該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Analytics for Applicationsのロードマップ

Fusion Applications用のOracle Analyticsのロードマップ

以下は、当社の一般的な製品の方向性を概説することを目的としています。 情報提供のみを目的としており、いかなる契約にも組み込むことはできません。 これは、何らかの資料、コード、または機能を提供することを約束するものではなく、購入を決定する際の根拠にするべきではありません。 オラクル製品について説明されている機能の開発、リリース、時期、価格は変更される可能性があり、Oracle Corporationの単独の裁量により決定されます。

Oracle Analytics for Cloud ERPの詳細

すべて開く すべて閉じる

ビジネス機能

2020年第3四半期
  1. 1. AR - 収益分析
    収益ベースの売掛金データの詳細分析をサポートする新しいサブジェクト・エリア。
  2. 2. 年齢調べ
    トレンド分析のための買掛金/売掛金残高の年齢調べを行います。
2020年第4四半期
  1. 1. 相互財務照合
    総勘定元帳と補助元帳の分析をサポートするために相互財務を対象にした新しいサブジェクト・エリア。
  2. 2. 支出分析
    サプライヤ、製品、明細カテゴリ、ビジネス・ユニット、コスト・センター、購入場所、サプライヤの場所、および関連する階層全体の組織の総支出についてレポートする新しいサブジェクト・エリア。
  3. 3. 従業員経費
    従業員経費のデータをサポートする新しいサブジェクト・エリア。
2021年第1四半期
  1. 1. 資産残高
    固定資産残高メトリックを表示する新しいサブジェクト・エリア。
  2. 2. 資産取引
    固定資産取引メトリックを表示する新しいサブジェクト・エリア。
  3. 3. 資産減価償却
    固定資産の減価償却メトリックを表示する新しいサブジェクト・エリア。
2021年第2四半期
  1. 1. プロジェクト - 取引約定
    プロジェクトで行われた支出予定の義務。 組織、プロジェクト、タスク、リソース、期間全体のレポートを作成できます。
  2. 2. プロジェクト - 原価
    プロジェクト、タスク、組織、リソース、サプライヤ、および関連する階層全体の開始時以降累計と年度累計の比較を含む、過去および現在の期間の直接費と間接費。

KPI管理

2020年第3四半期
  1. 1. 伝票通貨
    伝票通貨のサポートにより、Financials Cloudで複数の通貨タイプ(伝票、換算済み、元帳通貨を含む)の取引に関するインサイトを得ることができます。
  2. 2. SLA後会計
    総勘定元帳と同様の年次財務諸表を示す買掛金および売掛金のサブジェクト・エリア。
  3. 3. 総勘定元帳レポート元帳
    元帳とアナリティクスの通貨に加えて、通貨メトリックのレポートのサポートを追加します。
  4. 4. 補助元帳会計(SLA)
    効率的な分析のために、SLA後(年次)会計情報と補助元帳データを利用できます。
2020年第4四半期
  1. 1. 複数の勘定科目体系
    レポート構成で複数の勘定科目体系をサポート。
  2. 2. 統計通貨
    総勘定元帳残高および総勘定元帳詳細取引SAでSTAT通貨メトリックのサポートを有効にします。

拡張可能なアナリティクス・アプリケーション・アーキテクチャ

2020年第3四半期
  1. 1. 拡張性 - ファクトの追加
    まったく新しいファクト・テーブルとメトリックをセマンティック・モデルに追加します。
  2. 2. 拡張性 - カスタム・サブジェクト・エリア
    アナリストが使用するセマンティック・レイヤー・サブジェクト・エリアを追加して再編成し、レポートとKPIを作成します。
  3. 3. 拡張性 - データのエンリッチメント
    選択した追加のFusion Applicationsビュー・オブジェクトをAutonomous Data Warehouseに物理的に複製して分析します。
2020年第4四半期
  1. 1. 拡張性 - ディメンションの追加
    まったく新しいディメンション・テーブル、属性、および式をセマンティック・モデルに追加します。
  2. 2. 拡張性 - 階層の追加
    セマンティック・モデルの既存のディメンションと新規のディメンションに、代替ドリルダウン階層およびレベルを追加します。
  3. 3. 拡張性 - 計算の追加
    新しい計算式をセマンティック・モデルのファクトに追加します。
  4. 4. 説明的なフレックスフィールド
    説明的なフレックスフィールドとしてキャプチャした追加情報に基づいたインサイトを可能にします。 お客様のビジネスにとって重要でユニークな情報を獲得できます。

