該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud Infrastructure

次世代クラウドとオンプレミスのインフラストラクチャ

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)はIaaSで、オンプレミスの高性能コンピューティング能力を提供して、急成長しているクラウドやエンタープライズ企業の需要に対応します。OCIは、オラクルの自律型サービスと統合セキュリティをエンタープライズ・アプリケーションの強力なサポートと組み合わせることにより、クラウドネイティブおよびエンタープライズ・アプリケーション・ワークロードにリアルタイムの柔軟なスケーラビリティを提供します。パブリッククラウドで使用できます。

オンプレミス要件の場合、OCIは、お客様のプライベートファイアウォールの背後にある新しい専用リージョンCloud@Customerで利用できます。

はじめる、またはOracle Cloud Infrastructureについてもっと詳細を見る。

Zoomのロゴ

Zoom、中核的なオンライン・ミーティング・サービスのクラウド・インフラストラクチャ・プロバイダとしてオラクルを選択

Zoomは、Oracle Cloudを数時間で導入し、数週間で何百万ものミーティング参加者にサービスを提供しています。

業種:プロフェッショナル・サービス
場所:米国
すべてのクラウド・インフラストラクチャ製品を表示

クラウド・インフラストラクチャ製品


Cloud@Customer

Cloud@Customer
Dedicated Region Cloud@Customer

オラクル専用リージョンCloud@Customerは、オラクルのデータセンターへの次世代のパブリッククラウドサービスのすべてを提供する完全に管理されたクラウドリージョンです。他のすべてにパブリッククラウドを使用しながら、データの常駐または厳しい遅延要件のために特定のアプリケーションをオンプレミスに保つ必要のある企業向けに設計されています。

Exadata Cloud@Customer上の自律型データベース

Oracle Autonomous Database on Exadata Cloud @ Customerは、オンプレミスでのデータベース管理に関連する複雑さを解消します。自律機能のシンプルさとメリットを顧客データセンターの最適化されたハードウェアと従量課金制のサブスクリプション価格と組み合わせて、厳格なデータ主権と低レイテンシ要件を満たします。

Exadata Cloud@Customer

Oracle Exadata Cloud @ Customerは、オラクルのエキスパートが管理するOracle Exadataインフラストラクチャを使用して、統合されたOracle ExadataハードウェアとOracle Cloud Infrastructureソフトウェアをデータセンターに提供する独自のソリューションです。Oracle Exadata Cloud@Customerは、クラウドのメリットを望んでいるが、まだデータベースをパブリッククラウドに移行できない顧客に最適です。


コンピュート

コンピュート
Oracle Cloud VMwareソリューション

Oracle Cloud VMwareソリューションは、顧客のテナンシー内にインストールされた顧客が管理するネイティブなVMwareベースのクラウド環境を提供し、使い慣れたVMwareツールを使用して完全に制御できます。アプリケーションの再設計や操作の再構築を行わずに、VMwareベースのワークロードをクラウドに移動または拡張します。

Oracle Private Cloud at Customer

Oracle Private Cloud at Customerは、電源投入から本番稼働までの時間を数時間に短縮することで、オンプレミスのクラウド導入を簡素化します。Oracle Private Cloud Applianceのスケーラビリティ、ゼロダウンタイムでのアップグレード、およびセキュリティを柔軟なサブスクリプションモデルと組み合わせて、単一の画面から管理できるIaaSをすぐに利用できるようにします。規制の問題、データのプライバシー、およびガバナンスの制御、ネットワークセキュリティとの緊密な統合、オンプレミスアプリケーションとデータの低レイテンシなど、価値実現までの時間を短縮します。

仮想マシン

Oracle Cloud Infrastructureの仮想マシン(VM)は、専用のベアメタルサーバーのパフォーマンスを必要としないアプリケーションの実行に最適です。

