Oracle Contextual Intelligence

ブランドを保護し、あらゆるインプレッションを有効に活用しましょう。Oracle Contextual Intelligenceではコンテンツを分析し、それをデジタル広告キャンペーンのコンテキストに合ったセグメントと照合して、ブランド、代理店、およびパブリッシャーにコンテキストに即したターゲティングやブランドセーフティのソリューションを提供します。

Oracle Contextual Intelligence
Contextual Intelligenceを実際に見てみる
Forrester Total Economic Impact(TEI)of Oracle Contextual IntelligenceForrester Total Economic Impact(TEI)of Oracle Contextual Intelligence

Oracle Advertisingを使用して、ブランドの安全性と全体的なパフォーマンスを監視および改善するメリットをご覧ください。

レポートを読む
データ主導型の広告およびマーケティングにおけるコンテキストに即したソリューションの展望

広告およびメディアの収益化で中心的な役割を果たすために、コンテキストに即した手法がどのように用意されているかを把握し、アイデンティティ主導型のターゲティングを再開しましょう。

レポートをダウンロードする

Oracle Contextual Intelligenceについて知る

プライバシーを重視したコンテキストに即したキャンペーン・ターゲティング

コンテキストに即したターゲティングを活用して、デジタル広告キャンペーンをアクティベーションすることで、積極的にコンテンツを探しているオーディエンスにリーチできます。オラクルのページ単位のマルチターム照合機能により、ページの実際のコンテキストを把握し、プライバシーを重視した方法で、キャンペーンを適切なコンテンツに正確に連動させることができます。

シンジケーション・ターゲティング

ターゲット・オーディエンスが特定のコンテンツを積極的に利用しているときに、オーディエンスと連動させます。シンジケーション・ターゲティング・セグメントは、ほとんどの主要なデマンド・サイド・プラットフォーム(DSP)でキュレーションされ、アクティベーションできる状態であるため、最新のカテゴリとトピックを使用して、目的のオーディエンスにリーチできます。

カスタム・ターゲティング

ターゲティング・セグメントをカスタマイズして、ブランドのメッセージを増幅させ、対象とするオーディエンス、編集、またはキャンペーンのニーズを満たすことができます。カスタム・セグメントは、透明性の高いカスタマイズと主要なDSPへの迅速なデプロイメントによりブランドに特化して構築されており、コンバージョン率を高め、コストを削減することができます。

AIを活用したトレンド・ターゲティング

Web全体で話題のコンテンツを識別するAIを活用した自動化により、さらにスマートな広告購入を実現します。Oracle Predicts(PDF)は、動的最適化、クリックスルーレート・パフォーマンスの向上およびクリックごとのコスト削減のメトリックを通じて、キャンペーン・メッセージを関連性の高い話題のコンテンツと連動させることができます。

センチメント・ターゲティング

センチメント・ターゲティングによって、特定のコンテンツのトーンを活用します。キャンペーンを、ポジティブ、ネガティブ、幸福、悲しみ、愛情、好奇心、その他多数のカテゴリなど、読者の特定の感情を引き出すために書かれたコンテンツと連動させることができます。

ローカライズされた言語のターゲティング

31の分類された言語でキャンペーンをアクティベーションし、言語間のエキスパートである専任スタッフがキュレーションと監視を行います。キャンペーンを連動させるために、さらに174の分類されていない言語をターゲティングできます。


安全で適切、責任のあるメディア・ソリューション

標準的なブランドセーフティ

ブランドエクイティを保護し、ブランドにとって安全な環境でメッセージを配信します。Global Alliance for Responsible Media(GARM)などの業界団体が定めるオンライン安全基準に沿って、オラクルの安全カテゴリは、銃器、犯罪、薬物、わいせつ、死亡、ヘイトスピーチなど、12以上のカテゴリで潜在的に有害でリスクの高いコンテンツをスキャンします。

カスタム・ブランド・セーフティ/ブランド適合性

カスタム・ブランド・セーフティのしきい値とリスク許容度を定義しましょう。お客様のブランドにポジティブに響くトピックを見つけて、ブランドの個性と価値観を増幅させ、リーチを最適化すると同時に、ブランドをリスクにさらすような有害なコンテンツのタイプを避けることができます。カスタム・セーフティ・セグメントは、透明性の高いカスタマイズと主要なDSPへの迅速なデプロイメントによって、お客様のブランド専用に構築されます。


