Oracle Planning and Budgeting Cloud Service

富士電機株式会社

富士電機株式会社

「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」採用のポイント

富士電機株式会社は、「グループ連結経営情報基盤の構築」プロジェクトにおいて、「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用しました。
その導入の目的、現状の課題、採用のポイント、今後の展開予定などをご紹介します。

導入目的

富士電機の売上・利益拡大に向けた「経営に資するITの変革」を実現する目的で、全社プロジェクト「IT Renovation」を開始。
経営/事業部ヒアリングを通して富士電機のIT課題を再整理した結果、管理会計を強化する「グループ連結経営情報基盤」を主要テーマとして選定した。本プロジェクトでの実現内容は下記の通り。

  1. グループ製造会社から富士電機、販売子会社まで一通貫の、製品・機種別/案件別の連結スルー粗利の見える化
  2. 営業損益の管理粒度の詳細化/過去比較の実現
  3. 多様な集計/分析の実現、および、負荷軽減

課題
  1. 管理会計情報の連結ベースでの把握と戦略的活用
    • 各事業部レベルでは、製品単位の分析や収益構造の分析を行っているが、
      情報が分散していて、製品・顧客・エリア等の多様な分析には膨大な労力が掛かる。
      →グループ経営管理情報の一元管理、及び多様な集計/分析の実現
  2. 管理に必要な粒度での情報把握
    • 原単位の情報粒度が粗く、事業の問題点把握に労力と時間を要す。
      また組織変更や事業分類の変更があると過去との比較が困難
      →情報粒度を事業変更の影響を受けない単位に再定義し、課題特定を迅速化

用途/導入範囲

富士電機グループの連結会社を対象とした、販売/生産/会計の明細情報を活用した、「スルー粗利分析」、および「期間損益分析」
 ⇒ 機種/案件別・顧客/地域別の売上/粗利管理、最小化された事業区分別の営業損益/棚卸資産管理 など


採用のポイント
  1. 適材適所のシステム機能配置の提案(明細用データベースとPBCSの組合せ)
  2. 豊富な導入事例による安心感
  3. 製品ノウハウやコンサルティングアセットの充実
  4. 多次元・多階層でデータを一元管理できるため、ユーザー側で自由な角度から分析ができる点
  5. 充実したパッケージ標準機能

今後の予定
  1. 本プロジェクトで実現する各種分析の機能要件明確化
  2. 連結各社から収集する経営情報の精度向上
  3. 組織階層別の経営管理レポートの整理・作成(PBCS/明細データベース)

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

資料PDF

最新のセミナー情報