該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

プラットフォームおよびインフラストラクチャ・サービスのデータ・リージョン

デフォルト・データ・リージョン選択のガイドライン

  • Oracle Cloudサービスが使用可能な場所を調べるには、下の表を参照してください。
  • 目的のサービスを提供するデータ・リージョンのリストから、Oracle Cloudユーザーにもっとも近いリージョンを選択してください。
  • このページの一番下にある備考に目を通して、お客様の国にデータ・リージョン選択時の制限や追加のガイドラインがないかどうか確認してください。
  • 無償のOracle Cloudプロモーションは北米とEMEAのデータ・リージョンでのみ使用可能です。

クラウドでコラボレーション可能なエンドツーエンドの機械学習

Oracle Data Science Cloudサービスでは、データ・サイエンス・チームがOracle Cloud上で作業の整理、データやコンピューティング・リソースへのアクセス、モデルの構築、トレーニング、展開、管理を簡単におこなえます。このプラットフォームにより、データ・サイエンス・チームの生産性が向上し、より多くの作業をより迅速に展開して組織を機械学習で強化することが可能になります。

コラボレーション可能で統合済

プロジェクト・ベースのUIによって、データ・サイエンス・チームはエンドツーエンドのモデリング・ワークフローに共同でき、作業はすべて組込みのバージョン・コントロールによってバックアップされます。また、高パフォーマンスのOracle Cloud Infrastructureに緊密に統合されたプラットフォーム上で、オープン・ソースで最高の機械学習を活用します。

セルフサービス

あらゆる規模の解析でデータ・サイエンティストが迅速な作業に必要とするコンピュート、データ、パッケージにセルフサービスでアクセスしてセッションを迅速に開始できます。

エンタープライズ・グレード

フル・マネージドのプラットフォームで、今日のエンタープライズの需要に応えます。

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

コラボレーション可能なワークスペース

    プロジェクト

  • プロジェクト・ベースのUIでデータ・サイエンス業務がシンプルになり、チームがクラウドで共同できます。
  • バージョン・コントロール

  • 一般的なバージョン・コントロール・プロバイダーをネイティブ・サポートし、プラットフォーム間であらゆる作業が確実に同期されます。
  • アクセス制御

  • Oracle Identity Cloud Servicesと統合されており、マネージャーや管理者はプロジェクトとデータに誰がアクセスできるかを制御できます。

モデル・ライフサイクル管理

    モデル開発

  • 高パフォーマンスのOracle Cloud Infrastructureを利用してノートブック環境でモデルを構築し、トレーニングします。
  • ワンクリックでモデルをデプロイ

  • モデルをスケーラブルなREST APIとして容易にデプロイできます。
  • モデルの監視

  • モデルのパフォーマンスに関するメトリック評価します。

オープン・ソースのサポート

    Notebooks

  • クラウド・ホスティング型の組込みのJupyter Notebooksによって、チームはPythonを使用してモデルの構築とトレーニングをおこなえます。
  • ビジュアライゼーション・ツール

  • Plotly、Matplotlib、Bokehなどオープン・ソースのビジュアライゼーション・ツールを利用して、データをビジュアル化して調査します。
  • オープン・ソースの機械学習フレームワーク

  • TensorFlowやscikit-learnなど、広く利用されている機械学習フレームワークを使って環境を立ち上げる、あるいは他のオープン・ソース・パッケージを簡単にインストールできます。

データおよびコンピュートへのアクセス

    データ・アクセス

  • Oracle Object Storage Cloudに格納されているデータを活用します。
  • セルフサービスのスケーラブルなコンピュート

  • Oracle Cloud Infrastructureでコンテナをサイン・アップし、Kubernetesを使用してどんな規模の解析にも取り組むことができます。
  • セキュアな資格証明管理

  • セキュアな資格証明を利用して、Oracle Object Storage Cloudのデータに安全にアクセスできます。