ベアメタル・コンピュート

オラクルのベアメタル・インスタンスは、多数のコア、大量のメモリ、および高いメモリ帯域幅を必要とするアプリケーションをサポートします。ユーザーは、他のパブリック・クラウドやオンプレミスのデータ・センターに比べてパフォーマンスが大幅に向上したクラウド環境を構築できます。ベアメタル・コンピュート・インスタンスは、お客様に優れた分離、可視性、およびコントロールを提供します。

Container Engine for Kubernetes

Container Engine for Kubernetesは、Cloud Native Computing Foundationによって適合と認定されたKubernetesのバージョンを使用しており、コンテナ化されたアプリケーションをクラウドに導入するために使用される、完全管理のケーラブルな高可用性サービスです。

Container Registry

Container Registryは、チームがDockerイメージを管理し、脆弱性分析を実行して、プライベートのコンテナ・イメージ・レジストリへのアクセスを制御する認証を行うための単一の場所です。レジストリは、イメージがコンテナに展開される前に脆弱性またはセキュリティの問題を検出できます。

仮想マシンとベアメタル(GPU)

NVIDIAベースの製品は、グラフィックスを多用するワークロードに幅広いオプションを提供すると同時に、AIと機械学習アルゴリズムが要求する高いパフォーマンスを提供します。


ストレージ

ストレージ
ローカルNVMe SSD

Oracle NVMe SSDは、不揮発性メモリエクスプレス(NVMe)の高性能コントローラー・インターフェイスを使用して設計されたストレージドライブで、業界をリードするパフォーマンス、低レイテンシ、高品質のサービスを提供します。

Block Volumes

Oracle Cloud Infrastructure Block Volumeサービスにより、企業はブロックストレージのボリュームを動的にプロビジョニングおよび管理できます。すべてのNVMe-SSDベースのストレージは、非常に高いパフォーマンスを提供します。

File Storage

Oracle Cloud Infrastructure File Storageは、エンタープライズクラスのクラウド・ファイルストレージ・サービスであり、大規模なスケーラビリティ、高可用性、および広範な耐久性を提供します。

Object Storage

Oracle Cloud Infrastructure Object Storageは、信頼性が高く、耐久性があり、可用性の高いオブジェクトストレージを提供します。

Archive Storage

Oracle Cloud Infrastructure Archive Storageは、頻繁にアクセスされず、長い保存期間が必要なデータを保持するために使用されます。すべての保存データが暗号化されます。

Storage Gateway

Oracle Cloud Infrastructure Storage Gatewayを使用すると、リージョン内のオラクルのサービスにアクセスしてデータをインターネットから保護し、消費者からサービスへのプライベートC2S接続を有効にすることができます。

Data Transfer

オラクルのUI、CLI、またはデータ転送アプライアンスを介して、ペタバイト規模のデータセットを数週間または数か月ではなくたった数日でOracle Cloud Infrastructureに移行します。組織は所有するディスクを使用して、小さなデータセット、短い処理時間、国際配送などのさまざまなデータ移行シナリオに対応できます。


ネットワーク、連結性、およびエッジサービス

ネットワーク、連結性、およびエッジサービス
Virtual Cloud Network

Oracle Cloud Infrastructureの仮想クラウド・ネットワーク(VCN)とは、カスタマイズ可能なプライベート・ネットワークのことです。オンプレミスネットワークと同様に、完全に制御できます。これには、独自のプライベートIPアドレス・スペースの割り当て、サブネットおよびルート・テーブルの作成、ステートフル・ファイアウォールの構成などが含まれます。1つのテナントに複数のVCNを持たせることができるため、関連リソースのグループ化と分離が可能です。

サービス・ゲートウェイ

Oracle Cloud Infrastructureサービス・ゲートウェイでは、データをインターネットから保護するために、リージョン内のOracle Serviceに対してアクセスが許可されます。Oracle Cloud Infrastructureのサービス・ゲートウェイは、C2S(コンシューマ・ツー・サービス)プライベート接続を可能にします。

Load Balancing

Oracle Cloud Infrastructure Load Balancingは、可用性を確保するために、多層および高度に分散されたアプリケーション・アーキテクチャの複数のリソースにワークロード・プロセスを分散するオプションを提供します。

