申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)(ATP)

トランザクション、分析、バッチのワークロードの同時実行に最適化されている、完全に自動化されたデータベース・サービスです。Autonomous Databaseは、パフォーマンスを高めるため、行形式、索引、データ・キャッシュについて事前構成され、スケーラビリティ、可用性、透過的なセキュリティ、そしてリアルタイムの運用分析を提供します。Autonomous Databaseを使用することで、アプリケーション開発者およびDBAは、機能やACID(原子性、一貫性、独立性、永続性)プロパティを犠牲にすることなく、迅速かつ簡単に高いコスト効率でアプリケーションを開発し、展開することができます。Autonomous DatabaseはOracle DatabaseおよびOracle Exadataを基盤としており、Oracle Cloud Infrastructure上で提供されます。共有型または専用型のデプロイメント、およびExadata Cloud@CustomerやDedicated Region Cloud@Customerでのオンプレミスで使用することができます。

Oracle Database Service for Microsoft Azureの概要

Larry Ellison氏とSatya Nadella氏は、Oracle Database Service for Microsoft Azureを発表しました。Oracle Databaseのエンタープライズグレードのパフォーマンス、可用性、および自動化をAzureのお客様に向けて提供します。

Oracle Autonomous Databaseへの移行(画像) コスト削減とパフォーマンス向上のため、オンプレミスのOracle Database Standard EditionからOracle Autonomous Databaseに移行

クラウド上のフルマネージド、高可用性、スケーラビリティ、セキュリティを備えたOracle Databaseサービスを利用して、開発およびアプリケーション・パフォーマンスを加速させます。

Oracle Database API for MongoDBの発表 Oracle Database API for MongoDBの発表

MongoDB用に作成されたアプリケーションをOracle Autonomous Databaseに移行することにより、OCIでMongoDBのワークロードを実行できます。開発者は、新しいMongoDB向けAPIを使って、MongoDBのオープンソースツールやドライバーを引き続き使用することができます。

ガートナーのロゴ Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Cases

Oracle Autonomous Databaseは、Gartner社の『Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Cases』レポート(2021年)において、4種類のユースケースすべてで最高スコアを記録しました。

Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)の特徴

簡素化されたデータ管理(自律型管理の活用)

自動プロビジョニング

フォールトトレラントで可用性の高いデータベースを数分で展開します。

自動スケーリング

コンピューティング・リソースを自動的にスケーリングし、ダウンタイムなしでパフォーマンスとスループットの要件を満たします。オンラインの動的スケーリングで真の従量制を実現します。

自動チューニング

データやスキーマが時間の経過とともに変化しても、データベースを自動的に構成および調整します。メモリ構成、データ形式、インデックス、およびアクセス構造は、パフォーマンスを向上させるために自動的に最適化されます。

自動バックアップ

オラクルのオブジェクト・ストレージにあるデータベースの毎週の完全バックアップと毎日の増分バックアップを実行し、それらを最大60日間保持して、任意の時点に復元および回復します。

自動修復

障害を継続的に監視および予測することにより、ハードウェアおよびソフトウェアの障害を修正します。リクエストは正常なデバイスにすぐにリダイレクトされ、データベースのパフォーマンスを維持します。

自動フェイルオーバー

本番データベースのリアルタイムリモートコピーを維持し、Autonomous Data Guardを使用してプライマリコピーからリモートコピーに自動的に切り替えることにより、サイトのダウンタイムを排除します。

自律型機能による開発者の生産性強化の技術解説動画を見る


ローコードのツールや機能により簡素化されるアプリケーション開発

リレーショナル・データ・モデルおよび非リレーショナル・データ・モデルのサポート

ドキュメント、グラフ、空間、JSON、XMLなどの複数のデータ形式をネイティブでサポートし、アプリケーション開発を高速化します。データの断片化を防ぎ、サイロ化されたデータ・ストアに起因する煩わしいデータ管理を軽減します。

最新のアプリケーション開発のREST APIサポート

データベース管理REST API、Webインターフェイス、およびRESTへのPL/SQLゲートウェイを提供し、すべてのデータを有効にしてより簡単で高速なアクセスを実現します。

ノーコード/ローコード開発プラットフォーム

Oracle Autonomous Databaseには、Oracleのローコード・アプリケーション開発プラットフォームであるAPEX App Devが組み込まれており、手動コーディングが98%不要になります。APEX App Devにより、開発者は高度なアプリケーションを迅速に構築できるようになります。

データベース内機械学習(ML)アルゴリズム

30を超えるMLアルゴリズム、自動化されたML関数、オープンソースのPython及びRとの統合を実現し、データベースからデータを移動することなくMLモデルと分析ダッシュボードを簡単に構築できるようにします。

API主導の開発のためのセルフサービスツール

組み込みのデータツールによって提供される、セルフサービスのデータ読み込み、データ変換、ビジネスのモデルにより、データの読み込み、複数のデータ形式にまたがる複雑なクエリの実行、高度な分析モデルの構築、情報の視覚化、インサイトの提供、データ駆動型アプリケーションの開発が容易になります。

