データが多すぎてどう活用したらよいか分からないときは

Red Group社のCFOがデータからより多くの価値を引き出すために役立つ、3つの非常に重要なヒントを教えてくれます。

CFOはデータ処理にも責任を持つ必要があります。

データによるイノベーション - 安全に

クロスボーダー・バンキングを加速させるOracle Blockchain
クラウド・テクノロジーを活用するための新しいアプローチを作り出す

Access Power社は、アジャイル・クラウド・テクノロジーを活用し、実践的で実用的な低コストのアプローチを作り出すことに成功しています。

イノベーション:グローバル・レポート・カード
調査:データが保護されていないか、正しく利用されていない

調査レポート:データが安全であるという自信がある財務リーダーはわずか43%にすぎず、有用なインサイトを得ている財務リーダーはもっと少なくなります。

How to Meet Your Top Data Priority
Tomorrow Talk:データの最優先事項を満たす

正確なデータから効果的なインサイトを迅速に導き出せるよう、IDC社とオラクルが新しいツールとスキルの必要性を話し合います。

複雑な財務データを追跡する

Certified Originsは、Oracle Cloudでブロックチェーンを使用して製品の全工程を追跡することで、エキストラ・バージン・オイルが100%イタリア産であることを証明しています。財務リーダーは、同じ技術を使用して重要なトランザクションとデータ資産を記録できます。

災害時でも安全でなければならないデータ資産

NIEDは、Oracle Cloudで自然災害調査データを安全に保管しています。洪水、暴風雨、地震、津波が発生した場合でも、データにアクセスできるため、緊急救援隊員は迅速かつ機敏に行動することができます。財務リーダーも同様にしてデータを保護できるため、漏洩などのリスクからデータを守ることができます。

Modern Cloud Day Tokyo: 2019年8月6日(火)・7日(水)

顧客事例(英語)

Sandhar Technologies Streamlines Procurement Processes

Sandhar Technologies、Oracle Cloud により調達プロセスを合理化

 

Sandhar Technologies

We centralised our procurement processes across multiple locations for better efficiency and control with Oracle Supplier Qualification Management Cloud Service, which also helped us reduce the average supplier onboarding time. We chose KPMG as our partner and implemented the solution in just 8 weeks.
Cloud ERP helps growing companies

クラウドERPが成長企業の競争力維持に貢献

 

RCD Espanyol CFO

"When implementing an ERP system, explore all the functionality it offers and then choose only what you need now."

  —RCD Espanyol CFO、Joan Fitó氏

CIMA Access

CIMA、Oracle ERP Cloud により世界クラスのツールにアクセス

 

CIMA

CIMAのビジネスでは、新たなチャンスを活かす迅速なアクションが求められています。Oracle ERP Cloud は変化するビジネス・ニーズに対応できる敏捷性を提供します。

Orange Increases Productivity with Oracle ERP Cloud

Orange、Oracle ERP Cloud により生産性を向上

 

Orange

Orange (旧France Telecom)のGroup Chief Accounting OfficerであるChristophe Eouzan氏が、Oracle ERP Cloud が提供する最高のツールと従業員の生産性および満足度の向上について語ります。

財務・会計の未来(英語)

データ、倫理、そして財務担当者
データ倫理のリーダーとしての財務担当者の新しい役割

ずさんなデータ使用が深刻なビジネス・リスクになる中で、財務担当者が率先してビジネス全体でベスト・プラクティスを推進すべき理由をご覧ください。

データ、RACI、そしてCFO
データ、コンプライアンス、財務担当者のデータに対する新しい考え方

データ・コンプライアンスでは、CFOはRACI(実行責任者、説明責任者、協業先、報告先)のすべてをこなせる必要があります。準備はできていますか?

フェイク・データなし
先行きが不透明な時代に、データが機会を生み出す

CFOはクラウドとAIを使うことで、異種のデータ・セットを統合し、洞察を深めた的確な意思決定を行えます。その方法をご覧ください。

データ・セキュリティ
財務担当者がデータ管理に適任な理由

財務担当者こそが組織データのサイロ化解消に適任です。このブログでは、データのセキュリティを確保すべき担当者についてご説明します。

CFOとコンティンジェンシー
財務担当者がサイバーセキュリティ問題に備えるべき理由

データ漏洩は技術的な失敗よりも発生頻度の高い問題です。攻撃に備えるのに役立つ3つのヒントをお読みください。

貴社のデータの信頼性
複雑なメトリックに取り組む財務担当者

財務以外の指標が増える中、財務チームはこれらの指標に確信を持ち、裏付けるデータを持つ必要があります。その方法をご覧ください。

 