FastConnect

Oracle Cloud Infrastructure FastConnectサービスにより、企業はOracle Cloud Infrastructureリソースへの専用接続を使用してITインフラストラクチャを拡張できます。公共のインターネットを使用する代わりに、FastConnectは予測可能で一貫したパフォーマンスを提供し、データ下りには料金がかかりません。

DNS

Oracle Cloud Infrastructureのドメインネームシステム(DNS)を使用すると、組織はDNSゾーンを作成および管理できます。ゾーンを作成し、レコードをゾーンに追加して、Oracle Cloud InfrastructureのエッジネットワークがすべてのドメインのDNSクエリを処理できるようにします。

Traffic Management

Oracle Traffic Managementを使用すると、お客様が定義したロジックとポリシーに基づいて、DNSクエリへのインテリジェントな応答を提供するポリシーを構成できます。フェイルオーバー機能、複数のリソース間でトラフィックの負荷を分散する機能、およびクエリが開始された場所を明らかにする機能を提供します。

Health Checks

Oracle Health Checksにより、組織はシンプルなAPIを使用して、モニターとオンデマンドプローブの両方を設定および導入できます。

Email Delivery

Oracle Email Deliveryは、メールのCloud Serviceであり、重要で大量のメールを送信するための高速で信頼性の高い管理ソリューションを提供します。このサービスは、領収書、不正検出アラート、多要素ID検証、パスワードリセットなど、ミッションクリティカルなコミュニケーションのためにアプリケーションが生成したメールを送信する機能を提供します。


セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス

セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス
Identity and Access Management

Oracle Identity and Access Management(IAM)サービスを使用すると、クラウド・リソースにアクセスできるユーザー、アクセス権限のタイプ、およびアクセスできる特定のリソースを制御できます。ユーザーとリソースの論理グループを使用して複雑な組織とルールを管理することで、ポリシーを簡単に定義できます。IAMを使用すると、Oracle Cloud Infrastructureのユーザーは追加コストなしで認証と承認のための単一のモデルを活用できます。

Key Management

Oracle Key Managementサービスを使用して、キーの使用および管理ポリシーを定義し、Oracle IAMユーザー、グループ、またはサービスに、キーを使用、管理、またはリソースと関連付ける権利を付与します。Key Managementサービスは、FIPS 140-2、セキュリティレベル3認定のハードウェアセキュリティモジュール(HSM)内の隔離されたパーティションにキーを格納し、リージョン内で複数回複製して、キーの耐久性と可用性を確保します。

Web Application Firewall (WAF)

Oracle Cloud Infrastructure Web Application Firewall(WAF)は、エンタープライズ向けのクラウドベースのエッジ・セキュリティ・ソリューションであり、インターネットに直接接続するアプリケーションをサイバー攻撃から保護するように設計されています。WAFは、ボット管理やDDoS保護を含むいくつかのセキュリティ・サービスを提供し、レイヤード・アプローチを使用して、悪意のある着信トラフィックからWebサイトやWebアプリケーションを保護します。

Identity Cloud Service

エンタープライズのセキュリティ・ファブリックの要となるよう設計された、次世代のクラウド・ネイティブかつ包括的なセキュリティおよびIDプラットフォームにより、最新のアプリケーションに最新のID機能が提供されます。

Cloud Access Security Broker(CASB)

IaaS、SaaS、およびPaaSクラウド・フットプリント全体を保護します。Oracle CASB Cloud Serviceはマルチモードのクラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカーで、ユーザー行動分析(UBA)とサードパーティのフィードを使用した高度な脅威分析、構成シード、監視とアラート、シャドウITディスカバリーを提供します。

データベース・セキュリティ

データを保護するには、データ自体を保護する暗号化などの予防策や、リスクの高いユーザーや設定ミスなどの無数の脅威をリアルタイムで監視するための検出制御を含む、攻撃対象領域全体を網羅する包括的なアプローチが必要です。オラクルは、Oracle Autonomous Database向けを含む、オンプレミスとクラウドの両方で、データベースのセキュリティに対する多層化された多層防御アプローチを提供します。最も機密性の高いデータのいくつかは、おそらくOracle Databaseにあり、オラクルを信頼して保護できます。


