アプリケーションのデプロイとアンデプロイ

このOBEチュートリアルでは、Oracle WebLogic Server管理コンソールを使用して、シンプルなJavaEE Webアプリケーションをデプロイします。 アプリケーションのテストが終了したら、アプリケーションの更新されたバージョンを再デプロイします。 最後に、コンソールを使用し、アプリケーションをアンデプロイします。

約20分

トピック

このOBEチュートリアルでは、以下のトピックについて説明します。

アプリケーションの更新
アプリケーションの停止と削除

 

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットがロードし、表示されます。 (警告:すべてのスクリーンショットが同時にロードされるため、ご使用のインターネット接続によってはレスポンス・タイムが遅くなる場合があります。)

各手順に関連したスクリーンショットのみを表示する場合 は、それぞれの手順にある各アイコンの上にカーソルを置いてください。

概要

対話型Webサイトは、JavaEEでWebアプリケーションとして開発され、パッケージ化されています。 Webアプリケーションは、ほかのJavaEEアプリケーションと同じように、アーカイブ・ファイルとしてデプロイできます。 Webアプリケーション・アーカイブは、.war拡張子を使用しています。 JavaEEアプリケーションには、JavaEEとWebLogic固有の機能を有効化、または設定するためにデプロイメント・ディスクリプタと呼ばれる XMLファイルを含めることができます。 たとえば、Webアプリケーションは、デプロイメント・ディスクリプタを使用することで、クライアントがWebブラウザからWebアプリケーションにアク セスするために使用するURLパスを指定できます。

すべてのJavaEEアプリケーションは、管理コンソール、WebLogic Scripting Tool(WLST)、またはそのほかの利用可能なツールを使用して、同じ方式でデプロイされています。 すべてのWebLogic Serverアプリケーションのデプロイメントには、2つの主要なフェーズがあります。 まず、"準備"フェーズでは、使用するドメインの管理サーバーにアプリケーションをインストールし、管理対象サーバー(ターゲット)に配信します。 次に、準備されたアプリケーションを"アクティブ化"することで、ターゲット・サーバーのクライアントがアクセスできるようになります。 更新されたバージョンが利用可能な場合、原則的にアプリケーションは、これらの2つのフェーズを再度実行する必要があります。

トピック・リスト に戻る

シ ステム要件

システム環境が以下の前提条件を満たしていることを確認してください。

ソフトウェア要件

このチュートリアルを始める前に、次のチュートリアルを完了している必要があります。

Oracle WebLogic Serverのインストールとドメインの作成
Oracle WebLogic Serverの管理対象サーバーの構成

最小ハードウェア要件

項目 仕様
プロセッサ速度 1GHz
メモリ 1GB
ハードディスクの空き容量 500MB

トピック・リストに戻る

アプリケーションのインストールと起動

以下の手順を実行します。

1.

起動していない場合、管理サーバーと管理対象サーバー(dizzy1) を起動します。 ドメインの管理ユーザー名とパスワードを入力するように指示された場合は、入力します。



2.

サンプルWebアプリケーションbenefits.warをダウンロードします。



3.

Webブラウザを起動し、ドメインの管理コンソールにアクセスします。 デフォルト・ポートは7001です。

http://localhost:7001



4.

ドメインの管理ユーザー名とパスワードを使用し、コンソールにログインします。



5.

Change Centerパネルで、「Lock & Edit」ボタンをクリックしま す。

 

 

6.

Domain Structureパネルで、「Deployments」をクリックします。

 

 

7.

Main Contentパネルで、「Install」ボタンをクリックします。

 

 

8.

Current Locationフィールドを検索します。 提供されたリンクを使用して、ダウンロードしたbenefits.warファイルの置かれた場所を参照します。 次に、benefits.warのラジオ・ボタンを選択し、「Next」をクリックします。

 

 

9.

次のページで、デフォルト・オプションを受け入れて、「Next」をクリックします。



10.

Serversで、「dizzy1」チェック・ボックスを選択し、「Next」 をクリックします。

 

 

11.

次のページで、デフォルト・オプションを受け入れ、「Finish」をクリックします。



12.

Change Centerパネルで、「Activate Changes」をクリックします。

 

 

13.

Domain Structureパネルで、「Deployments」をもう一度クリックしま す。



14.

benefits」アプリケーションのチェック・ボックスを選択し、「Start」 ボタンをクリックします。

 

 

15.

ドロップダウン・リストから「Servicing All Requests」オプションを選択し ます。 プロンプト・ウィンドウが表示されたら、「Yes」をクリックします。

 

 

16.

State列で、benefitsアプリケーションが"Active"と表示されていることを確認 します。



トピック・リストに戻る

アプリケーションのテス ト

以下の手順を実行します。

1.

以下のURLを参照します。

http://localhost:7003/benefits

 

 

2.

1つ以上の利用可能なチェック・ボックスを選択し、「Get Information」ボタンをク リックします。



3.

Back to Home Page」リンクをクリックします。

 

 

トピック・リストに戻る

アプリ ケーションの更新

以下の手順を実行します。

1.

更新されたバージョンのbenefits.warを ダウンロードします。 既存のファイルを置き換えます。 Webアプリケーションのデプロイメント・ディスクリプタが変更され、異なるURLコンテキスト・パスを使用するようになります。



2.

管理コンソールのDeploymentsページに戻ります。



3.

Change Centerパネルで、「Lock & Edit」をクリックします。

 

4.

benefits」アプリケーションのチェック・ボックスを選択し、「Update」 ボタンをクリックします。

 

 

5.

Finish」をクリックします。



6.

Change Centerパネルで、「Activate Changes」をクリックします。

 

7.

Webブラウザに次のURLを入力します。

http://localhost:7003

このURLパスで、benefitsアプリケーションが利用できます。

 トピック・リストに戻る

アプリ ケーションの停止と削除

以下の手順を実行します。

1.

管理コンソールのDeploymentsページに戻ります。



2.

benefits」アプリケーションのチェック・ボックスを選択し、「Stop」 ボタンをクリックします。

 

 

3.

Force Stop Now」オプションを選択します。 プロンプト・ウィンドウが表示されたら、「Yes」をクリックします。

ヒント:コンソールのPreferencesで「Ask for Confirmation in Operations」オプションを無効化することで、以降の確認ページの表示を避けること ができます。

 

4.

benefitsアプリケーションのテストを再実行します。 アプリケーションは、利用できないはずです。

ヒント:キャッシュに残ったbenefitsページが表示される場合があります。 ブラウザの「更 新」ボタンをクリックし、キャッシュを回避します。

 


5.

管理コンソールのDeploymentsページに戻ります。

 


6.

Change Centerパネルで、「Lock & Edit」をクリックします。



7.

benefitsアプリケーションのチェック・ボックスを選択し、「Delete」ボタンをクリッ クします。 プロンプト・ウィンドウが表示されたら、「Yes」をクリックします。

 

 

8.

Change Centerパネルで、「Activate Changes」をクリックします。



 トピック・リストに戻る

このレッスンで学習した内容は次のとおりです。

WebLogic管理コンソールを使用した JavaEE Webアプリケーションのインストール、および1つ以上のサーバーへのターゲット化
このOBEチュートリアルについての質問は、OBE Discussion Forumに投稿してください。

トピック・リストに戻る

このアイコンの上にカーソルを置くと、すべてのスクリーンショットが非表示になります。