申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Fusion Analyticsのロードマップ

Fusion Analyticsは、Oracle Cloudアプリケーション用の事前構築済みクラウドネイティブ分析アプリケーション・ファミリであり、意思決定の改善に役立つすぐに使用できるインサイトを事業部門のユーザーに提供します。HR、財務、調達、および業務のチームは、コーディングを必要とせずに、組み込み済みの機械学習(ML)と、Oracle Cloudアプリケーション以外のソースから得られる追加データを使用して分析を強化できます。オラクル独自の幅広く深い分析機能とアプリケーション機能を組み合わせることで、組織で分析を統合し、部門全体で共通した単一のパフォーマンス・ビューを実現することができます。

以下は、当社の一般的な製品の方向性を概説することを目的としています。情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込まれるものではありません。これは、何らかの資料、コード、または機能を提供することを約束するものではなく、購入を決定する際の根拠にするべきではありません。オラクル製品について説明されている機能の開発、リリース、時期、価格は変更される可能性があり、Oracle Corporationの単独の裁量により決定されます。

ロードマップを見る

すべて開く すべて閉じる
    • 納品

      最近提供された機能の実行リストを表示するには、Oracle Help Centerの新機能ガイドをご確認ください。

      Help Centerのドキュメントでは、Oracle Fusion Analyticsをすぐに開始する場合に役立つ便利なチュートリアルやビデオもご用意しています。ご質問、ご意見、および新製品のアイデアに関するご提案は、Oracle Cloud Customer Connectまでお寄せください。

    • Oracle Fusion ERP Analytics

      H1 CY2022

      財務

      • 資産減価償却:カテゴリ、償却方法、および期間別に資産減価償却の詳細を分析します。
      • セグメント階層レポート:階層内のあらゆるレベルを活用して、財務メトリックを分析します。
      • パーティ・ディメンションの追加:パーティ属性を活用して、顧客およびサプライヤーに固有のメトリックを分析します。
      • X-SAの機能強化:SCMからERPに至るサブジェクト領域間分析によって価値を最大限に引き出します。
      • データ検証セット:デフォルトの検証セットを活用して、ウェアハウスのデータを信頼し、検証します。

      調達

      • データ検証:データ検証を活用して、調達データを信頼し、検証します。
      • プロジェクトの属性:特定のプロジェクトの調達メトリックを分析します。
      • サービス・ベースの発注の入荷:サービス・ベースの発注に関するインサイトを取得します。

      プロジェクト

      • 予算分析: プロジェクトの予算(原価、売上、マージン、関連する差異)を分析します。
      • 予測分析:プロジェクトの予測(原価、売上、マージン、関連する差異)を分析します。

      H2 CY2022

      財務

      • 展開済勘定科目の分析:すべてのソースに対して、総勘定元帳の勘定アクティビティと補助元帳取引の詳細のコンポジット・ビューを提供する、構成可能な勘定科目の分析。
      • Accounting Hub(ベータ版):Accounting Hubデータの運用および財務に関するインサイトを有効にします。

      プロジェクト

      • 資金:プロジェクト、タスク、組織、顧客の契約金額や資金を追跡できます。
      • 収益:プロジェクト契約の収益を時間、顧客、プロジェクト、タスク、および組織別に分析できます。

    • Oracle Fusion HCM Analytics

      H1 CY2022

      要因管理

      • 勤怠管理:タイムシートの追跡や欠勤との相関によって、ワークフォースの効果的な活用を分析します。

      Talent Management

      • 学習:学習プログラムの活用や学習結果にインサイトを提供します。

      構築済みのダッシュボード

      • 損益(人事):人事異動を追跡し、より良く調整してビジネス商談や業務の混乱に対応します。
      • ワークフォース評価(ワークフォース管理):企業の人的資源を複数の側面から可視化します。
      • 目標とチェックイン(タレント管理):従業員の成長目標と、マネージャーとのエンゲージメント・レベルについてのインサイトを提供します。
      • チームの有効性(人事):主要なワークフォース管理メトリックを確認することで、組織のヘルス・チェックを実行できるようにします。

      H2 CY2022

      要因管理

      • 個人アクセス・データ:組織内のさまざまなペルソナによって、従業員の個人データにアクセスするためのインサイトを取得します。

      人事

      • ジャーニー:学習プログラムの活用と学習結果にインサイトを提供します。

      構築済みのダッシュボード

      • 欠勤(ワークフォース管理):長期休暇欠勤を監視して、生産性の低下を抑え、欠勤を予測します。
      • 報酬(タレント管理):従業員のコストを最適化し、収益の向上を図るためのインサイトを取得します。
      • パフォーマンス(タレント管理):組織全体のパフォーマンス傾向について全体像を把握します。
      • タレント・レビュー(タレント管理):レビュー対象者、レビュー担当者、さまざまなタレント・レビュー参加者による評価を分析します。