データベース管理

データベース管理
Autonomous Data Warehouse

Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud Serviceは、完全自動化された、高性能で、柔軟性のあるサービスです。データウェアハウスのワークロード用に調整および最適化された完全に自動化された環境で、市場をリードするOracle Databaseのすべてのパフォーマンスが得られます。

自律型取引処理

Oracle Autonomous Transaction Processingは、トランザクション処理またはOracle Databaseの市場をリードするパフォーマンスを備えた混合ワークロード向けに調整および最適化され、完全に自動化されたデータベースサービスです。このサービスは、ミッションクリティカルなアプリケーションのリクエストを満たすために即座にスケーリングできる自動運転、自動保護、自己修復データベースサービスを提供します。

Autonomous JSON Database

Oracle Autonomous JSON Databaseは、JSON中心のアプリケーションの開発を簡単にするクラウド・ドキュメント・データベースサービスです。シンプルなドキュメントAPI、サーバーレス・スケーリング、高性能ACIDトランザクション、包括的なセキュリティ、低い従量課金制を特徴としています。Autonomous JSON Databaseは、データベースのプロビジョニング、構成、調整、スケーリング、パッチ適用、暗号化、および修復を自動化し、データベース管理を排除して99.995%の可用性を実現します。

Database Cloud Service:ベアメタル

高密度I / O構成は、2つのOCPU上の単一のOracle 11g、12c、または18cデータベースのインスタンスで構成され、ダウンタイムなしで動的に最大52のOCPUをスケーリングできます。使用可能なストレージ構成の範囲は、5.4から51.2 TBのNVMe SSDローカルストレージで、2~3ウェイのミラーリングオプションを使用できます。

Database Cloud Service:仮想マシン

仮想マシン構成は、単一のOracle 11g、12c、または18cデータベースのインスタンスで構成されます。15 GBのRAMを備えた単一のOCPU仮想マシンから、600 GBを超えるRAMを備えた48個のOCPUを備えたRAC対応仮想マシンまで選択できます。ストレージ構成の範囲は256 GBから40 TBです。

Exadata Cloud Service

Oracle Exadata Cloud Serviceを使用すると、Oracle Exadataをオンプレミスで導入した何千もの組織の体験と同じ極端なパフォーマンスと可用性を備えたクラウドでOracle Databaseを実行できます。Oracle Exadata Cloud Serviceは、さまざまな専用Exadataシェイプを提供します。

Exadata Cloud@Customer

Oracle Exadata Cloud @ Customerは、オラクルのエキスパートが管理するOracle Exadataインフラストラクチャを使用して、統合されたOracle ExadataハードウェアとOracle Cloud Infrastructureソフトウェアをデータセンターに提供する独自のソリューションです。Oracle Exadata Cloud@Customerは、クラウドのメリットを望んでいるが、まだデータベースをパブリッククラウドに移行できない顧客に最適です。

Oracle NoSQL Database Cloud Service

オンデマンドのスループットとストレージベースのプロビジョニングを備えたNoSQL Database Cloud Serviceは、ドキュメント、列、およびキー値のデータモデルをサポートし、すべてに柔軟な取引保証があります。

Oracle MySQL Database Service

MySQL Databaseサービスは、組織が世界で最も人気のあるオープンソース・データベースを使用してクラウドネイティブ・データベース・アプリケーションを展開できるようにするフルマネージド・データベース・サービスです。このサービスでは、MySQLチームによって開発、管理、サポートが全面的に提供されます。


分析とビッグ・データ

分析ビッグ・データ
Oracle Analytics Cloud

情報を分析して対処する方法を簡素化し、組織全体で洞察を拡大できるようにします。

Oracle Data Science

データサイエンスチームは作業の整理、データとコンピューティングリソースへのアクセス、Oracle Cloudでモデル構築、トレーニング、デプロイ、モデル管理が簡単にできるようになります。このプラットフォームにより、生産性が向上し、より多くの作業をより迅速に展開して、組織に機械学習で力付けることができます。

