管理コンソールのブランディング

このOracle by Example(OBE)チュートリアルでは、Oracle Identity Managerの管理コンソールのブランディング方法について説明します。

約1時間

トピック

このOBEチュートリアルでは、以下のトピックについて説明します。

概要
シナリオ
前提条件
Webページの全体レイアウトのカスタマイズ
管理コンソールへのロゴの追加
管理コンソールの著作権関連情報の変更
管理コンソール内のテキストの色、フォント、および位置合わせのカスタマイズ
まとめ
関連情報

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットがロードし、表示されます。 (警告:すべてのスクリーンショットが同時にロードされるため、ご使用のインターネット接続によってはレスポンス・タイムが遅くなる場合があります。)

注:各手順に関連したスクリーンショットのみを表示する場合は、それぞれの手順にある各アイコンの上にカーソルを置いてください。

スクリーンショットは、ご使用の環境を反映したものではありません。 Oracle Identity Managerの特定の機能がどこにあるのかをわかりやすくするために提供されています。

概要

Oracle Identity Managerは、Oracle Identity and Access Management Suite製品に含まれるコンポーネントです。 タスクを管理および自動化することで、ID管理ライフ・サイクルのはじめから終わりまで、企業リソース全般でユーザー・アクセス権限の管理をおこないます。 具体的には、ユーザーのアクセス権限を作成したうえで、(ユーザー要件やビジネス要件の変更に応じて)これらの権限を動的に変更し、さらに削除するタスクを処理します。 結果的に、Oracle Identity Managerは、複数のIDデータ・ストアにわたってユーザーのID情報を処理することで、データの正確性を維持します。

Oracle Identity Managerの機能と利点には、IDとロールの管理(ユーザーおよびグループ管理、ユーザーのセルフサービス機能、委任管理)、プロビジョニング(承認と要求の管理、構成可能なワークフロー・モデル)、ポリシーに基づく権限、リコンシリエーション、監査、規則およびコンプライアンスの認証サポートが含まれます。

トピック・リストに戻る

シナリオ

Lindaは、Mydo Main社のネットワーク管理者です。 社内のさまざまなユーザーのIDとアクセスを管理する業務を担当しています。 これらの業務には、Mydo Main社用にインストールおよび構成されたOracle Identity Manager環境において、管理コンソールをカスタマイズする作業が含まれます。 この作業により、コンソールを調整してMydo Main社の要件を満たすことができます。

管理コンソールのカスタマイズの一例としてあげられるのが、ルック・アンド・フィールの変更(ブランディング)です。

管理コンソールのブランディングにはさまざまな方法があります。以下に、例をあげます。

このOBEでは、上記の方法を使用して、Mydo Main社におけるOracle Identity Managerの管理コンソールのブランディングをおこないます。

トピック・リストに戻る

前提条件

このチュートリアルを始める前に次のことを確認してください。

1.

OBE『Oracle Identity Managerのインストール、構成、および起動』を完了していること。

2.

OBE『管理コンソールのカスタマイズ準備』を完了していること。

トピック・リストに戻る

Webページの全体レイアウトのカスタマイズ

OBE『管理コンソールのカスタマイズ準備』では、管理コンソールのカスタマイズをおこなえるように、Mydo Main社のOracle Identity Manager環境を設定しました。 このOBEでは、コンソールのルック・アンド・フィールの変更(ブランディング)をおこないます。 コンソールのブランディング方法の1つとして、Webページの全体レイアウトをカスタマイズします。

Oracle Identity Managerの製品ロゴをヘッダー・バナーの右側に表示できるように、Webページの一般的なレイアウトをカスタマイズします。 実行するには、xlDefaultAdmin.propertiesファイルにアクセスする必要があります。 次に、製品ロゴの参照(global.image.clientlogo)をスペーサの参照と交換します(スペーサは、ヘッダー・バナー内にある図形であり、指定された幅の余白を占有しています。この交換により、製品ロゴを右側に移動させます)。 なお、このスペーサの参照は、global.image.xelleratelogoです。

Webページの全体レイアウトをカスタマイズするには、以下の手順に従います。

1.

テキスト・エディタを使用して、xlDefaultAdmin.propertiesファイルを開きます(C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\applications\Xellerate\xlWebApp\WEB-INF\classesフォルダにあります)。

 

2.