Oracle ERP Cloudを使うべき理由

今日の常に変化するビジネス環境では、ビジネス・パフォーマンスを向上させ、組織全体でオペレーショナル・エクセレンスを推進するのに役立つ、企業資源計画(ERP)ソリューションが必要です。適切なERPソリューションを使用すれば、低価値の手作業を自動化でき、ビジネスを前進させる戦略的な取り組みに集中できます。それに加えて、予測的インサイトを得て意思決定とパフォーマンス管理を向上させるために、リアルタイム・データを活用する必要がある今、ERPソリューションが必要なのです。

スケーラブルで包括的なERPソリューションで意思決定を合理化

企業は、経理、財務計画および分析、収益認識、ガバナンス、リスク管理、コンプライアンス、調達、プロジェクト、決算処理、レポート作成などを管理するために、ERPソリューションに頼っています。ERPをクラウドに移行することで、スピードやスケーラビリティが向上し、新しいテクノロジーや最新のアプリケーションを導入できるようになります。そして、そこから得られる有意義なインサイトを活用して、意思決定の迅速化やビジネスの将来の方針決定に役立てることができます。

Oracle ERP Cloudは、単なるクラウドERPシステムではありません。人工知能(AI)や機械学習などの新しいテクノロジーを搭載する、包括的に統合された製品群です。Global Industry Analystsは、オラクルを2年連続で、クラウドベースの財務向け製品群の分野をリードする会社として位置付けています。オラクルは、今後も変わらず未来のためのビジネス・インサイトを提供します。Oracle ERP Cloudの製品群は、AIや機械学習、enterprise performance managementを活用しており、自動化の推進やより効果的で正確な成果測定に役立ちます。

機敏な財務モデルでオペレーショナル・エクセレンスを推進

適切なERPクラウド・ソリューションを使用することによって得られる財務上のメリットは、決算、レポートの発行、各種規格への適合化などのプロセスをより早く、より良く、より低コストで完了できることです。断片化された従来のERPシステムから移行して、内部プロセスに関する悩みの種を解消しましょう。Oracle ERP Cloudを使用すると、財務リーダーは、レガシー・システムを統合してカスタマイズの必要性を削減または排除できます。また、クラウドベースのAIおよび機械学習テクノロジーを利用して、より機敏なファイナンス運用モデルを新しく構築できます。

Oracle ERP Cloudを使用することでコストを削減でき、サービスの質を高められます。こちらの数字をご覧ください。(Oracle ERP Cloudを採用した企業に関するオラクルの価値実現レポート

  • 拡張決算処理の速度と正確性が向上し、決算プロセスが平均50%改善
  • 請求書から受領書へのプロセスを合理化し、売上債権回転期間が30%短縮、健全なキャッシュフローが実現
  • 組織全体の情報を可視化し双方向化することで、請求書の受け取りおよびサプライヤへ支払うまでの期間が短くなり、仕入債務回転日数が短縮、支払勘定が55%改善

モダナイズして統合されたビジネス・インサイトと効率性を得る

財務部門は、オペレーショナル・エクセレンスを推進するうえで、ますます戦略的な役割を担っています。ビジネスをサポートするという従来の役割を果たすだけでなく、決算処理を迅速化し、コンプライアンス、セキュリティ、データ保護、データ・プライバシーを向上させる新しい役割が求められています。Oracle ERP Cloudを使用すると、企業全体でアクセスできる情報が増え、分析の正確性が向上します。また、リアルタイムのレポート作成が可能で、エンドツーエンドの財務管理プロセスがさらに向上しています。

Oracle ERP Cloudを使用した企業に関する価値実現レポートでは、以下の利点が示されています。

  • レポート作成の生産性が平均51%向上。日常的な財務活動に費やされる労働時間を削減し、支出分析、サプライヤ開発、調達、契約交渉、供給の最適化などの戦略的活動に当てることが可能に
  • 一貫した報告環境を提供。革新的なセルフサービス・レポート作成ツールにより、プロセスの非効率性の削減、分析の活用、状況に応じたレポート作成が可能
  • コストが削減。新たなビジネス・インサイトおよびビジネス機会を創出。AIおよび機械学習機能を使用した、リアルタイム・データ分析とWhat-ifシナリオの実行が可能

戦略的ビジネス・パートナーになる

今日のCEOは、財務リーダーが戦略的アドバイザーになることを期待しています。次の大きな機会の発見や新しいビジネス・モデルの考案、新市場の開拓、新製品の収益性評価に関して、CEOに助言を与えてサポートすることが財務リーダーには求められています。AIや機械学習などのテクノロジーを財務アプリケーションに統合することで、財務リーダーはOracle ERP Cloudから優れたビジネス・インサイトを得られ、組織が必要とする戦略的ビジネス・パートナーになることができます。

