管理コンソールのカスタマイズ準備

このOracle by Example(OBE)チュートリアルでは、管理コンソールをカスタマイズするために、Oracle Identity Managerで必要な準備作業について説明します。

約1時間

トピック

このOBEチュートリアルでは、以下のトピックについて説明します。

概要
シナリオ
前提条件
global-web-application.xmlファイルとorion-web.xmlファイルの変更
server.xmlファイルの変更
_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルのコピー
Webブラウザ・キャッシュのコンテンツ消去
まとめ
関連情報

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットがロードし、表示されます。 (警告:すべてのスクリーンショットが同時にロードされるため、ご使用のインターネット接続によってはレスポンス・タイムが遅くなる場合があります。)

注:各手順に関連したスクリーンショットのみを表示する場合は、それぞれの手順にある各アイコンの上にカーソルを置いてください。

スクリーンショットは、ご使用の環境を反映したものではありません。 Oracle Identity Managerの特定の機能がどこにあるのかをわかりやすくするために提供されています。

概要

Oracle Identity Managerは、Oracle Identity and Access Management Suite製品に含まれるコンポーネントです。 Oracle Identity Managerは、タスクを管理および自動化することで、ID管理ライフ・サイクルのはじめから終わりまで、企業リソース全般でユーザー・アクセス権限の管理をおこないます。 具体的には、ユーザーのアクセス権限を作成したうえで、(ユーザー要件やビジネス要件の変更に応じて)これらの権限を動的に変更し、さらに削除するタスクを処理します。 結果的に、Oracle Identity Managerは、複数のIDデータ・ストアにわたってユーザーのID情報を処理することで、データの正確性を維持します。

Oracle Identity Managerの機能と利点には、IDとロールの管理(ユーザーおよびグループ管理、ユーザーのセルフサービス機能、委任管理)、プロビジョニング(承認と要求の管理、構成可能なワークフロー・モデル)、ポリシーに基づく権限、リコンシリエーション、監査、規制、およびコンプライアンスの認証サポートが含まれます。

トピック・リストに戻る

シナリオ

Lindaは、Mydo Main社のネットワーク管理者です。 社内のさまざまなユーザーのIDとアクセスを管理する業務を担当しています。 これらの業務には、Mydo Main社用にインストールおよび構成されたOracle Identity Manager環境で、管理コンソールをカスタマイズする作業が含まれます。 この作業により、コンソールを調整してMydo Main社の要件を満たすことができます。

ただし、カスタマイズをおこなう前に、この管理コンソールを変更できるように社内のOracle Identity Manager環境を設定する必要があります。 実施する作業は次のとおりです。

このOBEでは、Oracle Identity Manager 管理コンソールをカスタマイズするための準備作業をおこないます。

トピック・リストに戻る

前提条件

このチュートリアルを始める前に、OBE『Oracle Identity Managerのインストール、構成、および起動』を完了しておく必要があります。

トピック・リストに戻る

global-web-application.xmlファイルとorion-web.xmlファイルの変更

LindaはMydo Main社のネットワーク管理者であり、社内のOracle Identity Manager環境で、管理コンソールをカスタマイズする業務を担当しています。

カスタマイズをおこなう前に、管理コンソールを変更できるように社内のOracle Identity Manager環境を設定する必要があります。 これには、global-web-application.xmlファイルとorion-web.xmlファイルのmain_modeパラメータの変更が含まれます(justrunからrecompileへ変更)。 こうすることで、管理コンソールのカスタマイズ用ファイルが変更されるたびに、Oracle Identity Managerによりこのファイルが再コンパイルされ、変更がコンソールに反映されるようになります。

global-web-application.xmlファイルとorion-web.xmlファイルを変更するには、以下の手順に従います。

1.

Oracle Identity Manager Server、管理コンソール、デザイン・コンソールを停止します。

 

2.

テキスト・エディタを使用して、global-web-application.xmlファイルを開きます(C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\configディレクトリにあります)。

 

3.

このファイルから、次のコードを探します。

<param-name>main_mode</param-name>

 

4.

