Siebel Account Business ServiceでのインバウンドWebサービスの作成

このチュートリアルでは、Siebel Business ServiceからWebサービスを作成する方法を学びます。

15分

トピック

このチュートリアルでは、以下のトピックについて説明します。

インバウンドWebサービスの作成

インバウンドWebサービス向けオペレーションの作成

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットがロードし、表示されます。 (警告: すべてのスクリーンショットが同時にロードされるため、ご使用のインターネット接続によってはレスポンス・タイムが遅くなる場合があります。)

注: 各手順に関連したスクリーンショットのみを表示する場合は、それぞれの手順にあるアイコンの上にカーソルを置いてください。 スクリーンショットをクリックすると、非表示になります。

概要

このチュートリアルでは、Siebel Business ServiceからWebサービスを作成する方法を説明します。 Siebelは多数の内部機能をWebサービスとして公開し(Application Service Interfaces、つまりASIとも呼ばれます)、ワークフローもWebサービスとして公開できます。 使用するツールはSiebel Thin Client内で入手でき、Siebel Tools(またはシック・クライアント)を必要としません。 この例では、Siebel Account Business Serviceを用いてSiebel Thin ClientからWS-Admin機能を使用することによって、それをインバウンドWebサービスとして公開します。また、WSDLファイルを作成し、ローカル・ファイル・システムに保存します。

Siebel Account Webサービス向けに生成されるWSDLファイルは、 Oracle SOA Suite(Oracle BPEL Process ManagerおよびOracle Enterprise Service Busで構成)、Oracle Web Services Manager、Oracle WebCenterなどの多数のOracle Fusion Middlewareコンポーネントによって使用できます。

トピック・リストに戻る

既存のSiebel Account Business Serviceを用いてSiebel Thin ClientからWS-Admin機能を使用し、これをインバウンドWebサービスとして公開します。 インバウンドWebサービスへオペレーションを追加してから、WSDLファイルを作成します。

トピック・リストに戻る

前提条件

このチュートリアルを始める前に、次のことを確認してください。

1.

Oracle Siebelにアクセスできるか、またはインストール済みであること。 この例では、Siebel Call Center v 8.0を使用します。

 

2.

手元のブラウザを使用して、インストール済みのSiebelインスタンスへ接続すること。

 

3.

Oracle Siebel Call Centerログイン・ページが表示されること。

トピック・リストに戻る

インバウンドWebサービスの作成

インバウンドWebサービスを作成するには、以下の手順に従います。

1.

Oracle Siebelログイン・スクリーン上で、ユーザー名とパスワードを入力します。 ユーザー名およびパスワード情報については、Siebel管理者にお尋ねください。

ログインするには、 右矢印をクリックします。

2.

Siebel Homeページで、「Site Map」アイコンをクリックします。

3.

Home Screensページで、「Administration - Web Services」ハイパーリンクをクリックします。

4.

Administration - Web Services画面で、「Inbound Web Services」リンクをクリックします。

 

5.

使用できるWebサービスが表示されます。 次に、WebサービスとしてのSiebel Accountの公開を開始します。 Inbound Web Servicesページで「Menu」オプションをクリックし、ドロップダウン・リストから「New Record」を選択します。

 

6.

次の値を入力します。

Namespace http://siebel.com.fmw
Name Siebel Customer Account
Status Active

 

CommentフィールドにFor Fusion Middlewareと入力します。

 

7.

下方向にスクロールしてService Portsペインを表示し、Menuドロップダウン・リストから「New Record」を選択します。

 

8.

名前にCustAccountを入力し、「Type」フィールドのボタンをクリックします。

 

9.

Inbound Web Service Port Type Pick Appletで、「New」タブをクリックします。

 

10.

ダイアログで、実装タイプに「Business Service」を選択し、サービス名にsを入力します。 リストから「Siebel Account」を選択します。

 

 

11.

Inbound Web Service Port Type Pick Appletで、「OK」をクリックしてインバウンドWebサービスを作成します。

 

12.