グローバル対応ソリューションであるOracle ERP Cloudでは複数の言語がサポートされており、現地の規制にビジネスを適合させることができます。そして、成長に合わせてビジネスを拡大するために必要なツールが揃っています。最新の包括的なクラウドベースのERPシステムにより日常的なタスクが自動化されるので、財務チームは、深いインサイトと優れたインテリジェンスを生む高度な分析に能力を発揮できます。リアルタイム・データを得ることで、よりデータに基づいた重要な意思決定を行えるようになり、ビジネスに付加価値を与え、今日の止まることのないデジタル経済に適応することができます。

特集

ERP製品

  • 財務

      Oracle Financials Cloudでは、組織の財務管理プロセスをエンドツーエンドで自動化および合理化するように設計された包括的で統合された製品群が提供されています。

    • 財務製品をすべて見る
  • 調達

      Oracle Procurement Cloudは、調達インフラストラクチャの合理化およびモダナイゼーション実現します。組織は、自動化とソーシャル・コラボレーションの組み合わせによって、スピードを向上させ、調達から支払いまでのプロセスでより高い利益を達成することができます。

    • 調達製品をすべて見る
  • プロジェクト・ポートフォリオ管理

      Oracle Project Portfolio Management Cloudは、プロジェクト・ポートフォリオを最適化し、需要とキャパシティのバランスを取り、計画とリソースをプロジェクトの実行にリンクさせることができる統合された製品群です。組織は、効率的でスマートな意思決定プロセスを通じて、戦略的なビジョンを実現できます。

    • プロジェクト・ポートフォリオ管理製品をすべて見る
  • リスク管理

      Oracle Risk Managementでは、統合されたERPクラウド・プラットフォームから、アクセスの管理、社内統制の自動化、プロセスのモニタリング、コンプライアンスの徹底などができます。

    • リスク管理製品をすべて見る
  • エンタープライズ・パフォーマンス管理

      Oracle Enterprise Performance Management Cloudは、現在の競争の激しいビジネス環境において、市場で最も包括的なソリューションです。このソリューションでは、財務およびさまざまな事業分野にわたる正確で機敏な計画を策定し、収益性とコスト管理を分析し、ファイナンシャル・クローズを加速させることができます。

    • エンタープライズ・パフォーマンス管理製品をすべて見る
ERP製品

イノベーション推進におけるCFOの役割—未来に向けた取り組みを今日から始める

今日の世界では、企業には選択肢があります。イノベーションを起こすか、イノベーションを起こす他社に顧客を奪われるかです。このように競争が激しく常に動いている環境では、CFOは組織の将来を定義する上で極めて重要な役割を果たします。

確認する

ERPソリューション

業種別

業種を選択してください
業種別ERP

業種別ERPソリューション

固有の要件に合わせてカスタマイズされた業種別ERPソリューションをご活用ください。

課題別

課題別
課題別ERP

課題を選択してください

ファイナンシャル・クローズをスピードアップする必要がありますか?調達のモダナイゼーションが必要ですか?トランザクションの処理時間を短縮し、実用的なデータの配信に時間をかける必要がありますか?チームがどのような課題に直面しているとしても、Oracle Cloudアプリケーションは、未来の財務機能を構築するのに役立ちます。

展開方法別

展開方法を選択してください
ERP展開オプション

展開オプション

Oracle Cloudから今すぐに恩恵を受ける方法

単一のビジネス・プロセスを変革しますか?財務機能を最適化したいですか?それとも、デジタル・ビジネスの恩恵をすべて受けたいですか?オラクルならそれらの実現を支援できます。

ご存じでしたか?3.2倍

クラウド展開は、オンプレミス展開に比べて3.2倍のROIを実現します。

出典:Nucleus社の調査レポート「クラウドが3.2倍のROIを達成」(2018年、PDF)

クラウド展開は、オンプレミス展開に比べて3.2倍のROIを実現

ERPラーニング・ライブラリ

競合他社とOracle ERP Cloudを比較する
Oracle ERP CloudをWorkdayおよびSAPと比較する

Oracle ERPがどのように優れているかをご覧ください。

最新のERPへの完全ガイド
最新のERPへの完全ガイド

ERPソフトウェアは、多くの組織のバックボーンです。

クラウドERPに移行しますか?最初に尋ねるべき5つの重要な質問
クラウドERPに移行しますか?

クラウドベースのERPアプリケーションを選択する前に、これら5つの重要な質問を尋ねましたか?

ERPリソースをもっと見る