該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Java Cloud Service

どのJavaアプリケーションでも、簡単、迅速かつ俊敏な導入。パブリッククラウドでアプリケーションのフル制御と柔軟性を体験してください。

迅速

迅速

クラウド内のOracle WebLogic ServerとOracle Coherenceの複雑な多層環境向けの迅速なセルフサービスプロビジョニング。

エンタープライズグレード

エンタープライズグレード

エンタープライズレベルのセキュリティ、高い可用性、およびビジネスクリティカルなアプリケーションのパフォーマンス。

スタンダードベース

スタンダードベース

オープンスタンダードに基づいて構築されているため、Java EEアプリケーションの導入と管理が簡単です。

Oracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Server

Oracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Server

迅速な導入と柔軟な価格設定オプションを備えたOracle Cloud Infrastructure用のOracle WebLogic Serverは、クラウドでJavaアプリケーションを実行するための推奨されている方法です。

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

新しいクラウドネイティブアプリケーションをすばやく構築

    クラウドスタック

  • Oracle Cloud Stackを使用して、アプリケーションスタックを単一のコンポジションとして定義します。Cloud StackにはIaaSを含めることができます& PaaSリソースは、他のスタックリソースに依存関係も持てます。
  • 継続的インテグレーション&デリバリー

  • 非常に機敏なチームにするための完全なプロジェクトおよびチーム管理を備えた、ビルトインの継続的ビルドおよびデプロイメントプラットフォーム。
  • 柔軟性

  • ノードまたはクラスタをオンデマンドでインまたはアウトにスケーリングして、サービスインスタンスの容量を変更します。または、全体的なポリシーに基づき、またはCPUベースのルールを使用して、自動スケーリングを定義します。
  • セキュリティ

  • サーバーインスタンスの専用環境と分離環境を含む、アプリケーションを実行するインフラストラクチャ向けの柔軟なエンタープライズ用セキュリティ。
  • 高可用性

  • 動的なWebLogicクラスタは、可用性の高いIaaS上に構築された複数の計算ノードに分散しています。
  • 管理者アクセス

  • Webベースの管理コンソールを介したWebLogicサーバーへの包括的な管理コンソールと、SSHを使用した仮想マシンへのアクセスをサポートしています。
  • 統合

  • 次のような他のOracle Cloudサービスとシームレスに統合されます。Oracle Database Cloud Service、Oracle Developer Cloud Service、Oracle Messaging Cloud Service、およびOracle Storage Cloud Service。

オンプレミスアプリケーションをクラウドに移行

    クローニング、AppToCloud

  • ワンクリックでインスタンスをクローニングして、OracleのAppToCloud拡張リフト&シフト機能により、アプリケーションをクラウドですぐに稼働させることができます。
  • クラウドスタック

  • 既存の環境/サービスをテンプレートとして共有または再利用し、新しいスタックに対応する容量を追加する機能
  • オンプレミスアプリの最新化

  • 組み込みのCI/CD機能を使用して、既存のJava EEアプリケーションの開発プロセスを最新化します。
  • 環境の選択

  • ニーズに合わせて11gまたは12c Standard Edition、Enterprise Edition、またはSuiteを選べる、WebLogic Serverの専用クラスタ。Oracle Traffic Director搭載のソフトウェアベースのロードバランサーが含まれています。オプションで、キャッシュやデータグリッドのニーズに応じてOracle Coherenceを含むこともできます。
  • 管理者アクセス

  • セルフ・サービス・ポータルが含まれているため、WebLogicドメイン、仮想マシンストレージ、およびネットワーク設定を、非常にわかりやすくカスタマイズ可能な方法で管理できます。
  • 柔軟性

  • ワンクリックまたはREST呼び出しを使用して、いつでもアプリケーションクラスタをスケールアウトまたはスケールインします。いつでも選択して、サービスの容量を増やすことができます。
  • 高可用性

  • Oracle Cloudで現在オンプレミスで使用しているものと同じWebLogicクラスタリング機能を利用して、自動的に構成されます。
  • 統合

  • 次のような他のOracle管理サービスとシームレスに統合されます。Application Performance Monitoring Cloud Service、Log Analytics Cloud Service、Hybrid Cloud Managementなど。

開発およびテスト環境をクラウドに

    環境の選択

  • 事前構成されたWebLogic Serverソフトウェア。11gまたは12cバージョンはお選びいただけます。
  • セルフサービス、クイックプロビジョニング

  • 数分以内にアプリケーションの運用環境を作成できます。環境には、最適化されたデータベース、IDが事前構成されています。
  • ツール

  • 管理、および即時の価値を提供するセキュリティ構成。
  • クローニング

  • お気に入りのIDE(Oracle JDeveloper、Eclipse、NetBeans)を使用して、アプリケーションを開発し、クラウドインスタンスに導入します。WebLogic管理コンソール、WebLogic Scripting Tool(WLST)、Enterprise Manager Fusion Middleware Controlなどの高度なツールを使用して、インスタンスを管理および監視します。
  • AppToCloud

  • ライブサービス・インスタンスのワンクリッククローニングにより、最適なほぼ同一の環境のアプリ開発とテストを数分で作成できます。
  • 従量制料金

  • Java EEアプリケーションのテスト環境をオンプレミスからOracle Cloudに迅速かつシームレスに移行します。
  • 統合

  • 使用した分だけのお支払です。この柔軟性あるセルフプロビジョニングモデルは、ニーズに応じてオンデマンドで環境を迅速にスケーリングできることを意味します。

詳細を見る