Oracle ID Graph

Oracle ID Graphを搭載

 

統合された消費者ビューで可能なこと

顧客やターゲット・オーディエンスとのコミュニケーションがかつてなかいほど難しくなっているのは何故でしょうか。消費者は複数のモバイル・デバイス、パソコン、ブラウザ、アプリにわたる多数のデジタルIDを持ちます。さらに悪いことに、分離した異なるデバイスからのデータは多くの場合サイロ化しています。そして、マーケティング担当者は、人とではなくデバイスと話すことに結局は費用をかけることになります。Oracle ID Graph™は、アクティブで多様な異種データソースを個別の消費者または世帯の単一のビューに統合することで、この問題を解決します。これは、オラクルのオーディエンスおよび測定製品のすべてを強化する基盤テクノロジーであり、Oracle Data Cloudの50億超のグローバル消費者ID、1億1500万の米国の世帯、3兆ドルの実際の個人消費、および1,500のデータ・パートナすべてによって支えられています。Oracle ID Graphを使用すると、以前は不可能だった、一定水準以上のメッセージの関連性、パーソナライゼーションおよびキャンペーンの測定が可能になります。

真にコネクトされたエクスペリエンスの提供

Oracle ID Graphは、アクティブなcookie、モバイルID、ログインおよび登録ベースのID、電子メール・アドレスおよび住所を結び付け、90パーセントを超える米国の世帯にリーチします。Oracle ID Graphは、サイロを取り除くことで、すべての顧客インタラクションに対して、調査し働きかけ、パーソナライズできるオーディエンスを構築できます。次のような可能性を想像してみてください。

  • すべてのタッチポイントで個人消費者にリーチ
  • 関連性があり魅力的でコネクトされたエクスペリエンスをすべてのデバイスとチャネルで提供
  • 適切な個人にのみターゲティングすることで、無駄な支出を削減
  • 有効なIDを活用してデータの鮮度と精度を確保
  • デバイスではなく顧客とのインタラクションを追跡することにより、メディア露出、エンゲージメントおよび売上げを正確に測定

大きな規模で個人を識別し、関係性を深める

このバックボーン・テクノロジーによってすべてのOracle Data Cloudソリューションが強化されており、拡大を続ける最大、最速の消費者プラットフォームを含む200を超えるメディアおよびマーケティング・プラットフォームを通じて、個人消費者のIDをデバイス間(デスクトップとモバイル)およびチャネル間(オフラインとオンライン)でシームレスにアクティブ化できます。Oracle ID Graphは、すべてのIDタイプにわたり、最高の可用性カバレッジを提供します。

  • リアルタイムで更新されるプロファイル・データを含む50億超のcookie
  • 大規模な登録ベースのプラットフォームとマッチングされる独自のオフラインPII(個人情報)
  • 検証済の請求および出荷データを使用してMAIDマッチングされるcookieおよび世帯
  • 1,500社を超えるインターネット上に存在しない、従来型の小売企業のトランザクション・データを使用して、米国の1億1,500万世帯とマッチングされる名前および住所
  • 毎月収集されるペタバイト超の匿名デバイス・アクティビティ・データに基づく、確定的アイデンティティ・マッチング
  • 独自のアルゴリズムに基づいて動的に変化する関連性の継続的な検証およびスコア付け

始めよう