高速クローニング

データベース全体またはメタデータのみの高速クローンを作成して、新しいプロジェクトをすばやく開始します。実行中のデータベース・インスタンスやバックアップ・データベースからクローンを作成します。

Oracle on Azureによる構築

新しいOracle Database Service for Azureを使用して、Oracle Databaseの完全で使いやすい機能を使用したOCIベースのマイクロサービスや分析にAzureサービスを組み合わせて、新しいアプリケーションを構築できます。


データベース・セキュリティによるリスクの軽減

常時暗号化

データベース全体と、作成して制御する暗号化キーを使用したバックアップの自動暗号化を実現します。これにより、保存時および移動中のデータが常に安全になります。

自動パッチ適用

セキュリティの脆弱性に対するパッチの適用やアップグレードをダウンタイムなしでデータベースに実行します。パッチ適用中にもアプリケーションは引き続き実行されます。

データのプライバシー

データベース管理者は顧客データを見ることなくすべての管理タスクを実行できます。OSや管理者権限へのアクセスをブロックしてフィッシング攻撃を防ぎます。

機密データのセキュリティ

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)に含まれるOracle Data Safeにより、機密データの検出、セキュリティ・リスクの評価、機密データのマスキング、そしてセキュリティ管理の実装と監視を簡単に行うことができます。

高度な監査

パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながら、すべてのイベントをログに記録します。分析、フォレンジック、コンプライアンスの監査をいつでも監視できます。


一貫性のある高いパフォーマンスの確保

高性能

データベースに最適化されたハードウェア、自動チューニング、およびインデックス作成を利用することで、他のクラウド・プロバイダよりも80%低いレイテンシと5倍以上のスループットを実現します。

常時オンライン

オラクルのGen 2 Cloud Infrastructure、Oracle RAC、Autonomous Data Guard、および毎日の自動バックアップの組み合わせを使用することで、99.95%を超える可用性を実現します。

人的ミスからの保護

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)とともに提供されているOracle Flashbackは、アプリケーション・スキーマへの偶発的な変更を即座に元に戻し、人的エラーからユーザーを保護します。Oracle Flashbackは、行レベル、トランザクション・レベル、表レベルなど、全レベルでのリカバリに加え、データベース全体のリカバリをサポートします。


業界のトップ・アナリストによるOracleについての意見をお読みください。

KuppingerCole社: Oracle Autonomous Databaseは、クラウド・データベースおよびビッグ・データ・セキュリティの分野で1位となっています。

KuppingerCole社:Oracle Autonomous Databaseは、クラウド・データベースおよびビッグ・データ・セキュリティの分野で1位となっています。

レポートを読む(PDF)
Constellation Research社

Wikibon社:Oracleには、Autonomous Databaseを備えた、もっとも強力なクラウド・データベース・プラットフォームがあります。

レポートを読む(PDF)
dbInsight社は、Oracleがクラウドとオンプレミスの両方で自己稼働データベースを提供する最初の企業であると確認。

dbInsight社は、Oracleがクラウドとオンプレミスの両方で自己稼働データベースを提供する最初の企業であると確認。

レポートを見る(PDF)

金融サービス向けオラクルのデータ管理

すべてのお客様事例を見る

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)カスタマー・サクセス

Oracle Autonomous Databaseを使用してトランザクション処理を高速化し、ビジネスの変革に取り組んでいるお客様の事例をご紹介します。

CERN Openlab logo
Grupo DPSP logo
Mestec logo
Siemens logo
Strands logo
Surdell and partners logo
consis international logo
bbva logo
JASCI logo

“JASCIはOracle Autonomous Databaseによって物流に革命をもたらし、お客様は拡大し続ける製品ラインの注文をより早く届け、翌日配送の時代にうまく対抗できるようになりました。”

—Craig Wilensky, CEO, JASCI Software

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)ユース・ケース

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)価格

Shared Infrastructure上でのOracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)

製品
比較価格
( /vCPU)*
単価
単位
Oracle Autonomous Transaction Processing


OCPU per hour
Oracle Autonomous Transaction Processing - Exadata Storage

Terabytes Storage Capacity per month

Dedicated Infrastructure上でのOracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)

製品
比較価格
( /vCPU)*
単価
単位
Oracle Autonomous Transaction Processing - Dedicated


OCPU per hour
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Quarter Rack - X8M

1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Quarter Rack - X8

1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Half Rack - X8

1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Full Rack - X8

1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Quarter Rack - X7

1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Half Rack - X7

1時間あたりのホスト環境
Oracle Cloud Infrastructure - Database Exadata Infrastructure - Full Rack - X7

1時間あたりのホスト環境

  • Dedicated Infrastructure上でのOracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)の場合:
  • – Database Exadata Infrastructureの最低利用期間は48時間です。

