Oracle Financials Cloud—Financials

Accounting Done Your Way

柔軟性に優れた会計処理

Oracle Financials Cloud

21世紀型の会計処理で成長力を強化

Oracle Financials Cloudは、財務チームの生産性を加速させ、ビジネスマネジャーの業務プロセスを効率化するとともに、ユーザーがロールベースの情報にオンデマンドでアクセスできる環境を提供します。

  • Financials Cloud

    Oracle Financials Cloudでは、プライマリ元帳とセカンダリ元帳を階層化して表示できます。各元帳には、補助元帳のステータスが表示されます。

  • Financials Cloud

    独自のレポートを作成して、財務データを強調表示したり、傾向を特定したりすることができます。

  • Financials Cloud

    財務取引や財務プロセスをリアルタイムに確認でき、潜在的リスクに関するアラートも表示できます。

  • Financials Cloud

    強調表示された領域には、注意が必要な取引(保留中の入金バッチ、ロックボックス例外、未消込の入金、未消込のクレジット・メモ)が表示されます。

  • Financials Cloud

    請求書とサプライヤー請求書イメージの両方を同じ画面に表示できます。


グローバルな成長力の強化

この財務クラウド・ソリューションは、財務データの正確性と安全性を確保することで、新しい市場や地域へ業務展開を支援します。

  • 複数の元帳、通貨、エンティティ、および会計基準をサポートして、新規市場への業務拡張を促進できます
  • プライマリ元帳とセカンダリ元帳を使用して、複数の会計処理基準(US GAAP、IFRS)を導入できます
  • プロセスを自動化して、会社間処理、税処理、および支払処理の複雑さを解消できます
  • データの誤りや不整合を減らし、共有の参照データに柔軟性を持たせることができます
  • 国別のローカリゼーション機能を使用して、地域の規制要件や報告要件に準拠することができます

一般会計とレポート機能

Oracle Financials Cloudでは、組織のレポート要件に対応しながら、会計ポリシーを管理・施行することができます。

  • レポートを柔軟に生成できるうえ、設定可能な会計機能によってガバナンスを強化できます
  • 勘定体系ごとに30の設定可能なセグメントがあり、記録やレポートを柔軟に管理できます
  • 複数の決算セグメントを使用して、未決算仕訳の処理を簡素化できます
  • リアルタイムの情報にセルフサービスでモバイル・アクセスできるので、レポートの信頼性が向上します
  • 複数のレポート通貨や一般会計の残高繰越を使用して、世界各地の子会社の会計処理を統合できます

直感的な対話型のインサイト機能

重要な財務情報を検索し、インサイトをひと目で確認できます。また、データをドリルダウンしてさらに詳しく分析することもできます。

  • 対話型のインフォレットを使用して、財務上の例外をチェックできます
  • 組込みのOracle EssbaseとOracle Hyperion Smart View for Officeを使用して、勘定残高を様々なディメンションから分析できます
  • 勘定残高が所定のしきい値を超えた場合には、例外アラートを受信できます
  • リアルタイムの情報を使用して、データ主導型の意思決定を促進できます

ベストプラクティス

自社のビジネスに最適化されたソリューションを使用して、財務処理を簡素化し、取引処理を迅速化できます。

  • 直感的なダッシュボードとClose Monitorを使用して、期間決算のスピードと正確性を改善できます
  • 例外を自動的に検出できるので、買掛金と売掛金を一般会計に消し込む作業が簡素化されます
  • SmartReceiptsを使用して、入金の消込を自動化し、例外を管理できます
  • 資金管理のポジショニング機能と予測機能を使用して、資金の流動性と要件を管理できます
  • Budgetary Control and Encumbrance Accountingを使用して支出を管理できます

最新のデジタル・プロセス

モバイル、ソーシャル、および光テクノロジーをネイティブ・サポートしたデジタル・テクノロジーによって、ビジネスプロセスを刷新できます

  • 請求書イメージ、光学文字認識(OCR)、およびインテリジェント文書認識を使用して、買掛処理のミスをなくすことができます
  • モバイル・ソリューションによって手動の経費入力が不要になり、経費をどこからでも承認できるようになります
  • モバイル機能を使用して、外出先から経費をすばやく入力できます
  • 取引とレポートのコラボレーション機能によって、アカウンタビリティと生産性を強化できます
  • タブレット用に最適化されたレポーティング・センターを使用して、財務データにいつでもどこからでもアクセスできます


始めよう