Oracle Analytics for Cloud HCMの詳細

すべて開く すべて閉じる

ビジネス機能

2020年第3四半期
  1. 1. 従業員の人事日誌
    各従業員の採用から退職までの出来事に関する日々の見解と、従業員に関するすべての個人情報と雇用関係情報。
  2. 2. チームとその文化に関するインサイト
    チームの構成、チームの健全性、およびチームの健全性と有効性との相関関係を理解するための新しい革新的なアプローチ。 パッケージとして提供されるチームの有効性分析に、自組織にとって最も重要なKPIと、監視したいしきい値を柔軟に構成できます。 あらゆるリーダーは、あるチームが他のチームよりも優れた実績を上げている理由を理解しようと努めています。 この機能でその答えを知ることができます。
  3. 3. 組織における採用から退職までの分析
    130以上のファクトに基づいて、従業員全体の包括的なビューを提供します。従業員に関して、人事リーダーやビジネス・リーダーが、ビジネスの成長を促進してリスクを軽減するのに役立つ意思決定を情報に基づいて下すのに役立ちます。
    • デモグラフィック・データや地域のデータ、組織のデータなど、数多くの視点に基づいて現在の状況、過去の状況、将来の予測を示す、組織における採用から退職までの分析
    • 組織全体の採用、再雇用、昇進、異動、離職の傾向
    • 多数のカスタマイズ可能なパッケージ分析:従業員の構成、離職と従業員保持、管理限界、多様性、コンパレシオ、採用の分析
    革新的な多層的アプローチにより、人数と離職のコア・コンセプトを分析し、パフォーマンスと報酬を離職の傾向と予測に関連付けます。
  4. 4. 従業員の獲得と喪失
    従業員の獲得と喪失では、従業員数の増減につながる組織内および組織間での異動、組織の再編、解雇を分析します。
  5. 5. 人材獲得
    人材パイプラインの供給源は何か、候補者の主な懸念(内部移動度、採用までの期間、人材採用の主な手段、新規採用者のパフォーマンスなど)をどのくらい効率的に解消して採用につなげているか。
2020年第4四半期
  1. 人材
    人材面の強みとギャップに関するインサイトにより、採用、拡大、従業員保持に関して情報に基づいた意思決定を支援します。

拡張可能なアナリティクス・アプリケーション・アーキテクチャ

2020年第3四半期
  1. 1. 拡張性 - ファクトの追加
    まったく新しいファクト・テーブルとメトリックをセマンティック・モデルに追加します。
  2. 2. 拡張性 - カスタム・サブジェクト・エリア
    アナリストが使用するセマンティック・レイヤー・サブジェクト・エリアを追加して再編成し、レポートとKPIを作成します。
  3. 3. 拡張性 - データのエンリッチメント
    選択した追加のFusion Applicationsビュー・オブジェクトをAutonomous Data Warehouseに物理的に複製して分析します。
2020年第4四半期
  1. 1. 説明的なフレックスフィールド
    説明的なフレックスフィールドとしてキャプチャした追加情報に基づいたインサイトを可能にします。 お客様のビジネスにとって重要でユニークな情報を獲得できます。
  2. 2. 拡張性 - ディメンションの追加
    まったく新しいディメンション・テーブル、属性、および式をセマンティック・モデルに追加します。
  3. 3. 拡張性 - 階層の追加
    セマンティック・モデルの既存のディメンションと新規のディメンションに、代替ドリルダウン階層およびレベルを追加します。
  4. 4. 拡張性 - 計算の追加
    新しい計算式をセマンティック・モデルのファクトに追加します。