Oracle Project Contract Billing Cloud

柔軟で迅速な契約請求処理

契約管理ベースの柔軟なプロジェクト請求管理で迅速に請求処理。プロジェクトの計画および実行とは別に動作します。収益認識と請求書生成まで含め、契約条件、料金、納期を包括的に管理できます。

  • Project Contract Billing Cloud screen shot 1

    契約およびプロジェクト別の分析と傾向把握を行える収益の作業領域で、アクティビティの請求処理を顧客の要件に合わせ、タイムリーな収益生成を実現。

  • Project Contract Billing Cloud screen shot 2

    請求書の作業領域では、仮請求書でプロジェクト管理者が契約要件に沿った適切な請求処理を検証できる。

  • Project Contract Billing Cloud screen shot 3

    プロジェクト契約の財務サマリーでは、プロジェクト管理者が支出とタスクの財務状況をリアルタイムで分析し、請求書と認識後の収益を比較できる。



収益の認識

Oracle Project Contract Billing Cloudでは、プロジェクト情報を元にした資金の額にとらわれることなくプロジェクトの請求管理を遂行できるので、契約管理が効率的になり、請求処理が迅速になります。

  • プロジェクトの計画や実行、コスト、収益とは独立してプロジェクトの請求システムを活用
  • プロセスの請求要件を契約管理と整合させ、契約の履行を保証
  • 任意のプロジェクトとタスクのプロジェクト請求管理を任意の明細に関連づけ
  • 好みのプロジェクト請求処理を利用して、独立で作業を計画し実行

確実な契約履行

契約履行の管理を強化します。顧客の条件を遵守するとともに、独立したプロジェクト請求構造を確立できます。

  • 事前構築済のテンプレートによって、顧客との間で契約書作成を迅速化
  • プロジェクト請求書の作成時に、プロジェクトの契約の上限と消化状況を明示
  • 計上されたコストの額とは関係なく、プロジェクト請求管理の収益を認識
  • 契約書の有効期限を現在以降に、または過去にさかのぼって修正・更新

ERPを使い始める