Oracle Marketing Cloud - Oracle Eloqua

cx
マーケティング・オートメーション
Oracle Eloqua

リード獲得から顧客化までのナーチャリングフローを自動化。
確度が高くなった見込み客をタイムリーに営業につなげ、
勝率を飛躍的に高めます。

Oracle Eloquaは、顧客の興味・関心や購買プロセスのステージを分析し、キャンペーンの自動化を実現します

Oracle Eloquaは、見込み客の属性やデジタル・ボディ・ランゲージ、興味・関心などのデータを活かし、パーソナライズされたカスタマー・エクスペリエンスを実現します。さらに、リード・スコアリングにより購入意向を可視化し、確度が高くなった見込み客をタイムリーに営業につなげることで、勝率を飛躍的に高めます。

Oracle Eloquaは、直感的で使いやすいUIと、パワフルで実用的な機能を豊富に備えています

ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)に特化した機能も備え、多くの企業が成果を実感しています。

 

なぜ、マーケティング・オートメーションが注目されるのか

デマンド・ジェネレーションとリード・マネージメントを効果的に実施するためには、個々の見込み客に最適化したコミュニケーションを行う必要があります。また、既存顧客と見込み客の属性、購入検討ステージ、行動データをそれぞれ把握し、最適なメッセージを最適なタイミングで届けることが重要です。マーケティング・オートメーションの活用は、マーケティング目標を達成するための近道となります。

 

見込み客の意思決定プロセスに寄り添ったコミュニケーション

企業の購買担当者は、オンライン・メディアや企業からのEメール、企業サイト、ソーシャル・メディアなどから多様な情報を入手し、購入に向けて検討を進めます。営業と商談を行うころには必要な情報収集を終えて、選定直前まで来ている可能性も否定できません。だからこそ、早期に顧客の意思決定プロセスに関わり、購入検討ステージごとに顧客が本当に求めている情報を提供することが重要なのです。

 

顧客のデジタル・ボディ・ランゲージを読み取る

購買担当者の意向や意思を示すに等しいアクション(デジタル・ボディ・ランゲージ)を読み取り、求めている情報をタイムリーに提供することが重要です。顧客の購入意向を適切に判断し、勝率を上げることがゴールではあると同時に、最適なカスタマー・エクスペリエンスを提供することが、顧客満足度を高め、長期的に良い関係を築く基礎となります。

導入事例

日本電気株式会社様

メールCTRを約7倍、PDCAのリードタイムを1/2に改善した、最新のマーケティング・オートメーション導入事例です。


お問い合わせ 

お電話は以下の番号からお問い合わせください。
☎ 0120-112-453