このチュートリアルでは、Oracle JDeveloper 11.1.1.4.0(Release 1)とOracle Application Development Framework(Oracle ADF)11g Desktop Integrationを使用して、ADF Webアプリケーションに統合されるExcelワークブックを開発します。
show more or less詳細を読む...
目的 所要時間 アプリケーション

このチュートリアルでは、Oracle JDeveloperとOracle ADF 11g Desktop Integrationを使用して、ADF Webアプリケーションに統合されるExcelワークブックを開発する方法について説明します。 これから作成するアプリケーションの完成版を確認するには、「Download」ボタンをクリックして最終アプリケーションのzipファイ ルをダウンロードして、Oracle JDeveloperのmyworkフォ ルダに解凍します。

90分 Download applicationname.zip
パート1:Oracle ADF Desktop Integrationをサポートする環境の構成

デスクトップ統合の作業を開始する前に、Oracle ADF Desktop Integrationをサポートする各種ソフトウェアを構成する必要があります。 このパートでは、ステップを通じてこの方法を説明します。

このチュートリアルで説明しているステップを実行できるようにするには、起動用のFusion Webアプリケーションをロードして、アプリケーションがデータベースに正しく接続できることを確認する必要があります。

これらの作業も、このチュートリアルのパート1で実行します。

ステップ1:Microsoft .NET Programmability Supportの有効化
    Oracle ADF Desktop Integrationアドインをインストールする前に、Microsoft Office Excel 2007または2010でMicrosoft .NET Programmability Supportを有効にする必要があります。 Show more or less詳細を読む

    Microsoft .NET Programmability Supportは、Microsoft Office Excel 2007または2010のインストール中に有効にできます。 ただし、インストール中に有効にしなかった場合は、次のステップを実行してください。
  1. デスクトップで「スタート」ボタンをクリックします。

    alt text
  2. スタート・メニューから「コントロールパネル」を選択します。

    alt text
  3. コントロールパネル・ウィンドウで、「プログラムの追加と削除」オプ ションをダブルクリックします。

    alt text
  4. インストールされているプログラムのリストが表示されたら、下方向にスクロールして「Microsoft Office Standard 2007」(または「Microsoft Office Standard 2010」)を選択します。

    alt text
  5. 変更」ボタンをクリックします。

    alt text
  6. 機能の追加/削除」ラジオ・ボタンを選択し、「次へ」をクリックします。

    alt text
  7. Microsoft Office」→「Microsoft Office Excel」の順にノードを展開します。 「.NET Programmability Support」を選択します。 「次へ」をクリックします。

    alt text
  8. 構成が完了するまで待ち、完了したらウィンドウを閉じます。

    alt text
  9. プログラムの追加と削除ウィンドウを閉じます。

    alt text
  10. コントロールパネル・ウィンドウを閉じます。

    alt text

    これで、Excelに対して.NET Programmability Supportが追加されました。

ステップ2:Excel用のOracle ADF 11g Desktop Integrationアドインのインストール

Oracle ADF Desktop Integrationセットアップ・ツールを実行すると、このツールは、フレームワークを組み込むシステムに必要なソフトウェアがインストールされてい るかどうかを確認します。 Show more or less詳細を読む

これらのソフトウェアの1つまたは複数がインストールされていない場合、セットアップ・ツールは、次の順番でインストールを行います。

    Windows Installer

    Microsoft .NET Framework

    Microsoft Visual Studio Tools for Microsoft Office

    Oracle ADF Desktop Integrationアドイン

Oracle ADF Desktop Integrationアドインは、Oracle JDeveloperからインストールすること、または<JDEVELOPER_HOME>\jdeveloper\adfdiで提供されている セットアップ・ツールからインストールすることが可能です。 チュートリアルのこのパートでは、Oracle JDeveloperからアドインをインストールする方法について説明します。
  1. スタート」→「す べてのプログラム」→「Oracle Fusion Middleware」 →「JDeveloper Studio 11.1.1.4.0」の順に選択して、 Oracle JDeveloperを起動します。

    alt text

    Migrate User Settingsダイアログ・ボックスが開いたら、「NO」 をクリックします。

  2. ユーザー・ロールを設定するように指示されたら、「Default Role」を選択します。

    alt text

    Close」をクリックして、Tip of the Dayウィンドウを閉じます。

  3. Oracle JDeveloper IDEが表示されます。

    alt text
  4. Tools」メニューから「Install ADF Desktop Integration」を選択します。

    alt text

    Oracle ADF Desktop Integrationインストーラが起動します。

  5. さまざまな検証チェックが実行され、準備の整っていることが確認されると、インストールを開始できる状態になります。 「Install」ボタンをクリックして、インストールを開始します。

    alt text
  6. Oracle ADF Desktop Integrationアドインのインストールが開始されます。 インストールされているソフトウェアによっては、前提条件にある別のソフトウェアをインストールするよう指示される場合があります。また、コンピュータの 再起動が必要になる場合もあります。

    alt text
  7. Microsoft Officeのカスタマイズが正常に完了したら、「Close」 をクリックしてインストールを終了します。

    alt text

ステップ3:統合されたExcelワークブックを実行するためのExcelの構成

    Oracle ADF Desktop IntegrationからMicrosoft Excelにアクセスできるようにするには、Excelの設定を構成する必要があります。 Show more or less詳細を読む