Oracle Essbase

プッシュボタンのシンプルさにより、企業が期待する豊富な機能をすべて備えたすべての分析ユーザーを強化することができます。Oracle Analytics Cloudの一部として利用できるようになりました。

Oracle Big Data Service

ビジネスの分析機能を向上させるためにカスタマイズされた強力な環境を提供する自動化サービスです。自動化されたライフサイクル管理とワンクリックセキュリティを備え、さまざまなビッグデータのワークロードとテクノロジーを最適かつ安全に実行すると同時に、運用を簡素化するように設計されています。

Oracle Big Data SQL Cloud Service

Apache Hadoop、NoSQL、Oracle Databaseのデータをすぐに分析し、既存のSQLスキル、セキュリティポリシー、およびパフォーマンスが非常に高いアプリケーションを活用します。データサイエンスの取り組みの簡素化からデータレイクの解放まで、ビッグデータのメリットをエンドユーザーの最大グループが利用できるようにします。

Oracle Cloud Infrastructure Data Catalog

Oracle Cloud以降のデータに関する情報を整理、管理、高める機能を強化する、堅牢なセルフサービスメタデータ管理サービスです。この共同ソリューションは、さまざまなデータセットからデータを統合し、技術者以外のユーザーがデータを発見、探索、追跡し、プロセスを合理化してデータの価値を最大化できるようにします。

Oracle Cloud Infrastructure Data Flow

パフォーマンスと効率を最適化するために構築されたフルマネージド・ビッグデータ・サービスを介して、インフラストラクチャなしでApache Sparkアプリケーションを実行します。

Oracle Cloud Infrastructure Data Integration

Oracle Cloud Infrastructureのデータ統合は、Oracle Cloud Infrastructureのクラウドエコシステム内でデータを統合、変換、移行するためのクラウドネイティブのサーバーレスETLサービスです。

Oracle Cloud Infrastructure Streaming

継続的な大容量のデータストリームを取り込んで保存し、リアルタイムで処理します。


管理とガバナンス

管理とガバナンス
監視

Oracle Cloud Infrastructure Monitoringサービスでは、リソースの状態の把握、アプリケーションのパフォーマンスの最適化、および異常へのリアルタイムな対応に必要なインサイトを得ることができます。

通知

通知は完全に管理されたパブリッシュ/サブスクライブサービスであり、メッセージを大規模で信頼性の高い方法でプッシュ通知できます。

Resource Manager

Resource Managerは、すべてのOracle Cloud Infrastructureリソースとサービスをプロビジョニングできるマネージドサービスです。Resource Managerは、業界標準のHashicorp Terraform®を使用して、コードなどのインフラストラクチャを叙述的に管理することにより、構成エラーを減らし、生産性を向上させます。

Tagging

タグ付けはCloud Serviceに含まれており、情報、運用、および請求の目的でリソースにタグを適用できます。定義済みタグを制御して、誤ったタグがリソースに適用されるのを防ぐとともに、正確にコスト追跡を行い、使用感に整合性を持たせることでガバナンスを確保できます。タグは、管理スクリプトの柔軟なターゲットメカニズムを提供することもできます。

Cost Management

Oracle Cloud Infrastructure Cost Managementツールを使用すると、クラウドの予算、使用状況、および支出のコントロールと可視性を向上させることができます。

Audit

Oracle Auditは、Oracle Cloud Infrastructureサービスに対する包括的な可視性を提供します。追加費用なしで、過去365日間のテナンシ内のすべてのパブリックAPIアクティビティにアクセスできます。

IT Infrastructure Monitoring

Oracle Infrastructure Monitoring Cloud Serviceでは、1つのプラットフォームからITインフラストラクチャ全体(オンプレミスまたはクラウド)のステータスと状態を監視できます。層全体がプロアクティブに監視されているため、管理者は問題に関するアラートを受信し、トラブルシューティングを行い、エンド・ユーザーに影響を与える前にこれらの問題を解決できます。このサービスは、Oracle Management Cloudの安全な統合されたビッグ・データ・プラットフォーム上に構築されています。

