該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Enterprise performance managementとは?

Enterprise Performance Management (EPM) ソフトウェアは、ビジネスの分析、理解、およびレポートに役立ちます。

EPMは、組織を支援するために設計されたプロセスを指し、計画、予算、予測、そして業績の報告だけでなく財務結果を統合して確定します(しばしば「決算」と呼ばれます)。EPMソリューションは主にCFOと財務部局によって使用されますが、人事、営業、マーケティング、IT、などの他の機能分野では、運用計画、予算編成、およびレポート作成にEPMを使用します。

EPMサイクル

EPMサイクル

PMソフトウェアは、多くの場合、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムに関連付けられていますが、運用データの上に加えて管理のインサイトを提供することにより、ERPを補完します。言い換えると、ERPはビジネスの運用(日常の取引活動)に関するものであり、EPMはビジネスの管理(ビジネスの分析、理解、およびレポート)に関するものです。

今日、EPMソフトウェアは、財務および運用の指標をインサイトとリンクし、最終的に戦略、計画、実行を推進することにより、あらゆるタイプの組織を管理するために重要であると考えられています。EPMソフトウェアを使用すると、マネージャーは予測と目標に対して財務結果と運用結果を監視し、分析を使用して主要な傾向を認識し、結果を予測することにより、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。

EPMは、絶え間ない変化、新しい競争相手、および経済の不確実性の環境において、組織が機敏にビジネスを管理するためのツールを提供します。財務が支配することで、EPMビジネスプロセス(戦略的モデリング、計画、統合、決算、レポート、パフォーマンスの分析)は、組織がデータを理解し、それを使用してより良いビジネス上の意思決定を行うのに役立ちます。

EPMソフトウェアのビジネス価値—今後が不透明な時代に重要

混乱を生き残るための鍵は柔軟性です。混乱の原因が外部の力(新しい規制や世界的な気象事象など)によるもの、または市場の現実(1つの製品が飛躍的に成功し、別の製品は失敗)も、迅速に対応する組織は、時代を先取りすることができます。最新のEPMソリューションでは、混乱をどのように、いつ、どこで調整するかを理解できます。

  • 財務の決算を最適化—変化する規制環境では、新しい要件にすばやく適応し、すべての利害関係者に、より迅速で正確なインサイトを提供する必要があります。EPMは、財務上の決算を合理化し、自信とインサイトを持って報告するのに役立ちます。
  • アカウントの調整を合理化—アカウントの調整は、財務関連の決算でデータに関連しない遅延が発生する最大の理由です。EPMでは、自動化を活用し、このプロセスに通常関連するセキュリティとリスクに包括的に対処することで、グローバルアカウントの調整を効率的に管理および改善できます。
  • 正確で俊敏な統合計画を推進—デジタルエコノミーでは、スプレッドシートや部門志向の計画プロセス以上のものが必要とされます。本当に効果的な計画は、より良いビジョンのために組織全体をシームレスにつなぐ必要があります。EPMを使用すると、企業全体で計画を調整できるため、すべての業務の俊敏な予測を作成し、変化に迅速かつ効果的に対応できます。
  • 収益性の管理と推進—今後が不透明な時代で生き残るためには、収益性を管理および推進できる必要があります。EPMは、コストと収益性の側面に関するインサイトを獲得し、限られたリソースに投資する場所を決定するのに役立ちます。
  • 税務報告を企業のFinancial Reportingに—調整税法の変化により、グローバル組織は、これまでとは非常に異なる方法で税務を計画および管理しています。EPMは、財務計画、財務決算、規制報告など、課税と財務が共有するプロセス、データ、およびメタデータとつなぐことにより、効果的な税報告をサポートします。
  • すべてのレポート要件を満たす—準拠しなければならないレポート基準がいくつあっても、レポートで提示するデータが正確且つ完全であり、利用可能な最新の情報であるようにする必要があります。EPMは、複数のレポートシステムの必要性を減らします。
  • エンタープライズデータ管理で変更を管理—アプリケーションをクラウドに移行する場合、ハイブリッド環境でアプリケーションを管理する場合、主要なビジネスと財務の変革を先導する場合でも、エンタープライズデータ管理プラットフォームはデータの正確性と整合性を提供し、データとマスターデータの配置を調整します。

