Oracle Planning and Budgeting Cloud Service

株式会社ブックウォーカー

株式会社ブックウォーカー

「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」採用のポイント

株式会社ブックウォーカー株式会社ブックウォーカーは予算管理業務の効率化、属人的な管理からの脱却などのため、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用しました。その導入の目的、抱えていた課題、採用のポイント、今後の展開予定などをご紹介します。

導入目的
  1. 予算管理業務の品質向上及び効率化
  2. 分析やレポートの高度化
  3. 属人的な管理からの脱却

課題
  1. 誤った編集
    • 各部門ユーザがExcelの作業ファイルの誤った部分を更新
  2. Excelテンプレートの管理が大変
    • 独自に作成したテンプレートのため、属人的な仕組みになっている(担当者が不在になると誰も直せない)
    • 部署構成の変更、作成レポートの変更などに対して、変更対応工数が極端に多くなる(多数のExcelテンプレートの手作業修正)
    • ユーザ別に共有フォルダのアクセス権を管理するのが複雑
  3. トレース困難
    • 各部門ユーザがどこを修正したのかが、簡単にわからない
    • 報告期限時に最終的な修正が完了したのかがわからない
  4. 分析が困難
    • 非定型レポートやシミュレーションの内容によっては、手作業でExcelファイルを都度更新

用途/導入範囲

全社PL予算、予算/実績/予測管理


採用のポイント
  1. 予算実績管理業務分野における多数の導入事例、業務ノウハウが蓄積された各種提供機能への期待
  2. ExcelをUIとして使用できるシステムアーキテクチャ(既存業務でExcelを利用して、ユーザが慣れているため)
  3. クラウド側で殆どのシステム管理が行える利便性(Excel上での設定が最低限であることなど)

今後の予定
  1. 非財務情報の管理(本社費の配賦計算で使用する判定情報の入力、KPI情報の入力など)
  2. 各種シミュレーション機能のサポート範囲の拡張(分析軸の追加、「統計による時系列予測機能」の活用など。)

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

資料PDF

最新のセミナー情報