無効なトラフィック(IVT)とビューアビリティの事前入札

ブランドセーフティ保護に、Oracle Advertisingの入札前無効トラフィック(IVT)およびビューアビリティ・ソリューションを組み合わせて、お客様のデジタル・キャンペーン環境の制御性と精度を向上させることができます。オラクルの安全性、IVT、およびビューアビリティ・ソリューションの入札前検証は、デジタル投資を保護し、広告を確実に基準に従って提供するのに役立ちます。

入札前ビューアビリティ

Media Ratings Council(MRC)によって定められたビューアビリティ・パラメータに基づいてコンテンツをフィルタリングすることで、広告の掲載箇所に対してこれまでにない精度と制御性を実現します。

入札前IVT

あらゆる形の無効なトラフィックを検出して取り除くことで、広告支出を保護し、お客様のキャンペーンにボットやその他のノンヒューマン・トラフィックの形式によって生成されたインプレッションが含まれないようにすることができます。


プライバシーに配慮したターゲティングの未来

Oracle Advertising Content Affinity Targetingは、プライバシーに配慮したターゲティング・ソリューションで、理想のオーディエンスが最も強いアフィニティ(親近感)を持つオンライン・コンテンツを特定し、ターゲティングします。コンテンツ・アフィニティ・エンジンは、特定のオーディエンスがどのようなコンテンツを長期にわたって閲覧しているかを分析し、彼らが最も関心を持ちやすいコンテンツと、避ける傾向にあるコンテンツを特定します。ディープラーニング・モデルは、ターゲット・オーディエンスのシード・コンテンツに最も近い追加コンテンツを見つけます。この強力なコンテンツ・アフィニティ・セグメントでは、オーディエンスIDなしで、オンライン上で消費されるあらゆる種類のコンテンツから、ターゲットとなる顧客を見つけ出します。

デモグラフィック・セグメント

コンテキストベースの広告を活用することで、特定のデモグラフィック・ターゲット・オーディエンスにリーチするという課題を解決することができます。従来、これらのオーディエンスにコンテキスト・ターゲティングでリーチすることは困難でした。コンテンツ・アフィニティ・ターゲティングは、年齢、性別、収入など、さまざまな属性に対して、その人が消費する可能性の高いコンテンツを幅広く提供します。

ライフスタイル・セグメント

特定のライフスタイルに特化した従来のコンテキスト・ターゲティング・アプローチを、オーディエンスに基づいたターゲティング・セグメントで補完します。オラクルのデータに裏打ちされたソリューションにより、その時見ているコンテンツの種類に関係なく、関連するライフスタイルに対してキャンペーンを展開することができます。

小売業向けセグメント

オーディエンスに基づくコンテンツ・アフィニティ・セグメントを通じて、購入ベースのオーディエンスのリーチを拡大したり、クッキーを使用しないアプローチがより適している場合の代替戦略として使用したりできます。


Customer Spotlight

Teadsが、Oracle Advertisingを使用してブランドセーフな広告成果を達成

「オラクルをパートナーに選んだ主な理由の1つは、オラクルがサードパーティとしてベストプラクティスを示してくれたことです。ブランドセーフティは常に変化する課題です。対象が毎日のように変動します。オラクルは、絶えずアプローチを更新できるように手助けしてくれます。」

—Teads、最高エクスペリエンス責任者、Meg Runeari氏

Oracle Contextual Intelligenceの顧客事例

すべてを見る

ブランド、代理店、パブリッシャーがOracle Contextual Intelligenceを使用してコンテンツを分析し、コンテキスト・セグメントと照合してデジタル広告キャンペーンを成功させる方法をご覧ください。詳細については、ロゴをクリックしてください。

Oracle Contextual Intelligenceの主な特長

包括的なターゲティング計画を策定するための理論と手法

Oracle Advertising、マーケティング責任者、Tim Carr

コンテキストに即したターゲティング・シリーズの入門的ブログで、Tim Carr氏は、包括的なターゲティング計画を策定する方法について詳しく説明しています。オーディエンス・ターゲティングは、この分野の理論面を重視していますが、コンテキストに即した広告は、マーケティングの手法面を重視しています。適切なオーディエンスを対象にしてブランド・ロイヤリストを育てるには、5つのターゲティング戦術が必要です。

投稿全体を読む