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け) Bring Your Own License (BYOL)

製品
比較価格
( /vCPU)*
単価
単位
Oracle Autonomous Transaction Processing


OCPU per hour
Oracle Autonomous Transaction Processing - Dedicated


OCPU per hour

  • Oracle Database Enterprise Editionと以下にリストされている必須オプションを実行する場合、ライセンス持参(BYOL)要件は次のとおりです。
  • – 単一のOracle Autonomous Data Warehouseインスタンスの1〜16個のOCPUの場合:
  • – Oracle Database Enterprise Editionとオプションのサポート対象のプロセッサ・ライセンスごと: マルチテナントでは、ライセンス持参(BYOL)クラウド・サービスの最大2つのOCPUをアクティブ化できます。Autonomous Data Guardを有効にする場合、Active Data Guardが必要です。
  • – Oracle Database Enterprise Editionおよびオプションのサポートされている25 Named User Plusライセンスごと: マルチテナント、ライセンス持参(BYOL)クラウド・サービスの1つのOCPUをアクティブ化できます。Autonomous Data Guardを有効にする場合、Active Data Guardが必要です。
  • – Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)で17 OCPU以上の場合:
  • – Oracle Database Enterprise Editionおよびオプション(MultitenantおよびReal Application Clusters)のサポートされているプロセッサ・ライセンスごと: ライセンス持参(BYOL)クラウド・サービスの最大2つのOCPUをアクティブ化できます。Autonomous Data Guardを有効にする場合、Active Data Guardが必要です。
  • – Oracle Database Enterprise Editionおよびオプション(MultitenantおよびReal Application Clusters)のサポートされている25 Named User Plusライセンスごと: ライセンス持参(BYOL)クラウド・サービスの1つのOCPUをアクティブ化できます。Autonomous Data Guardを有効にする場合、Active Data Guardが必要です。

* クラウド・サービス・プロバイダー間の価格比較を容易にするため、オラクルのWebページでは、コンピュートベースの価格設定の製品について、vCPU(仮想CPU)の価格とOCPU(Oracle CPU)の価格の両方を表示しています。製品本体、ポータルでのプロビジョニング、課金などは、引き続きOCPU(Oracle CPU)単位で使用します。OCPUは物理的なCPUコアを表します。x86を含むほとんどのCPUアーキテクチャでは、物理コアあたり2スレッドを実行するため、x86ベースのコンピュートでは1OCPUが2vCPUに相当します。プリエンプティブ・インスタンスなどのサブコア・インスタンスでない限り、OCPU1個に対して2個のvCPUの計算能力が与えられるため、時間当たりのOCPU料金は、vCPU料金の2倍となります。OCPUとvCPUの違いについて、詳しくはこちらをご覧ください。

2022年1月7日

コストを最小に、メリットを最大に: Oracle Database Standard EditionをOracle Autonomous Databaseに移行

Youko Watari, Product Marketing Director, Oracle

Oracle Database Standard EditionをオンプレミスでOLTP、分析、またはそれらの混合ワークロード向けに運用している多くの組織が、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)におけるフル・マネージドOracle Autonomous Databaseへの移行や、データ・センターでAutonomous Database on Exadata Cloud@Customerを使用して多数のデータベースの統合を検討していることでしょう。この移行シナリオのビジネス面と技術面のメリットをご確認ください。

記事全文を読む

リソース

documentation

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)ドキュメント

製品ドキュメントとヘルプ・センターを参照して、sharedおよびdedicatedインフラストラクチャ向けのOracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)サービスをデプロイしてください。

Cloud Learning

お客様の声を聞きます

Gartner logo

企業の同業者からのレビュー - ガートナー社による検証済み

TrustRadius logo

検証されたユーザーによる詳細なレビューに基づき、最高評価のソフトウェアとサービスを提供します。

G2 logo

ユーザーの評価とソーシャル・データに基づくビジネスソフトウェアとサービス

Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)スタート・ガイド


Oracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)を無償お試し

300ドルの無料クレジットとAlways FreeインスタンスでOracle Autonomous Database(トランザクション処理および混合ワークロード向け)を探検してください。


仮想ワークショップに参加

製品エキスパートが行うライブ・ハンズオン・ワークショップに参加


Oracle-certifiedを取得

オンライン試験で、いつでもどこでも認定を受けることができます。


コンタクト

もっと詳しく知りたいですか? 業界をリードする当社エキスパートにお問い合わせください。

1 GARTNER PEER INSIGHTSロゴは、Gartner Inc.およびその関連会社の商標およびサービス・マークであり、ここでは許可を得て使用されています。All rights reserved.Gartner Peer Insightsレビューは個別のエンドユーザー・レビュー、評価、および文書化された方法に適用されるデータの主観を構成するものです。また、ガートナーとその関連会社の見解を表明するものでも、承認を構成するものでもありません。