    この手順は、インストールされているExcelに対して1回だけ実行する必要があります。
  1. デスクトップで「スタート」ボタンをクリックします。

    alt text
  2. スタート・メニューから「すべてのプログラム」→「Microsoft Office」→「Microsoft Office 2007」(または「Microsoft Office 2010」) を選択します。

    alt text
  3. Microsoft Excelが起動したら、「Office」ボタン をクリックします。

    alt text
  4. Officeウィンドウで、「Excelのオプション」をクリックしま す。

    alt text
  5. Excelのオプション・ウィンドウで「セキュリティセンター」 タブを選択し、「セキュリティセンターの設定」ボタンをクリックします。

    alt text
  6. セキュリティセンター・ウィンドウで「マクロの設定」タブを選 択し、続いて「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」 チェック・ボックスを選択します。 「OK」をクリックします。

    alt text
  7. Excelのオプション・ウィンドウに戻り、「OK」をクリッ クします。

    alt text
  8. Excelに戻ったら、アプリケーションを閉じます。

    alt text
ステップ4:起動用のFusion Webアプリケーションのロード
    起動用のFusion Webアプリケーションは、Oracle ADF Desktop Integrationをできる限り速やかに使用できるようにすることを目的に提供されています。Show more or less詳細を読む

    これは、標準的なFusion Webアプリケーションで、ModelプロジェクトとViewControllerプロジェクトが含まれています。 起動用のFusion Webアプリケーションは、Oracle ADF Business Componentsを使用して作成されています。 Excelワークブックに必要なページ定義バインディングは、すでにアプリケーション内で定義されています。
  1. Oracle JDeveloperに戻り、「Open Application」 リンクをクリックします(または、メイン・メニューから「File」→「Open」の順に選択します)。

    alt text
  2. Openダイアログで、ADFdi_BC.zipファイルを解凍したフォルダを 開き、「ADFdi_BC.jws」ファイルを選択しま す。 「Open」をクリックします。

    alt text

    以前のバージョンからアプリケーションを移行するよう指示されたら、処理を受け入れます。

  3. アプリケーションのロードが完了すると、アプリケーション・ナビゲータに2つのプロジェクトが表示されます。 アプリケーション・ナビゲータは、次のように表示されます。

    alt text
  4. アプリケーション・ナビゲータで「ViewController」 プロジェクトを右クリックし、コンテキスト・メニューから「Project Properties」を選択します。

    alt text
  5. Project Propertiesダイアログで「Technology Scope」ノードを選択したら、「」Addボタンを使用して Project TechnologiesのAvailableペインからSelectedペインへと次のテクノロジーを移動します。

  6. alt text

    OK」をクリックします。 これで、ViewControllerプロジェクトはOracle ADF Desktop Integrationをサポートできるようになりました。

  7. Oracle JDeveloperメニュー・バーの「Save Allアイコンを クリックするか、メニューから「File」→「Save All」の順に選択します。

ステップ5:アプリケーションのデータベース接続の確認
    アプリケーションは、データベースに接続できる必要があります。 データベース接続は、起動用のアプリケーション内ですでに作成されています。 Show more or less詳 細を読む

    このステップでは、起動用のアプリケーション内のデータベース接続がデータベースに接続できることを確認するためのタスクについて説明します。
  1. Model」プロジェクトを右クリックし、コンテキスト・メ ニューから「Project Properties」を選択します。

    alt text
  2. Project Propertiesダイアログで「Business Components」ノードを選択し、接続フィールドの横にある「Edit」 アイコンをクリックします。

    alt text
  3. Edit Database Connectionダイアログで、以下の値が設定されていることを確認します(必要であれば修正します)。

    Connection Name HRConn
    Connection Type Oracle (JDBC)
    Username hr
    Password hr
    Save Password (チェック)
    Driver Thin
    Host Name (使用するホストの名前、例: localhost)
    JDBC Port (使用するポート番号、例: 1521)
    SID XE(または使用するデータ ベースのSID)


    alt text
  4. Test Connection」ボタンをクリックして、接 続パラメータの設定が成功したことを確認します。

    alt text

    OK」をクリックします。 もう一度「OK」をクリックして、アプリケーション・ナビゲータに戻ります。

  5. Model」プロジェクト・ノードを展開し、既存のビジネ ス・コンポーネントをすべて表示します。 この時点で、アプリケーション・ナビゲータは、次のように表示されます。

    alt text
  6. AppModule」ノードを右クリックし、コンテキスト・ メニューから「Run」を選択します。

    alt text
  7. Oracle Business Component Browserが起動します。

    Oracle Business Component Browserは、ビジネス・コンポーネント・アプリケーションのテストとデバッグに非常に有効です。 Show more or less詳細を読む チュートリアルを進 める前に、起動用のアプリケーションが機能していることを確認する必要があります。 Oracle Business Component Browserでは、ビジネス・コンポーネントが正しく機能しているかどうか、およびアプリケーションがデータベースからデータを取得できるかどうかをテ ストすることが可能です。
    alt text
  8. DepartmentsView1」ノードをダブルクリック し、Departmentsデータを表示します。

    alt text
  9. 部門情報を参照するには、「」矢印をクリックします。

    alt text

    Oracle Business Component Browserウィンドウを閉じます。

  10. Oracle JDeveloperメニュー・バーの「Save Allアイコンをクリックするか、メニューから「File」 →「Save All」の順に選択します。

これで、開発環境のセットアップが完了し、Oracle ADF Desktop Integration対応Excelワークブックの開発を開始する準備が整いました。

Bookmark Print すべて表示 | 非表示
トップへ戻る
Copyright © 2011, Oracle. All rights reserved.