該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

プラットフォームおよびインフラストラクチャ・サービスのデータ・リージョン

デフォルト・データ・リージョン選択のガイドライン

  • Oracle Cloudサービスが使用可能な場所を調べるには、下の表を参照してください。
  • 目的のサービスを提供するデータ・リージョンのリストから、Oracle Cloudユーザーにもっとも近いリージョンを選択してください。
  • このページの一番下にある備考に目を通して、お客様の国にデータ・リージョン選択時の制限や追加のガイドラインがないかどうか確認してください。
  • 無償のOracle Cloudプロモーションは北米とEMEAのデータ・リージョンでのみ使用可能です。

Oracle Java Cloud Service

あらゆるJavaアプリケーションを簡単、迅速、俊敏に展開できます。パブリック・クラウドでアプリケーションを完全に制御できること、また、その柔軟性を体感してください。

セルフサービスでプロビジョニング

クイック

Oracle WebLogic ServerとクラウドのOracle Coherenceの複雑な多層環境も、迅速にセルフサービスでプロビジョニング。

エンタープライズ・グレード

エンタープライズ・グレード

エンタープライズ・クラスのセキュリティ、高可用性、ビジネスクリティカルなアプリケーションのパフォーマンス。

標準ベース

標準ベース

オープン標準に基づいているので、Java EEアプリケーションのデプロイと管理も簡単です。

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

新しい、クラウド・ネイティブのアプリケーションを迅速に構築

    クラウド・スタック

  • Oracle Cloud Stackを使用して、アプリケーション・スタックを単一の構成として定義します。クラウド・スタックには、IaaSおよびPaaSリソースを含めることができ、他のスタック・リソースへの依存性を持たせることもできます。
  • 継続的な統合とデリバリ

  • 組込みの継続的なビルドおよびデプロイメント・プラットフォームでプロジェクトおよびチームの完全な管理が可能になり、アジリティの高いチームが実現します。
  • 伸縮性

  • ノードまたはクラスタを内外のオンデマンドでスケーリングして、サービス・インスタンスの容量を変更します。あるいは、全体のポリシーに基づいて、またはCPUベースのルールに従って、自動スケーリングを定義します。
  • セキュリティ

  • エンタープライズ・グレードの柔軟なセキュリティは、サーバー・インスタンスに対して専用かつ分離した環境など、アプリケーションを実行しているインフラストラクチャに対応します。
  • High Availability

  • 動的なWebLogicクラスタが、可用性の高いIaaSに基づいて、複数のコンピュート・ノードをカバーします。
  • 管理アクセス

  • Webベースの管理コンソールを通じたWebLogic Serverへの完全な管理アクセスと、SSHを使用した仮想マシンへのアクセスが可能です。
  • 統合

  • Oracle Database Cloud Service、Oracle Developer Cloud Service、Oracle Messaging Cloud Service、Oracle Storage Cloud Serviceといった他のOracle Cloudサービスとシームレスに統合されます。

オンプレミス・アプリケーションをクラウドへ移行

    クローニング、AppToCloud

  • ワンクリックのインスタンス・クローニングと、オラクルのAppToCloudによってリフト・アンド・シフト機能が強化されるため、プリケーションはすぐにクラウドで稼働させられます。
  • クラウド・スタック

  • 既存の環境やサービスをテンプレートとして共有または再利用し、新しいスタックを収容できる容量を追加できます。
  • オンプレミスのアプリケーションを刷新

  • 組込みのCI/CD機能によって、既存のJava EEアプリケーションの開発プロセスを刷新します。
  • 環境の選択

  • WebLogic Serverの専用クラスタで、ニーズに合わせて11gまたは12c Standard Edition、Enterprise Edition、Suiteを選択できます。Oracle Traffic Directorを利用したソフトやベースのロード・バランサが付属しています。オプションとして、キャッシングやデータ・グリッドの必要に応じてOracle Coherenceも提供されます。
  • 管理アクセス

  • セルフサービス・ポータルが含まれているので、WebLogicドメイン、仮想マシンのストレージ、ネットワーク設定を、可視性の高いカスタマイズ可能な形で管理することができます。
  • 伸縮性

  • アプリケーション・クラスタを、クリック1つで、またはREST呼出し1つで、いつでもスケールアウト、スケールインできます。いつでも必要なときに、サービスの容量を増やせます。
  • High Availability

  • 現在オンプレミスで使用してるのと同じWebLogicのクラスタ化機能を、利用者に応じて自動的に構成されたOracle Cloudで利用できます。
  • 統合

  • Application Performance Monitoring Cloud Service、Log Analytics Cloud Service、Hybrid Cloud Managementといった他のOracle管理サービスとシームレスに統合されます。

開発およびテスト環境をクラウドに

    環境の選択

  • 11gまたは12Cの任意のバージョンで、事前構成されたWebLogic Serverソフトウェアを使用できます。
  • セルフサービスのクイック・プロビジョニング

  • アプリケーション用の本番対応環境を数分単位で作成できます。環境は、最適化されたデータベースとアイデンティティで事前構成されています。
  • ツール

  • 管理とセキュリティ構成で、ただちに価値を発揮します。
  • クローニング

  • 任意のIDE(Oracle JDeveloper、Eclipse、NetBeans)を使用して、アプリケーションを開発し、クラウド・インスタンスにデプロイできます。WebLogic Admin Console、WebLogic Scripting Tool(WLST)、Enterprise Manager Fusion Middleware Controlなどの高度なツールを使用して、インスタンスを管理および監視します。
  • AppToCloud

  • ライブ・サービス・インスタンスのワンクリック・クローニングで、ほぼ同一の環境を作成でき、数分単位でアプリケーション開発およびテストに対応します。
  • Pay As You Go

  • Java EEアプリケーションのテスト環境を、オンプレミスからOracle Cloudへ迅速かつシームレスに移動します。
  • 統合

  • 支払うのは使用した分だけ。柔軟なセルフプロビジョニング・モデルなので、ニーズに応じてオンデマンドで環境を迅速にスケールできます。