Service Portsダイアログで、Transportドロップダウン・リストから「HTTP」を選択します。

13.

Addressフィールドで、SiebelインスタンスへURLを設定します。 たとえば、ここでは次の構文を使用しました。
http://testsebl.us.oracle.com/eai_enu/start.swe?SWEExtSource=WebService&SWEExtCmd=Execute&UserName=SADMIN&Password=SADMIN

 

14.

Menuドロップダウン・リストから、「Save Record」オプションを選択します。

トピック・リストに戻る

インバウンドWebサービス向けオペレーションの作成

インバウンドWebサービスへオペレーションを追加してからWSDLファイルを作成するには、次の手順を実行します。

1.

下方向にスクロールして、Operationsセクションを表示します。

Menuから「New」を選択します。

Operation NameフィールドにAccountInsertと入力します。 これは次のステップで上書きされる場合があることに注意してください(Siebel UIはこのように動作するため、再入力が必要な場合があります)。

2.

Method Display Name」フィールドのボタンをクリックし、Business Service Methodダイアログを開きます。

3.

Insert」をメソッドとして選択します。

OK」をクリックします。

 

4.

Authentication Typeフィールドで、ドロップダウン・リストから「None」を選択します。

 

5.

New」ボタンをクリックして、新規オペレーションを作成します。

Operation NameにAccountQueryByExampleと入力します。

 

6.

新規の「AccountQueryByExample」オペレーション向けに、Method Display Nameフィールドのボタンをクリックします。

 

7.

Business Service Methodダイアログで、「Query By Example」メソッドを選択します。

OK」をクリックします。

 

8.

OperationsペインのAuthentication Typeフィールドで、ドロップダウン・リストから「None」を選択します。

 

9.

New」ボタンをクリックします。

 

10.

Operationsダイアログで、「New」をクリックします。

Operation NameにAccountQueryByIDと入力します。

 

11.

新規のAccountQueryByIDオペレーション向けに、Method Display Nameフィールドのボタンをクリックします。

 

12.

Business Service Methodダイアログで、「Query By ID」メソッドを選択します。

OK」をクリックします。

 

13.

OperationsペインのAuthentication Typeフィールドで、ドロップダウン・リストから「None」を選択します。

 

14.

Service Portsペインで、Menuドロップダウン・リストから「Save Record」オプションを選択します。

15.

Inbound Web Servicesペインで、Menuドロップダウン・リストから「Save Record」オプションを選択します。

 

16.

Clear Cache」メニュー・オプションをクリックします。

 

17.

Generate WSDL」ボタンをクリックします。

 

18.

File Downloadダイアログで、「Open」をクリックします。

 

19.

WebサービスXMLコードがブラウザに表示されます。

 

20.

ファイル」→「名前を付けて保存」を選択します。

 

21.

WSDLファイルを保存したいディレクトリを見つけ、ファイルにSiebelAccountInsertWS_80.wsdlと名前を付けます。

Save」をクリックします。

 

トピック・リストに戻る

このチュートリアルでは、インバウンドWebサービスの作成、Webサービスへのオペレーションの追加、およびWSDLファイルの作成を行いました。 このチュートリアルで学習した内容は、以下のとおりです。

インバウンドWebサービスの作成

インバウンドWebサービス向けオペレーションの作成

トピック・リストに戻る

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが非表示になります。

 

 

 


Copyright (c) Oracle Corporation 2007 All Rights Reserved
Oracle Corporation発行の「Create an Inbound Web Service for Siebel Account Business Service」の翻訳版です。

この文書はあくまで参考資料であり、掲載されている情報は予告なしに変更されることがあります。 万一、誤植などにお気づきの場合は、オラクル社までお知らせください。 オラクル社は本書の内容に関していかなる保証もしません。 また、本書の内容に関連したいかなる損害についても責任を負いかねます。

Oracleはオラクル社の登録商標です。
その他の会社名および製品名は、 あくまでその製品および会社を識別する目的にのみ使用されており、 それぞれの所有者の商標または登録商標です。