Application Performance Monitoring

Oracle Application Performance Monitoring Cloud Serviceでは、開発チームと運用チームがアプリケーションの問題を迅速に見つけて修正するために必要な情報が得られます。すべてのエンド・ユーザーおよびアプリケーションのパフォーマンス情報(関連するアプリケーション・ログを含む)は、Oracle Management Cloudの安全に統合されたビッグ・データ・プラットフォームにまとめられます。

IT Analytics

Oracle IT Analytics Cloud Serviceでは、アプリケーションおよびインフラストラクチャへの投資のパフォーマンス、可用性、容量に関する包括的なインサイトが得られ、基幹業務およびITエグゼクティブ、アナリスト、および管理者がIT資産に関する重要な意思決定を下すことができます。このサービスは、Oracle Management Cloudの安全な統合されたビッグ・データ・プラットフォーム上に構築されています。

Log Analytics

Oracle Log Analytics Cloud Serviceは、アプリケーションおよびインフラストラクチャのすべてのログ・データを監視、集計、インデックス作成、および分析します。ユーザーはこのデータを検索、調査、および関連付けることで、問題のトラブルシューティングを迅速に行い、運用上のインサイトを獲得し、より優れた意思決定を行うことができます。このサービスは、Oracle Management Cloudの安全な統合されたビッグ・データ・プラットフォーム上に構築されています。


統合

アプリケーションそしてデータ統合
APIゲートウェイ

Oracle Container Engine for Kubernetes、Oracle Cloud Infrastructure RegistryやOracle FunctionsなどのバックエンドサービスへのRESTful APIを使用して、スケーラブルで安全なクラウドネイティブ・アプリケーションを構築できる、高可用性のフルマネージド・ゲートウェイです。

Oracle Data Integrator

Oracle Data Integratorはプッシュダウンデータ処理を提供します。クラウドに最適なデータ移動の少ない高性能ETL。データをリモートの場所に不必要にコピーせずにデータを配置できるOracle Data Integratorのデータ変換です。

Oracle GoldenGate

Oracle GoldenGateは、クラウドベースのリアルタイムデータ統合およびレプリケーション・サービスであり、データの一貫性を維持し、フォールトトレランスと復元力を提供しながら、さまざまなオンプレミス関係データベースからクラウド内データベースへのシームレスなデータ移動を提供します。

Oracle Integration

Oracle Integrationは、ベストプラクティス・ガイダンスの機械学習、事前構築されたアダプターのライブラリ、プロセス自動化の例を組み合わせることにより、ビジネスアプリケーション間の障壁を取り除き、最新かとデジタル・トランスフォーメーション・プロジェクトの提供を加速します。

SOA Cloud Service

Oracle SOA Cloud Serviceは、サービスとしての統合プラットフォーム(iPaaS)を提供するため、新しいプラットフォームをすばやくプロビジョニングし、APIと統合プロジェクトの開発と展開を開始し、デジタルビジネスに移行するときにリアルタイムの分析を提供できます。

Oracle Cloud Infrastructure Data Integration

オラクルの統合ソリューションのポートフォリオの一部であるクラウドネイティブETLは、データサイエンスと分析のためにデータを組み合わせて変換します。データレイクとデータマートへの設計コードのないデータフローです。


アプリケーション開発

アプリケーション開発
Container Engine for Kubernetes

Oracle Cloud Infrastructureのコントロール、セキュリティ、予測可能なパフォーマンスを備えた高可用性クラスターを実行するための、デベロッパー・フレンドリーでコンテナネイティブのエンタープライズ向けマネージドKubernetesサービスです。

