Oracle Planning and Budgeting Cloud Service

日本メクトロン株式会社

日本メクトロン株式会社

「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」採用のポイント

日本メクトロン株式会社日本メクトロン株式会社は、グローバル競争の激化やIT・技術革新による市場の急激な変化に伴い、経営における迅速な意思決定・対応力が求められる中、経営管理に関する課題を解決すべく「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用しました。
その導入の目的、抱えていた課題、採用のポイント、効果、今後の展開予定などをご紹介します。

採用の背景/課題

1.非効率な作業・コラボレーション不足

  • ・販売計画・実績のフォーマットが統一されておらず集計ミスの可能性がある。
  • ・各拠点からの販売計画提出がメールベースの為、コミュニケーションミスにつながりやすい。
     また、ファイル容量も大きく、膨大なデータのやり取りが多発しており非効率。
  • ・ファイル間での転記を多数実施している為、転記ミスや計算ミスの可能性がある。


2.分析能力の脆弱性

  • ・多くの情報が個々のエクセルに分散しており、それらの加工・集計に時間がかかる。
  • ・集計ミスや計算ミス等も発生し、情報の確認に非常に時間を取られており、分析にかける時間を逼迫してしまっている。
  • ・多くの情報が個々のエクセルに分散しており、必要な情報がデータベース化されていない。


3.運用管理上の問題

  • ・計算式やマクロが属人化によりブラックボックス化している
  • ・ファイルが分散しているため、レポート改修時のメンテナンス負荷が高い
  • ・販売計画案やレポートの履歴管理が困難


導入目的
  1. 販売計画・実績データの一元管理と換算等の計算機能の自動化により、計画・実績データの収集・集計作業負荷を軽減させたい。
  2. 多軸分析の実現により、販売管理レポート作成業務の効率化・高度化を目指したい。
  3. 担当者が変わっても運用できるように「シンプルなシステム構成」を目指したい。

用途/導入範囲

Step1:各生産・販売子会社からの計画・実績の収集・集計業務 (本社中心)
 ⇒ 業務の効率化、経営層と事業部門が一気通貫の情報を活用

Step2:各販売子会社による販売計画策定業務(子会社展開)
 ⇒ 計画立案業務の簡素化と工期短縮

Step3:他間接部門へ展開
 ⇒ 利益管理をはじめとする経営のさらなる高度化


採用のポイント
  1. 安価で短期間で効果が期待できる事。
  2. スモールスタートが切れ、拡張性がある事。
  3. 操作が簡単であり、従来の資料・操作(Excel)との親和性が高い事。
  4. 多くの実績がある事。
  5. システム担当者ではなく、業務ユーザーがビジネス環境の変化に伴い、拡張出来る事。

効果(期待効果)
  1. 2,500時間/年の削減を想定。
    稼働開始後、数日を要するレポート作成が数時間で完了するなど一定の効果が出はじめています。
  2. 販売計画立案のさらなる精度向上及び迅速化

お客様の声

日本メクトロンは、フレキシブルプリント基板(FPC)を代表とする電子部品の製造・販売事業をグローバルで展開しています。当社では、経営管理の高度化や生産性向上に取り組むにあたり、迅速かつ正確な経営判断を支援できる仕組みとして『Oracle Planning and Budgeting Cloud』 を導入しました。これにより表計算ソフトを活用した煩雑な経営管理業務の効率化だけでなく、経営情報の見える化や多軸分析による販売予測を行い、経営戦略の策定に役立てていきます。また今後は多用途で使用できるメリットを生かし、横展開による全社での業務改善に努めてまいります。

日本メクトロン株式会社 経営管理本部 経営企画部 副部長 加藤貴史 氏