Oracle ERP Cloud

レガシーを捨て
新しい経営システムへ
Oracle ERP Cloud

ライバル会社のIT予算を聞いて驚いた。

「ERPのバージョンアップに多大なコストがかかる」「自社開発の基幹システムを、海外拠点で使うための改修コストが大きすぎる」――ITコストの削減は企業にとって重要なテーマのひとつですが、「やりたいことを実現できないシステム」では意味がありません。あなたのライバルは、クラウドERPでコスト削減を達成しながら、ビジネス戦略でも一歩先を行っているかもしれません。

 


>>クラウドERPへ移行し、目に見えるコスト削減を実現!

 


 


>>未来に対応する経営システムを、コストを削減しながら実現!

 

 

時代遅れのシステムを捨て、最新機能を低コストで使えるクラウドERPに移行しませんか。

ポイント①:Oracle ERP Cloudなら、アドオンだらけのレガシーERPを棚卸しできる

日本企業の半数以上が10年以上同じシステムを続けていると言われています。長年にわたり使い続けられてきたERPシステムは、多くの改修や機能追加を経て複雑化・高コスト化しているケースがほとんどです。いま、こうした企業がOracle ERP Cloudを選び、アドオンプログラムを一掃して大幅なコスト削減を達成。さらに、その豊富な機能を活かして非効率な業務プロセスを見直し、ビジネスのスピード化・見える化を実現しています。またOracle ERP Cloudは、企業の成長に合わせて必要な分だけライセンスを購入すればよいため、ムダがありません。ITコストを費用化して、中長期のIT投資計画を容易に見通せるメリットももたらします。

ポイント②:Oracle ERP Cloudなら、コストを抑えながら最新機能を活用できる

独自開発の基幹システムが、その企業の強みを発揮させてきた時代がありました。しかし、デジタル化・グローバル化が急速に進展する現在においては、独自システムが成長の足かせになるケースが増えています。こうした状況を打開する新たな成長の基盤として、Oracle ERP Cloudが選ばれています。Oracle ERP Cloudは多様なビジネス要求に応える最新機能を標準で備え、幅広い言語・法制度、業種・業態を網羅。「欲しかった機能が即座に使える」「ビジネス成長に合わせて柔軟に拡張できる」など、最小のコストで最大のメリットを手に入れることができます。

ポイント③:
事実、あの会社はもう始めている

Oracle ERP Cloudでスマートな「コスト削減」を達成した事例を紹介します。

①General Electric(GE)社

GEはOracle ERP Cloudを採用し、会計業務の近代化と迅速化、 ITコストの削減を推進。導入にかかる期間とコストを、オンプレミスERPの50%に削減することに成功しました。また、稼働させてきたソフトウェアの70%を今後5年間にクラウドに移行することで、さらにITコストを削減し、コアコンピタンスに注力して収益を向上させることを目指しています。Oracle ERP CloudはTCOを削減するとともに、成長のためのプラットフォームとしての役割も担っていきます。

②Qualcomm社

ワイヤレステクノロジーを提供するQualcommは、世界11カ国に展開する事業部門にOracle ERP Cloudを採用し、オンプレミス導入比で100万ドル以上のコスト削減と大幅な導入期間の短縮を実現しました。サイロ化していたシステムを8ヶ月でクラウドに移行するとともに、会計、購買、PLM、収益管理など複数の業務プロセスをグローバルに統合。会計報告や収益管理の迅速化だけでなく、イノベーションを加速させる新しいアイデア管理を実現しています。 


あなたの実務に役立つ情報を満載!
選りすぐりのホワイトペーパーをプレゼント中!


  • クラウドERP評価「7つの視点」
    (全16ページ)


    ホワイトペーパー:古いシステムを使い続けるリスクと、最新のクラウドERPを採用するメリットとは!?クラウドERPが備える7つの特長から紐解きます。


  • 会計・財務部門の変革へ!
    (全9ページ)


    ホワイトペーパー:今こそ、高パフォーマンスを発揮する会計・財務部門への変革にチャレンジすべき時です!最新のテクノロジーがそれを可能にします。


  • 5分で理解する調達変革!
    (全9ページ)


    ホワイトペーパー:調達コストの削減と取引リスクの低減は、企業の利益に直結する重要な課題です。最新のテクノロジーが実現する調達業務の自動化を紹介します。