Container Registry

高可用性のプライベート・コンテナ・レジストリ・サービスにより、デプロイメントと同じリージョン内でコンテナ・イメージを保存および共有することができます。

Visual Builder Studio

開発チームがクラウドネイティブ・アプリケーションを開発して提供できるようにする完全統合プラットフォームです。Oracle Visual Builder Studioは、Oracle Visual BuilderとOracle Developer Cloud Serviceの機能を統合して、計画から実現、ホスティングまでの開発ライフサイクル全体をカバーします。

Functions

Functionsは、完全に管理され、高度にスケーラブル、オンデマンドのサービスとしての機能のプラットフォームで、エンタープライズグレードのOracle Cloud Infrastructureに基づいて構築され、Fn Projectのオープンソースエンジンを搭載しています。

イベントサービス

Eventsは、ユーザーがOracle Cloud Infrastructureリソース全体の変更を簡単に追跡し、機能、通知、およびストリーミングサービスを使用してほぼリアルタイムで応答できるようにするフルマネージド・サービスです。

Java

どのJavaアプリケーションでも、簡単、迅速かつ俊敏な導入。パブリッククラウドでアプリケーションのフル制御と柔軟性を体験してください。

APIゲートウェイ

Oracle Container Engine for Kubernetes、Oracle Cloud Infrastructure RegistryやOracle FunctionsなどのバックエンドサービスへのRESTful APIを使用して、スケーラブルで安全なクラウドネイティブ・アプリケーションを構築できる、高可用性のフルマネージド・ゲートウェイです。

モバイルハブ

Oracle ERP、HCM、CX、オンプレミスまたはクラウド内のサードパーティシステムに接続するモバイルアプリをすばやく構築、導入、管理します。

Oracle NoSQL Database Cloud Service

オンデマンドのスループットとストレージベースのプロビジョニングを備えたNoSQL Database Cloud Serviceは、ドキュメント、列、およびキー値のデータモデルをサポートし、すべてに柔軟な取引保証があります。

Visual Builder

ビジュアルブラウザベースの開発環境を使用して、ブラウザから直接、魅力的なWebアプリやモバイルアプリを迅速に作成および展開できます。

Digital Assistant

Oracle Digital Assistantは、バックエンドアプリケーションに接続するAIを利用したアシスタントを簡単に構築するためのプラットフォームとツールを提供します。デジタルアシスタントは、自然言語の処理と理解にAIを使用して、即答の会話型インターフェースとの連携を自動化し、ユーザーの満足度を上げ、ビジネス効率を向上させます。

データサイエンス

Oracle Data Science サービスを使用すると、データサイエンスチームは作業の整理、データとコンピューティングリソースへのアクセス、Oracle Cloudでモデル構築、トレーニング、デプロイ、モデル管理が簡単にできるようになります。このプラットフォームにより、生産性が向上し、より多くの作業をより迅速に展開して、組織に機械学習で力付けることができます。

Blockchain Platform

ブロックチェーンネットワークをプロビジョニングして、他の組織に参加し、展開するための包括的な分散型台帳クラウドプラットフォームスマートコントラクトを実行して、元帳を更新およびクエリします。既存または新規のクラウドベースまたはオンプレミスのアプリケーションとの統合により、データを確実に共有して、サプライヤー、銀行、その他の貿易パートナーと信頼できる取引を行います。

Oracle Content and Experience

Oracle Content and Experienceは、すべてのデジタルアセットを一元化したプラットフォームであり、チャネル非依存の優れたインタラクションを提供できます。この俊敏なアセットハブはAIと機械学習を活用して、ユーザーがオーディエンスプロファイルとインテントのすべての組み合わせに対応できるエクスペリエンスを作成できるようにします。すべてのタイプのコンテンツをサポートし、ビジネスレベルで完全に実行するのに十分な直感的機能を提供します。


応用ソフトウェア・テクノロジー

応用ソフトウェア・テクノロジー
人工知能

Oracle Artificial Intelligence Platform Cloud ServiceとAI対応のアプリケーションは、すべての事業部門でインテリジェント・アプリケーションを活用および構築するための最新の機械学習ライフサイクル全体にわたる製品と機能のコレクションを構成します。

