該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

データからインサイトを得るために必要な人事部門の能力

データから意味のあるインサイトを抽出する能力に大いに自信があるCHROはわずか32%にすぎません。今回のTomorrow Talkでは、オラクルのAlexandria Doneth-DoddsとIDC社のSandra Ng氏が出演し、このことが組織に与える影響について説明します。

データからの有効なインサイト

 

データとデジタルを人材獲得プロセスの中核に据えることが必須

人事部門が組織の市場競争力を本当に加速させたいのであれば、デジタル・ネイティブの考え方で採用候補者が体験するすべてのステップを検証する必要があります。

 

従業員データからの人事に関するインサイトとの信頼の構築

人事部門は従業員から膨大な量のインサイトを生み出していますが、信頼性を理由にそれらのデータを効果的な方法で適切に活用できないでいます。

 

データによる未来のワークフォースの構築

人事部門は、繰り返しの作業を自動化することで、今すぐにでも、未来の優秀な人材を引き付けるために必要なジャーニーをパーソナライズすることに集中できます。

 

革新的なテクノロジーを実装するために必要なトレーニング

人事部門は、AIのような新しいテクノロジーを利用することで、真の意味でデジタル化することができます。新しいデータ・ソースを取り入れ、リスクを認識することで、組織は繁栄することができます。

注目のスピーカー

Sandra NG

Sandra NG

IDC社、グループ副社長

Alex Doneth-Dodds

Alex Doneth-Dodds

オラクル、プログラム主任

従業員データ・インサイトから学ぶ

企業を信頼して従業員データを預けることができますか?

企業を信頼して従業員データを預けることができますか?

他の部門よりも人事部門は従業員データを保護する責任感が弱いという状況で、私たちは誰を信頼できるでしょうか?

人事リーダーにデータ管理戦略が必要な理由

人事リーダーにデータ管理戦略が必要な理由

データ管理戦略を導入している人事リーダーがわずか40%にすぎない時代に、組織にとってこれが何を意味するのかを理解できます。

機密データを正しく保護する

機密データを正しく保護する

優秀な人材を引き付けてとどめておきたい進歩的な組織は、機密性の高い従業員データをより適切に保護する必要があります。

Oracle Cloudを使用して、従業員を管理し、コストを削減しましょう。