該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

物理接続

FastConnect:オラクルのプロバイダを使用

オラクルのいずれかのFastConnectパートナーからクラウド接続サービスをリクエストすることにより、オンプレミスまたはリモートのデータ・センターからOracle Cloudリソースがプロビジョニングされているデータ・センターへのFastConnect接続を確立できます。オラクルは、FastConnectサービスをさまざまな地理的地域のIPプロバイダ、VPNプロバイダ、イーサネット・ネットワーク・プロバイダ、およびクラウド・エクスチェンジと統合し、Oracle Cloud Servicesへの接続を簡単に確立できるようにしました。

データ・センターの場所の詳細なリストについては、Oracle FastConnectパートナーをご覧ください。

この接続モデルは、Oracle FastConnectパートナーのネットワーク接続サービスを使用する計画があるか、すでに使用している場合に適しています。選択したOracle FastConnectパートナーによっては、そのパートナーの冗長クラウド接続サービスを注文することが必要になる場合があります。

FastConnect:オラクルとのコロケーション

データ・センター・プロバイダからコロケーション・スペースを購入した場合は、Oracle FastConnectを使用して、コロケーション施設内のネットワーク機器から、この場所でプロビジョニングしたOracle Cloud Servicesへの接続を確立できます。オラクルは、オラクルのFastConnectエッジ・デバイスへの直接クロスコネクトを確立するためにデータ・センター・プロバイダが必要とする承認書(LOA)をお客様に提供します。

この接続モデルは、Oracle FastConnectロケーションに、お客様がすでにプレゼンスを確保している場合、またはそこにコロケーションのプレゼンスを確立しようとしている場合に適しています。冗長性が必要な場合は、データ・センターへの接続を2つ注文できます。

論理コロケーション

FastConnect:サードパーティ・プロバイダを使用

リモート・データ・センターからオラクルのデータ・センターへのFastConnect接続を確立できます。この場合、Oracle FastConnectパートナー以外のネットワーク・キャリアのプライベート回線または専用回線を注文することで、クラウド・リソースをプロビジョニングします。このサードパーティのネットワーク・キャリア(通常はMPLS VPNプロバイダ)は、オンプレミス・ネットワークとオラクルのFastConnectエッジ・デバイスの間での物理接続を担当します(オラクルのデータ・センター内にある接続の最後のレッグを含む)。オラクルは、お客様に承認書(LOA)を提供します。お客様がこのLOAをネットワーク・キャリアに提供すると、ネットワーク・キャリアは回線をプロビジョニングします。冗長性が必要な場合は、ネットワーク・キャリアからオラクルのデータ・センターへの回線を2つ注文できます。

この接続モデルは、特定のネットワーク・キャリアをすでに利用している場合や、オンプレミスまたはリモートのデータ・センターの場所がオラクルのFastConnectパートナーから提供されたものではない場合に適しています。

サードパーティ・ネットワーク・キャリア

ルーティング・モデル

上記のモデルのいずれかを使用して物理接続を確立したら、お客様のネットワークとOracle FastConnectサービス間でIPルートを交換することにより、FastConnectを介してOracle Cloud Servicesに到達できることを確認する必要があります。このルート交換は、業界標準のBGPルーティング・プロトコルによって実現されます。ルーティング・モデルは、物理接続モデルに基づいています。

オラクルに直接接続している場合(コロケーションまたはサードパーティのネットワーク・キャリア)、ネットワーク機器は、オラクルのFastConnectデバイスとBGPを直接確立します。

論理コロケーション
論理プライベート専用

Oracle FastConnectネットワーク・プロバイダまたはエクスチェンジ・パートナーを使用している場合は、このパートナーのデバイスと、または直接Oracle FastConnectデバイスとBGPセッションを確立することが必要になる場合があります。BGPルーティングを確立する正しい方法については、Oracle FastConnectパートナーにお問い合わせください。

FastConnectパートナーBGP1
FastConnectパートナーBGP2

FastConnectのプライベート・ピアリングおよびパブリック・ピアリング

プライベート・ピアリング

FastConnectのプライベート・ピアリングを使用すると、オンプレミス・プライベート(RFC1918)ネットワークをOracle Cloudに拡張できます。IPSec VPNやネットワーク・アドレス変換(NAT)を使用せずに、オンプレミス・プライベート(RFC1918)ネットワークから、Compute IPNetworksまたはVCNのプライベート・サブネット・リソースなどのOracle Cloudリソースに接続できます。オンプレミス・ネットワークとOracle Cloud内のプライベート・プレフィックスとの間で、(直接またはパートナーのネットワークを介して)プライベートIPプレフィックスが双方向で交換されます。

FastConnectのパブリック・ピアリング

FastConnectのパブリック・ピアリングでは、インターネット・パスを通過するトラフィックなしでOracle Cloud内のパブリック・サービスにアクセスできます。FastConnectのパブリック・ピアリングを使用すると、Oracle Object Storage、VCNのパブリック・ロード・バランサ、Compute上のパブリックIP、またはサポートされているSaaSサービスなどのパブリック・サービスに接続できます。オラクルは、お客様がFastConnectのパブリック・ピアリングを確立するリージョン内のすべてのパブリック・サービスに属するIPプレフィックスをアドバタイズします。お客様は、選択した接続モデルに応じて、所有するパブリック・プレフィックスをアドバタイズするか、RFC1918プレフィックスを、オラクルにアドバタイズされるパブリックIPにNAT変換するパートナーを使用する必要があります。

接続