優先させていただく場合がございます。
  • 定員:
180名
  • お問い合わせ:
日本オラクル株式会社 セミナー事務局
E-mail: oracle-events2_jp@oracle.com
  • お申し込み方法:
申し込みには、オラクル・コーポレーションのプロファイルのご登録が必要となります。 プロファイル登録に関する詳細は こちらをご参照ください。
※お申込みまたはご参加いただいたお客様に対して、本セミナーに関するご連絡メールやお礼メールを配信させていただくことがあります(ダウンロード資料のご案内、アンケートのご依頼が含まれる場合があります)。予めご了承ください。

アジェンダ

13:30 ~ 14:30 ご挨拶・サイバー攻撃から機密情報を守るデータベース・セキュリティ

内部不正および標的型攻撃などの脅威は企業の機密情報をますます脅かしています。またプライバシー、コンプライアンスなど法制度的な課題も未だに解決できていない企業が多いのが現状です。
本セッションでは、「Oracle Audit Vault and Database Firewall」によるデータベース・セキュリティの強化ポイントと海外のセキュリティ対策の事例に加え、次世代データベースのセキュリティ製品戦略をご紹介します。

日本オラクル株式会社
製品事業統括
専務執行役員
三澤 智光

Oracle Corporation
Director
Database Security Product Management
Roxana Bradescu (ロクサナ・ブラデスク)
14:40 ~ 15:30 監査とリスクの視点から考える情報セキュリティ管理のポイント

情報セキュリティに関する脅威は日々変化しており、対策も改善の必要に迫られています。このため「新しい脅威、対策が多すぎて、どうすべきか分からない」とお悩みの方も多いようですが、監査・リスクの視点から見れば、実施すべき管理の本質はそれほど変わるものではありません。本セッションでは昨今の脅威(攻撃手法)の傾向を踏まえつつ、監査・リスクの視点から情報セキュリティ管理の本質的なポイントについて考察します。

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
執行役員
パートナー
野見山 雅史 氏
15:40 ~ 16:20 データベースファイアウォール最新版:Oracle Audit Vault and Database Firewall のご紹介

SQLインジェクション攻撃・標的型攻撃などの外部攻撃および内部不正といったデータベースへの不正アクセスを防御すると共に、取り漏れのないログ管理を行う新製品「Oracle Audit Vault and Database Firewall」の特長と活用事例についてご紹介します。

日本オラクル株式会社
製品事業統括 製品戦略統括本部 テクノロジー製品推進本部
シニアプロダクトラインマネージャ
大澤 清吾
16:20 ~ 17:00 事例から見る導入の背景とそのポイントとは?

データベースファイアウオール製品を導入した事例から、その背景や導入効果などを実際に実装したメンバーから実装時のポイントを交えご紹介します。

日本オラクル株式会社
製品事業統括 製品戦略統括本部 製品戦略ソリューション本部
プリンシパルエンジニア
西村 克也

受付終了
政府機関の役職員の方は、ここをクリックして本イベントに関する重要な倫理情報をご確認ください。
本イベントの登録ならびに参加によっ て収集されたお客様の個人情報は、 オラクルのプライバシーポリシーに基づいて適切に管理されます。
イベントの詳細 :
2013年3月6日(水)
13:30~17:00 (受付時間 13:00~)

秋葉原UDX
〒101-0021 東京都千代田区外神田4−14−1
Stay Connected:
Oracle on Facebook  Oracle on LinkedIn  Oracle on Youtube  Oracle on Twitter  Google+  Oracle Mix  
ブックマーク &共有:


06-MAR-13