該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
クラウドにおけるデータウェアハウジングの未来

クラウドにおけるデータウェアハウジングの未来

オラクルの第2世代クラウドを使用すると、本格的なデータウェアハウスを数か月ではなく、わずか数分で展開できます。自動化、ハードウェア統合、および大規模なスケーラビリティをすべて実現できます。

Autonomous Data Warehouseは、分析処理に最適化されたクラウド・データベースサービスです。自律型管理による管理コストを削減できるだけでなく、高性能で可用性に優れた安全なデータウェアハウスを運用できます。

クラウドベースのデータウェアハウスは、データサイロ化の解決に役立ちます。これにより、効果的なデータ主導の意思決定を行い、組織の俊敏性を高めることができます。結果、より良い顧客体験の提供につながり、新たな収益ストリームを生み出すことができます。

Oracle Autonomous Data Warehouseを選択したSKY Brasil社が、インフラストラクチャのコストを60%削減し、インフラストラクチャ管理ではなくデータモデリングにより多くのリソースを投入できるようになった理由をご覧ください。

データセンターにクラウドを導入し、簡素化とアジリティを実現

データセンターにクラウドを導入し、簡素化とアジリティを実現

近年における世界経済の激変に伴い、各企業はレジリエンスを高めることが強く求められています。社内のビジネスクリティカルなシステムは、ビジネスのアジリティとレジリエンスを高めるように最新化されていますか?

データの多様性、サイズ、量が爆発的に増大するにつれ、多くの企業は日々のメンテナンスをこなすのに悪戦苦闘し、データベースとIT運用に対する費用対効果を最大化しようと奮闘しています。日常業務の維持だけにエネルギーを注ぐのではなく、ビジネスの中核業務を中断したり、危険にさらすリスクをかけずに変化、イノベーション、復元性を管理することに集中できるように、技術システムの運用を単純化する必要があります。

適切なプラットフォームを選択し、アーキテクチャを最新化して、すべてのデータを統合することで、パフォーマンス、可用性、またはセキュリティを犠牲にすることなくアジリティとレジリエンスを維持するにはどうすればいいのか、その解決策をご覧ください。

Oracle Live

Oracle Live でオラクルの最新ニュースをご覧ください。

 

Oracle Cloud ウェビナー シリーズ

初心者向けから中級、上級者編まで、Oracle Cloudの詳細をお届けします。

 

Oracle Cloud Virtual Summit

最新のデータウェアハウスにより、適正な価格でパフォーマンスとデータセキュリティを実現する方法をご紹介します。

違いを体感

体験する

クイックツアーで、インテリジェントなリアルタイムデータの可能性を体験してください。

クイックツアーを開始

今すぐ試す

Oracle Cloudでは、アプリケーションを無償で構築、テスト、展開ができます。

無償で試す

お問い合わせ

システムの導入や提案を支援する日本オラクルのご相談窓口

お問い合わせ