該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

エクセルに起因する予算業務の数多くの課題を一気に解決

Oracle EPM Cloud-Planningでできること

Oracle EPM Cloud-Planningの特徴的な機能および画面イメージの動画サイトをご紹介します。

予算管理業務の標準化と効率化を実現 #1
~タスク管理機能のご紹介~

予算管理者や各予算担当者がログインするとその役割に応じたタスク一覧が表示。次にすべきこと、その期日などがひと目でわかることで、予算業務の標準化や効率化を実現します。

画面上で簡単に入力が出来、便利機能も豊富 #2
~入力画面・便利機能のご紹介~

予算や見通し情報など、エクセルのような操作感でWeb画面からの直接入力も可能です。さらに、エクセルからのコピー&ペーストはもちろん、エラーチェック、ファイルの添付、ロック、変更履歴の管理など、便利機能が豊富です!

使い慣れたExcelを徹底活用 #3
~Excelを活用した入力・便利機能のご紹介~

予算や見通し情報など、PBCSでは、使い慣れたエクセルからの直接入力も可能です。しかも、エラーチェック、ファイルの添付、ロック、変更履歴の管理など便利な機能が豊富です!

承認フローの明確化 #4
~ワークフロー機能~

承認ルートにワークフローを設定することが可能です。ワークフローの活用により、承認者プロセスの明確化、全体進捗の把握が可能となります。

便利な計算処理機能1 #5
~予算・実績・見込みデータの自動集計~

各部門が登録した予算や見込みデータ、また、外部システムから取り込まれた実績データは、自動的に集計されます。

便利な計算処理機能2 #6
~配賦機能のご紹介~

マーケティング費用や人件費はじめ、適切な配賦基準を用いながら、簡単に配賦処理を行えます。

Excelアドイン機能を用いた分析 #8
~Excelを用いた簡単な分析のご紹介~

Excel上のマウス操作だけで、自在に予実対比、年度比較など、見たい角度、みたい粒度でレポート作成が可能です。 一度作ってしまえば、定型レポートとして毎月活用することも簡単です。

経営会議レポートが1クリックで #9
~レポート機能のご紹介~

経営会議レポート作成の際、PBCSのWord/Excel/Powerpoint連携機能を使用すれば1クリックで最新データを取得可能です。

見たい数値・指標を一目で把握 #10
~ダッシュボードのご紹介~

ダッシュボードでは、見たい数値や指標を一目で把握可能です。グラフの表示はもちろん選択項目を設けることで動的にグラフを変えることも可能です。

5分でわかるOracle PBCSのご紹介 #0
~予算管理全体の流れ~

トップダウン予算の策定、ボトムアップ予算の策定、もしくは、双方で作成された予算のギャップの把握など、簡易なケースをもとにご紹介します。

オンデマンド版 クラウドで実現!今すぐ始める予算業務改革セミナー 「脱エクセル管理の実現を、オラクルでクラウドで」
すべて開く すべて閉じる

直感的操作性でWeb/Excelを通した入力/レポート/分析

直感的操作性で、ユーザー評価の高いWeb画面を提供し、同じレイアウトでそのままExcelからも入力含めて活用することが可能です。

また、セルにファイル添付・内訳・コメントの記載ができますが、集計後もそれをトラッキングして、管理者がその数字の根拠をさかのぼって分析することができます。 さらに、Excelに入力したデータはボタン一つでデータベースへの保存や集計も可能です。

集計/配賦などの自動計算機能で最新データを即座に確認

組織階層や製品階層などに沿って自動集計されるため、入力後すぐに全社視点で最新データを確認することが可能です。また、入力や参照できる範囲は、権限の設定によって制御することも可能です。

また、共通費等を科目ごとに配賦基準を任意に設定して、多階層の複雑な配賦計算を自動計算させることも可能です。

多軸で管理しているデータを分析するために、定型レポート、Web分析レポートおよびExcelの自由分析を提供してします。MS Officeとの連携が充実しており、WebやExcelだけでなく、WordやPowerPointとも連携し、ワンクリックで最新データにリフレッシュされ、会議資料用グラフのアップデートが可能です。

多軸の特性を活かして、使い慣れたWebやExcelでドリルダウンやスライス・ダイスの多軸分析を行うことができます。

ワークフロー機能で数百以上の部門管理もらくらく

提出、承認、却下等のプロセスをワークフローで管理し、その進捗を鳥瞰図的にみることができます。

またメール連携も可能で、効率化を支援します。

代理者への委任や不在時のアクションなども容易に設定が可能です。

ERPや自社システムとの容易なデータ連携(実績取込)

基幹システム等の実績データ取込み機能、コード組替え機能を提供しているため、データ連携が容易に可能。

整合性チェックによるデータ精度の向上と、変換後データから変換前データへのドリルスルーすることで要因分析を効率化します。

ERPや自社システムとの容易なデータ連携(実績取込)

基幹システム等の実績データ取込み機能、コード組替え機能を提供しているため、データ連携が容易に可能。

整合性チェックによるデータ精度の向上と、変換後データから変換前データへのドリルスルーすることで要因分析を効率化します。

業務ユーザーがビジネス環境の変化や拡張に対応可能

業務ユーザーが各種マスター変更や組織変更、また各種資料作成の際のレポート構築などを容易に実現可能です。また、PBCSでは、テスト環境、本番環境が標準で提供されていますので、業務ユーザーがテスト環境でテストを実施後に本番環境へ適用を行う という運用も可能となります。

クラウド提供するために機能強化した、このアプリケーション診断機能は、Web画面やレポートの表示、計算処理、承認ワークフロー等の中で、どの処理に時間がかかるかをを自動診断し、パフォーマンスに問題のある処理を回避するよう促す機能です。

パフォーマンスが悪い画面レポートや計算処理を事前に回避し、使い勝手のよい仕組みを提供します。

業務ユーザーが無理なく管理できるように、自動バックアップ機能もご提供しています。会社毎に自由にメンテナンス実施時間を設定すると、Oracle Cloud Serviceが自動でバックアップを取得します。他にもパッチやアップグレードの実施もクラウドサービスの一環として提供しております。

モバイル・タブレット表示にも対応

モバイルやタブレット画面での最適化表示にも対応し、 外出先でもレポートの閲覧や共有が可能で、高いユーザビリティを提供します。