該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud Functions

Oracle Cloud Functionsは、インフラストラクチャの管理を必要とせずに、アプリケーションを作成、実行、スケーリングできるようにするサーバーレス・プラットフォームです。Functionsは、Oracle Cloud Infrastructure、Platform Services、およびSaaSアプリケーションと統合されます。Functionsはオープン・ソースのFnプロジェクトに基づいているので、他のクラウドやオンプレミス環境に容易に移植できるアプリケーションを作成できます。Functionsに基づくコードの実行時間は短いことが普通であり、お客様は、使用したリソースについてのみ料金を支払います。

Oracle Cloud Nativeサービスによる優れたソフトウェアの実現

クラウド・ネイティブ・アプリケーション構築の詳細を見る。

Oracle Cloud Functionsの詳細を見る

開発者向け機能

開発でインフラストラクチャを管理する必要はありません

コードを記述して導入するだけです。Oracleによってリソースが自動的にプロビジョニングされ、スケーリングされます。

新人開発者と経験豊富な開発者の生産性

FunctionsではコードをDockerイメージとして自動的にパッケージ化します。上級開発者は、Dockerfilesを使用し、ネイティブ・ライブラリをインストールして、関数のランタイム環境をカスタマイズできます。

さまざまなプログラミング言語のサポート

Python、Go、Java、Python、Nodeをはじめとする各種言語のサポートにより、各タスクに最適な言語を選択し、各開発環境のサーバーレス・アプリケーションを容易に統合できます。

オープン・スタンダードに基づく構築

Oracle Functionsは、Apache 2.0のライセンスを供与されたFnプロジェクト、Docker、およびCloudEvents上に構築したオープン・プラットフォームです。お客様は、マネージド・サービスを使用できるほか、オンプレミスまたは任意のクラウドに導入した、自己管理によるオープン・ソースベースのFnクラスターを使用できます。


セキュリティと管理

きめ細かいアクセス制御

管理者は、Oracle Identity and Access Managementのポリシーを使用して、Functionsに対する管理、呼び出し、および安全なアクセスを実現するきめ細かいアクセス制御を提供できます。

コードの分離

Functionsでは、安全で分離された方法でコードを実行できます。このサービスは、独立したコンピューティング・リソースとネットワーク・リソースを使用することにより、複数のお客様の間で厳密に分離したコード実行を実現します。

安全な認証と機密情報の管理

Vaultを使用して、パスワードやAPIキーなどの機密性が高い構成データを機密情報として保存します。これらの機密情報を使用して関数を記述し、データベースやストレージなどのサービスに対する安全な認証を実現します。

トラブルシューティング機能

ログメトリックトレースを使用したOracle Functionsを使用して、コード実行のモニタリングとトラブルシューティングを実施し、そのコードに対するインサイトを取得します。

シンプルな料金設定

すべてのリージョンに一貫した料率により、呼び出しと実行時間に基づく料金設定です。月あたり200万回の無料呼び出しを提供しています。


統合

すぐに使用できる、CloudEvents標準のサポート

Functionsは、StorageやAutonomous Databaseなど、イベントを生成するすべてのOracle Cloud Serviceで機能します。CloudEventsとの互換性により、クラウド・ネイティブ・エコシステムとの相互運用性が得られます。

サーバーレスAPI

API Gatewayを使用してFunctionsをAPIとして公開します。API Gatewayは、RESTfulエンドポイントにAPI呼び出しのセキュリティとレート制限を提供し、Functionsは、全面的にマネージドのバックエンド・サービスを用意してAPIを提供します。

Notificationsのトリガー

リソースの利用率が高い場合やリソースが利用できなくなった場合に、Notificationsを使用してOracle Functionsをトリガーすることにより、運用を自動化します。

データストリーミングのトリガー

ストリーミングをソースとし、Oracle Functionsをタスクまたはストリーミング先としたサービスコネクターを使用して、データのストリームを処理します。

ログのトリガー

Oracle Functionsを自動的にトリガーして、ログを分析し、JiraやService Cloudなどのシステムでチケットを更新して、サードパーティのセキュリティ分析と監視ツールにログをエクスポートします。

ビジネス・プロセスの拡張

エンタープライス・リソース・プランニング(ERP)や人材管理(HCM)などのOracle SaaSアプリケーションに接続し、各種要件に独自に対応する機能を容易に提供できるように拡張します。

Oracle Functionsとの継続的な統合と配信(CI/CD)

Visual Builder Studio(以前のDeveloper Cloud)を使用し、CI/CDプロセスの過程でFunctionsを自動的に構築して導入します。


お客様とパートナーのFunctions成功事例

世界中の組織が、Oracle Cloud Infrastructureを信頼してサーバーレス・ワークロードを実行しています。

Accenture社のロゴ
Amis社のロゴ
Olmaitのロゴ
Plex社のロゴ
Wastetogo社のロゴ

Oracle Cloud Functionsのユース・ケース

料金設定

経済モデルを変えるサーバーレス関数—お客様は、関数の実行中に使用したリソースについてのみ利用料金を支払い、アイドル時間は料金支払いの対象になりません。Oracle Functionsの料金設定は柔軟なため、断続的なワークロードや一時的に使用量が急増するワークロードに理想的なプラットフォームです。

呼び出しの料金

従量制
課金単位
1か月あたり最初の200万回
無料
機能の呼び出し
1か月あたり200万回超
0.0000002米国ドル
機能の呼び出し

実行時間の料金

従量制
課金単位
1か月あたり最初の400,000回
無料
ギガバイト・メモリ秒
1か月あたり400,000回超
0.00001417米国ドル
ギガバイト・メモリ秒
2021年4月14日

Oracle Functionsの分散トレースの発表

Oracle、製品戦略担当ディレクター、Sachin Pikle

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のApplication Performance Monitoring(APM)統合と共にOracle Functionsの分散トレースを一般公開する運びになったことをお知らせします。この機能により、Oracle Functionsによる開発とその運用で、APMの分散トレースを使用してパフォーマンスの問題をより迅速に診断でき、関数呼び出しの可観測性向上を図ることができます。Oracle Functionsは、サービスとしての関数(FaaS)のサーバーレス・プラットフォームであり、作成および・・・

全文を読む

リソース

関連製品

API Gateway

Oracleが管理するAPIフロントエンド

Container Engine for Kubernetes

自動更新による高可用性コンテナ・オーケストレーション

Cloud Nativeサービス

コンテナ、サーバーレス、API、Kafka

DevOpsサービス

CI/CD、Terraform、Monitoring、Logging

ここから始めよう


Oracle Cloud Free Tier

CI/CDツール、マネージドTerraform、テレメトリなどに30日間アクセスできます。


ハンズオン・ラボ

Oracle CloudのKatacodaベースのインタラクティブなシナリオを試してください。


お問い合わせ

販売、サポート、その他の質問については、アソシエイトにご連絡ください。