過去:EPMの歴史

紙からスプレッドシートへ
EPMの概念は何十年も前からあります。コンピューターの出現前は、EPMプロセスとソリューションは、会議、電話、およびディスカッションを介して手動で管理されていました。1970年代に、最初のEPMソフトウェア・アプリケーションが利用可能になり、会計ソリューションがレポート作成用に予算と財務情報の収集を開始しました。 スプレッドシートは、1980年代にLotus1-2-3やVisiCalcなどのソフトウェアとともに導入されました。スプレッドシートにより、財務チームは予算とレポートの作成を自動化し、手動のワークシートを置き換えることができました。1990年代に電子メールが利用可能になったことで、スプレッドシートを共有できるようになり、予算編成とレポートデータのコラボレーションと収集が向上しました。 同じ頃、最初のEPMソフトウェア・パッケージは、財務統合とレポート作成プロセスの自動化を開始しました。これらの製品に含まれるもの:IMRS Micro Control(後にHyperionソフトウェアになりました)、財務の統合とレポート用のHyperion Enterprise、および計画プロセス用のHyperion Pillar。

現在:今日のEPM

オンプレミスからクラウドへ
過去数十年にわたり、EPMソフトウェア・プラットフォームは、Windowsベースのクライアント/サーバーシステムからインターネット対応のWebブラウザーベースのアプリケーションへと進化しました。今日、ソフトウェアとしてのサービス(SaaS)としても知られる、
クラウドベースのEPMソフトウェアの需要が増加しています。EPMソフトウェアが「クラウド内」にある場合、それはアプリケーションが組織の場所ではなく、リモートサーバーのネットワークに格納されていることを意味します。

クラウドでは、企業がソフトウェアやハードウェアを購入したり、追加のITスタッフを雇ったりする必要がないため、運用コスト(OpEx)と資本コスト(CapEx)の両方を削減するEPMにより手頃な代替手段を提供します。サポートに費用のかかるインフラストラクチャがないため、リソースを成長機会に投資でき、従業員はITを管理する代わりに、より付加価値の高いタスクに集中できます。

EPMの進化

パフォーマンスと財務計画の改善

次世代EPM—分析から行動

これまで、EPMシステムは、スプレッドシートからより堅牢なソリューションへの財務移行に重点を置いてきました。これにより、チームは、データ操作や調整などの価値の低いタスクに費やす時間を減らし、分析などの価値の高いタスクにより多くの時間を費やすことができています。しかし、スプレッドシートから移行した後でも、分析と行動の間にはまだ時間がかかりすぎています。

人工知能や機械学習などの新しいテクノロジーを組み込んだ新機能を備えた次世代のEPMをご利用ください。これらのテクノロジーは、分析と行動のギャップを埋めるため、強力な意思決定ツールです。これらは、履歴データの隠れたパターンとインサイトを検出することにより、財務マネージャーとエグゼクティブが下した意思決定の質を向上させるのに役立ちます。意思決定への影響は、戦術的(最初に支払うベンダーの決定)なものから運用的(予算の再配置)、戦略的(合併や買収)なものまで広範囲に及びます。

意思決定のほかに、これらのテクノロジーは日常的なタスクを自動化して、手作業をなくし、エラー発生の可能性を減らすことができます。決済および調整プロセスには、このカテゴリに分類される多くのタスクがあります。このタイプの自動化は、財務専門家が運用に従事する貴重な時間を解放し、経営者が次の機会を活用するために必要な前向きなガイダンスを提供するためのより多くの時間を作ります。

クラウドでのEPM採用

スイートは常にポイントソリューションを取り込む
最新のEPMクラウドの重要な特性は、統合されたソリューションまたはアプリケーション・スイートです。統合やPlanning and Budgetingなどのシングルポイント・ソフトウェア・アプリケーションの導入と比較すると、EPMクラウドのスイートが最も優れています。完全なソリューションは、組織全体の管理プロセスを統合し、戦略を実行に合わせます。従業員は、ビジネスのすべての側面に対して可視性とインサイトを向上させます。さらに、最も効果的なEPMソリューションは統合されたスイートであり、コアとなるERPシステムとのシームレスなデータおよびプロセス統合により、顧客は投資を活用できます。次世代EPMクラウドのスイートにより、財務・会計業界のリーダーは、将来を見据えた財務・会計組織を構築できます。