製品ロゴの参照(global.image.clientlogo)を探します。

 

3.

global.image.clientlogo参照の値を、/images/client_logo.gifから/images/xellerate-trans-grey.gifへ変更します。

 

4.

スペーサの参照を探します(スペーサは、ヘッダー・バナー内にある図形であり、指定された幅の余白を占有しています。スペーサと製品ロゴを交換することで、製品ロゴを右側に移動させます)。 このスペーサの参照は、global.image.xelleratelogoです。

5.

global.image.xelleratelogo参照の値を、/images/xellerate-trans-grey.gifから/images/client_logo.gifへ変更します。

 

6.

xlDefaultAdmin.propertiesファイルを保存してから閉じます。

 

7.

Oracle Identity Manager Serverと管理コンソールを再起動します。 コンソールのホームページが表示されます。 製品ロゴがヘッダー・バナーの右側に表示されます。

注: Oracle Identity Managerの起動と停止について、詳細はOBE『Oracle Identity Managerのインストール、構成、および起動』を参照してください。

ここでは、ヘッダー・バナーの右側にOracle Identity Managerの製品ロゴを表示できるように、Webページの一般的なレイアウトをカスタマイズしました。

次のセクションでは、管理コンソールをブランディングする別の方法について学習します。 具体的には、コンソールのヘッダー・バナーにロゴを追加します。

トピック・リストに戻る

管理コンソールへのロゴの追加

前のセクションでは、ヘッダー・バナーの右側にOracle Identity Managerの製品ロゴを表示できるように、Webページの全体レイアウトをカスタマイズしました。

ここでは、別の方法で管理コンソールのブランディングをおこないます。 具体的には、コンソールのヘッダー・バナーにロゴを追加します。 このロゴは、Mydo Main社の企業ロゴです。 このロゴの参照は、oracle_id_mgt_clr.gifです。

実行するには、 xlDefaultAdmin.propertiesファイルにアクセスする必要があります。 次に、スペーサを表すプロパティ(global.image.clientlogo)にこのロゴを割り当てます。

管理コンソールにロゴを追加するには、以下の手順に従います。

1.

Oracle Identity Manager Serverと管理コンソールを停止します。

 

2.

企業ロゴを表すファイルであるoracle_id_mgt_clr.gifを、C:\stage\External FilesディレクトリからC:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\applications\Xellerate\ xlWebApp\imagesディレクトリへコピーします

 

3.

テキスト・エディタを使用して、xlDefaultAdmin.propertiesファイルを開きます(C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\applications\Xellerate\xlWebApp\WEB-INF\classesフォルダにあります)。

 

4.

global.image.clientlogoプロパティを探します。

 

5.

このプロパティの値に、企業ロゴを含むイメージ・ファイルのフルパス付きファイル名(/images/oracle_id_mgt_clr.gif)を設定します。

 

6.

xlDefaultAdmin.propertiesファイルを保存してから閉じます。

 

7.

Oracle Identity Manager Serverと管理コンソールを再起動します。 コンソールのホームページに企業ロゴが表示されます。

このセクションでは、管理コンソールのヘッダー・バナーにロゴを追加しました。 次のセクションでは、このコンソールをブランディングする別の方法について学習します。 具体的には、コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報を変更します。

トピック・リストに戻る

管理コンソールの著作権関連情報の変更

前のセクションでは、管理コンソールのヘッダー・バナーにロゴを追加しました。 ここでは、別の方法でこのコンソールのブランディングをおこないます。 具体的には、コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報を変更します。

実行するには、xlWebAdmin.propertiesファイル、xlWebAdmin_en.propertiesファイル、およびxlWebAdmin_en_US.propertiesファイルにアクセスする必要があります。 これらのファイルには、管理コンソールに表示されるテキストとラベルが含まれています。

次に、global.message.copyrightプロパティとglobal.message.termOfUseプロパティに新しい値を割り当てます。 xlWebAdmin.propertiesファイル、xlWebAdmin_en.propertiesファイル、xlWebAdmin_en_US.propertiesファイルのGLOBAL messagesセクションに含まれるこれらのプロパティは、コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報を表すものです。

管理コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報を変更するには、以下の手順に従います。

1.

