新しいテクノロジーで、HRのインサイトを強化

人事部門は、人工知能や機械学習などのテクノロジーを採用することで、スキル・パイプラインを効果的に管理し、組織を進化させるのに最適な候補者を見つけることができます。

人事データの信頼性を再確認しよう

 

データ管理に対する自信

管理しなければならないデータの量に自信を持っている人事リーダーは27~43%、データのセキュリティに自信を持っている人事リーダーはわずか35%にすぎません。人事制度を改善するためのインサイトを得る上で、データの活用方法は重要です。

 

組織全体を改善するためのインサイトの抽出

AIや機械学習により大量のデータを分析するプロセスが簡単になったにもかかわらず、インサイトを抽出する能力に大いに自信があるHRリーダーはわずか32%にすぎません。

 

データ管理に対する組織全体での責任の負担

人事部門は、責任の大部分をIT部門と財務部門に任せています。責任を負っていると考える人事意思決定者はわずか35%にすぎません。すべての部門がデータに対して責任を負う必要があります。

 

人事部門を進化させるデータの優先課題

人事部門は、セキュリティ管理の強化を優先し、影響範囲に基づいたロールベースのアクセスを可能にする必要があります。データ・セキュリティは、すべての部門で最優先される必要があります。

エネルギーの未来

発展途上国向けの手頃な価格のエネルギー

発展途上国向けの手頃な価格のエネルギー

Access Power社は、クラウド対応ソリューションを使用して、開発途上国向けに再生可能エネルギーの利用を推進しています。

よく知ることでデータへの信頼を築く

よく知ることでデータへの信頼を築く

豊富な従業員データを保有している組織は、従業員からの信頼を維持し高めるために、避けるべき落とし穴を理解する必要があります。

企業を信頼してデータを預ける

企業を信頼してデータを預ける

今回のTomorrow Talkでは、なぜCHROがデータ漏洩を防止するために従業員からの信頼を高め獲得する必要があるのかを説明します。

データ・セキュリティにおける人事部門の責任レベル

データ・セキュリティにおける人事部門の責任レベル

データの取り扱いについて言えば、従業員が倫理を最優先にするように人事部門が倫理基準を示す必要があります。

クラウドでの人事データについて説明します。