<init-param> の前と</init-param>の後ろにあるコメント・タグ(<!--タグと-->タグ)を削除します。

 

5.

main_modeパラメータの値を、justrunからrecompileへ変更します。

 

6.

global-web-application.xmlファイルを保存してから閉じます。

 

7.

テキスト・エディタを使用して、orion-web.xmlファイルを開きます(C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\applications\Xellerate\xlWebApp\WEB-INFディレクトリにあります)。

 

8.

このファイルから、次のコードを探します。

main-mode="justrun"

 

9.

main-modeパラメータの値を、justrunからrecompileへ変更します。

 

10.

orion-web.xmlファイルを保存してから閉じます。

ここでは、global-web-application.xmlファイルとorion-web.xmlファイルを変更しました。 次のセクションでは、server.xmlファイルを変更します。

 

トピック・リストに戻る

server.xmlファイルの変更

このセクションでは、server.xmlファイルを変更します。 具体的には、check_for_updatesパラメータの値をadminClientOnlyからallに変更します。 こうすることで、Oracle Identity Managerからアプリケーション・サーバー(Oracle Application Server)にポーリングがおこなわれ、管理コンソールの関連ファイルへの変更が検出されます。 タイムスタンプを利用してファイルの変更が検出されると、これらのファイルはコンパイルされ、その結果の変更がコンソールに反映されます。

server.xmlファイルを変更するには、以下の手順に従います。

1.

テキスト・エディタを使用して、server.xmlファイルを開きます(C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\configディレクトリにあります)。

 

2.

このファイルから、次のコードを探します。

check-for-updates="adminClientOnly"

 

3.

check-for-updates パラメータの値を、adminClientOnlyからallへ変更します。

 

4.

server.xmlファイルを保存してから閉じます。

ここでは、server.xmlファイルを変更しました。 次のセクションでは、_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルをデスクトップにコピーします。

 

トピック・リストに戻る

_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルのコピー

このセクションでは、_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルをデスクトップにコピーします。 これは、管理コンソールの関連ファイルを編集することで問題が発生した場合に、これらのファイルを回復するための予防措置です。

_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルをコピーするには、以下の手順に従います。

1.

C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\ applications\Xellerate\xlWebApp\WEB-INF\libディレクトリにある_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルをコピーします。

 

2.

このファイルをC:\Documents and Settings\All Users\Desktopディレクトリに貼り付けます。

ここでは、_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルをデスクトップにコピーしました。 次のセクションでは、管理コンソールのキャッシュをWebブラウザから消去します。

 

トピック・リストに戻る

Webブラウザ・キャッシュのコンテンツ消去

このセクションでは、管理コンソールのキャッシュをWebブラウザから消去します。 こうすることで、コンソールをカスタマイズするためのファイルを変更するたびに、コンソールに変更が反映されます。

Webブラウザ・キャッシュからコンテンツを消去するには、以下の手順に従います。

1.

Mozilla Firefox Webブラウザを開きます。

 

2.

Webブラウザのメニュー・バーから「Tools」→「Options」を選択します。

 

3.

Optionsウィンドウのツールバーで、「Privacy」ボタンをクリックします。

 

4.

OptionsウィンドウのPrivate Data部分を以下のとおりに設定してから、「OK」をクリックします。

フィールド名 フィールド値
"Always clear my private data when I close Firefox"チェック・ボックス [選択]
"Ask me before clearing private data"チェック・ボックス [選択解除]

Mozilla Firefox Webブラウザがアクティブになります。

ここでは、Webブラウザのキャッシュを消去しました。このOBEでは、管理コンソールをカスタマイズするためのOracle Identity Managerの準備方法について学習しました。

コンソールをカスタマイズするには、OBEの『管理コンソールのブランディング』と『Oracle Identity Manager 管理コンソールの機能の変更』に記載されている手順に従います。

トピック・リストに戻る

このレッスンで学習した内容は次のとおりです。

global-web-application.xmlファイルとorion-web.xmlファイルの変更
server.xmlファイルの変更
_oracle_jsp_xlWebApp.jarファイルのコピー
Webブラウザ・キャッシュのコンテンツ消去

トピック・リストに戻る

このOBEチュートリアルについての質問は、OBE Discussion Forumに投稿してください。

トピック・リストに戻る

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが非表示になります。