Oracle Identity Manager Serverと管理コンソールを停止します。

 

2.

テキスト・エディタを使用して、xlWebAdmin.propertiesファイルを開きます(C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\applications\Xellerate\xlWebApp\WEB-INF\classesフォルダにあります)。

 

3.

GLOBAL messagesセクションを探します。

 

4.

global.message.copyrightプロパティとglobal.message.termOfUseプロパティに新しい値を割り当てます。

プロパティ 変更前の値 変更後の値
global.message.copyright Copyright © 2008, Oracle Corporation. Copyright © 2008, Mydo Main Corporation.
global.message.termOfUse Oracle Identity Manager 9.1.0 Mydo Main User Administration Manager

 

5.

xlWebAdmin.propertiesファイルを保存してから閉じます。

6.

xlWebAdmin_en.propertiesファイルとxlWebAdmin_en_US.propertiesファイルに対して、同じ作業を繰り返します(これらのファイルもC:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\applications\Xellerate\xlWebApp\WEB-INF\classesフォルダにあります)。

7.

Oracle Identity Manager Serverと管理コンソールを再起動します。 xlWebAdmin.propertiesファイル、xlWebAdmin_en.propertiesファイル、およびxlWebAdmin_en_US.propertiesファイルに対する変更が、管理コンソールのフッター・バナー内の著作権関連情報に反映されています。

このセクションでは、管理コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報を変更しました。 次のセクションでは、このコンソールをブランディングする別の方法について学習します。 具体的には、コンソール内に表示されるテキストの色、フォント、位置合わせをカスタマイズします。

トピック・リストに戻る

管理コンソール内のテキストの色、フォント、および位置合わせのカスタマイズ

前のセクションでは、管理コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報を変更しました。 ここでは、別の方法でこのコンソールをブランディングします。 具体的には、この著作権関連情報の色、フォント名、および位置合わせをカスタマイズします。

実行するには、Xellerate.cssファイルにアクセスする必要があります。 このファイルは、管理コンソールに表示されるテキストのプロパティ(テキストの色、フォント、位置合わせなど)を制御するスタイル・シートです。 ここでは、コンソールのフッター・バナーに表示されるテキストを変更するため、Xellerate.cssファイルの.Footerセクションにアクセスします。

管理コンソール内のテキストの色、フォント、および位置合わせをカスタマイズするには、以下の手順に従います。

1.

Oracle Identity Manager Serverと管理コンソールを停止します。

 

2.

テキスト・エディタを使用して、Xellerate.cssファイルを開きます(C:\product\10.1.3.1\OracleAS_1\j2ee\home\applications\Xellerate\xlWebApp\cssフォルダにあります)。

 

3.

.Footerセクションを探します。

 

4.

以下のとおりに、管理コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報を変更します。

属性 変更前の値 変更後の値
Color FFFFFF FFFF00
Font Face arial times
Alignment right left

注: FFFFFFは白色のフォントを示す16進コードであり、FFFF00は黄色のフォントを示す16進コードです。

 

5.

Xellerate.cssファイルを保存してから閉じます。

6.

Oracle Identity Manager Serverと管理コンソールを再起動します。 コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報は、Xellerate.cssファイルに対する変更を反映したものに変わっています。

このセクションでは、管理コンソールのフッター・バナーに表示される著作権関連情報の色、フォント、および位置合わせをカスタマイズしました。 このOBEでは、コンソールのブランディング方法について学習しました。

OBE『Oracle Identity Manager 管理コンソールの機能の変更』では、このコンソールをさらにカスタマイズする方法について学習します。 具体的には、Oracle Identity Managerのコードを変更することなく、管理コンソールの機能を変更します。

トピック・リストに戻る

このレッスンで学習した内容は次のとおりです。

Webページの全体レイアウトのカスタマイズ
管理コンソールへのロゴの追加
管理コンソールの著作権関連情報の変更
管理コンソール内のテキストの色、フォント、および位置合わせのカスタマイズ

トピック・リストに戻る

このOBEチュートリアルについての質問は、OBE Discussion Forumに投稿してください。

トピック・リストに戻る

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが非表示になります。