    • Oracle Fusion SCM Analytics

      H1 CY2022

      注文フルフィルメント

      • ピッキングおよび出荷の分析:出荷実行および物流の可視性を提供します。
      • 直送注文と受注即発注の履行:直送注文と受注即発注のプロセス・フローについて、エンドツーエンドの可視性を提供します。
      • 受注管理と在庫管理のプロジェクトに関連する属性:プロジェクト固有のユース・ケースに対する属性カバレッジの向上

      在庫と原価計算

      • COGSおよび売上総利益の分析(ベータ版):サプライ・チェーンに、ユーザー中心の多次元的なCOGSおよびマージン分析を提供します。

      調達

      • データ検証:データ検証を活用して、調達データを信頼し、検証します。
      • プロジェクトの属性:特定のプロジェクトの調達メトリックを分析します。
      • サービス・ベースの発注の入荷:サービス・ベースの発注に関するインサイトを取得します。

      H2 CY2022

      注文フルフィルメント

      • 日次の在庫残高:在庫残高のインサイトをカテゴリ、在庫、組織、期間別に提供します。
      • 受注管理および棚卸データの検証:データ検証を活用して、受注管理および棚卸データを信頼し、検証します。
      • 転送オーダーの分析:組織内および組織間/倉庫の在庫移動を可視化します。

      在庫と原価計算

      • 原価会計分析:すべての製品の費用エレメントを、会計の観点から分析します。
      • 在庫年齢調べ:ロケーション、製品、およびカテゴリ別に在庫年齢調べを可視化します。
      • 預託在庫残高:預託在庫など、在庫残高の分析対象を改善しました。
      • 在庫状況の分析:バックログや予約に対する多次元的な可視性を提供します。
      • RMAおよび移動入荷:取引タイプを拡張して、在庫取引のインサイトを改善しました。

    • Oracle Fusion Analyticsのクロスピラー

      H1 CY2022

      管理

      • バンドル:パッケージのカスタマイズとインスタンスの移動。
      • データ検証:Fusion Applicationのソース・メトリックとFusion Analyticsのメトリックを確認し、HCMおよびERPのデータの有効性を確保します。
      • OAC使用状況の追跡:管理者が、OACの使用状況(ログイン回数やクエリの回数など)を確認できるようにします。
      • FAaaS経由でのFusion Analyticsのプロビジョニング:Fusion Apps as-a-Service経由でプロビジョニングされたFusion Applicationの新規顧客へのアタッチされたサービスとして、Fusion Analyticsをプロビジョニングします。
      • Fusion Analyticsへのプライベート・アクセス:Fusion Analyticsに対するプライベート・エンドポイントのプロビジョニングと、プライベート・サブネットでのOACおよびADWの設定を実行します。
      • データ・センターのサポート(NetSuite Analytics):ロンドン。
      • 言語サポート:ハンガリー語、タイ語、クロアチア語、スロバキア語。

      拡張性

      • データ拡張: Salesforce、Oracle Storage Service(OSS)、EBS、EPM、PSFT、JDE、Eloqua、およびその他の外部ソースからの外部ソース・データをFusion Analyticsのスター・スキーマに取り込みます。
      • セマンティック・モデルの拡張性 - 外部アプリケーション・マージ(ベータ版):独立したOACコンテンツとセマンティック・モデルをFusion AnalyticsのOACインスタンスにマージします。
      • CAM NetSuite Analyticsの拡張:NetSuiteのカスタム属性をNetSuite Analyticsのスター・スキーマに取り込みます。

      セキュリティ

      • セキュリティ割当て: 新規ユーザーにデフォルトのグループとロールを自動で割り当てます。
      • セキュリティ監査レポート:すべてのセキュリティ割当てと使用状況アクティビティを監査します。

      H2 CY2022

      管理

      • 言語:ウクライナ語、ギリシャ語、ベトナム語。

      拡張性

      • データ拡張REST API:REST APIを使用してデータ交換を行うクラウド・アプリケーションのコネクタ。
      • セマンティック・モデルの拡張性 - 外部アプリケーション・マージ:独立したOACコンテンツとセマンティック・モデルをFusion AnalyticsのOACインスタンスにマージします。
      • セマンティックAPIの拡張:ウィザードではなくスクリプトを使用して、セマンティック・レイヤーを拡張します。
      • 統合データとセマンティック拡張のユーザー・エクスペリエンス:データおよびセマンティック拡張の操作を統合し、強化しました。

      セキュリティ

      • 構成可能なコンテキストを使用したカスタム・セキュリティ:セキュリティ・コンテキストを割り当てる機能を簡素化しました。
      • ボックスの内容を非表示化:顧客のカスタム・コンテンツがボックス以外のコンテンツと重複する場合に備えて、コンテンツを非表示にします。

分析を使い始める


製品ツアーに参加する


ライブデモをリクエストする


ハンズオン・ワークショップに参加する


Oracle Analytics Cloudの無料トライアルを開始する。