ブロックチェーン

Oracle Blockchain Platformを使用すると、組織はマルチエンタープライズ・サプライチェーン・ネットワークへのエンドツーエンドの可視性を提供するブロックチェーン・サービスを採用し、参加している取引パートナー間の信頼を確立して、開発時間を短縮できます。

データサイエンス

Oracle Data Scienceを使用すると、データサイエンスチームは作業の整理、データとコンピューティングリソースへのアクセス、Oracle Cloudでモデル構築、トレーニング、デプロイ、モデル管理が簡単にできるようになります。このプラットフォームにより、生産性が向上し、より多くの作業をより迅速に展開して、組織に機械学習で力付けることができます。

Digital Assistant

Oracle Digital Assistantは、バックエンドアプリケーションに接続するAIを利用したアシスタントを簡単に構築するためのプラットフォームとツールを提供します。デジタルアシスタントは、自然言語の処理と理解に人工知能を使用して、即答の会話型インターフェースとの連携を自動化し、ユーザーの満足度を上げ、ビジネス効率を向上させます。

機械学習

Oracle Machine Learningは、組織がOracle Autonomous Database内にデータマイニング・ノートブックを作成して、データ分析、データ検出、およびデータ視覚化を実行できる開発環境を提供する、共同のWebベースインターフェースです。

タクティカル・エッジ・クラウド

Oracle Tactical Edge Cloudは、クラウドへの通信が断続的であることが多いエッジロケーションでアプリケーションを実行し、データを分析および保存できるデバイスです。このデバイスは、プラットフォーム・ソフトウェアと共にコンピューティングおよびストレージ・インフラストラクチャを提供し、チームがアプリケーションとデータを構築してエッジに展開できるようにします。通信が回復すると、エッジデバイスとクラウドの間でデータ同期が発生する可能性があります。

オラクルの第2世代のクラウド・インフラストラクチャが選ばれる理由

Oracle Cloudは、強力なコンピュートおよびネットワーキング・パフォーマンスを提供し、インフラストラクチャおよびプラットフォーム・クラウド・サービスの包括的なポートフォリオを備えた、第2世代のエンタープライズ・クラウドです。ミッションクリティカルなアプリケーションのニーズに合わせて一から構築されたOracle Cloudは、最新のクラウド開発ツールを提供すると同時に、すべてのレガシー・ワークロードをサポートします。そのため、企業は未来を築きながら過去を前進させることができます。オラクルの第2世代クラウドは、業界初にして唯一の自己稼働型データベースであるOracle Autonomous Databaseを実行するように構築された唯一のクラウドです。Oracle Cloudは、アプリケーション開発やビジネス・アナリティクスからデータ管理、統合、セキュリティ、人工知能(AI)、ブロックチェーンまでを網羅した包括的なクラウド・コンピューティング・ポートフォリオを提供します。


オラクルのデータ・リージョン

Oracle Cloudのリージョン

第2世代のクラウドを基盤に、オラクルは、地域的に分散したリージョンを必要とする世界中のエンタープライズ顧客のニーズを満たし、真のビジネス継続性、障害からの保護、地域のコンプライアンス要件に対応しています。

オラクルの第2世代のクラウド・インフラストラクチャの主なユースケース

データベース・ワークロードの移行と改善

Oracle Applicationsであれ、Oracle Database上のカスタム/サードパーティ・アプリケーションであれ、Oracle Cloudは重要なトランザクション・アプリケーションの実行に最適な場所です。

クラウド上の高性能コンピュート

オラクルは、シミュレーション、モデリング、その他のタイプのHPCワークロードをクラウド上で実行するため、より高度なパフォーマンスと優れた機能をより低いコストで提供します。

データ主導の変革

データ中心のアプリケーションには帯域幅、処理能力、効果的なツールが必要です。Oracle Cloudはこの3つすべてを提供し、ユーザーがデータからより多くの価値を引き出せるようにします。

自律型データ管理

複雑さ、人的エラー、手動管理を排除して、あらゆるタイプのデータから最大限のインサイトを獲得しましょう。