該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

    全般的な質問

  • Oracle Health Checksとは何ですか。

    Oracle Health Checksを使用すると、世界中にある一連のバンテージ・ポイントから、公開サービスの可用性とパフォーマンスを監視する機能をOracle Cloud Infrastructureに追加できます。Health Checksでは、Oracle Cloud内およびハイブリッド・インフラストラクチャ全体でホストされているすべてのサービスに対して外部監視とアラートを定義できます。また、Health Checksは、DNS Traffic Managementサービスの背後で基盤となる障害検出を提供しています。

  • Oracle Health Checksを使用する理由は何ですか。

    Oracle Cloud Infrastructureで実行するようにサービスを構成したら、それらを監視およびテストすることが重要です。それらを監視およびテストすることは、CPU消費量が目的に適していること、また処理しているデータに十分なストレージが利用可能であることを確認するのに役立ちます。また、ターゲット市場のユーザーが確実にサービスを利用できるようにすることができます。Oracle Health Checksは、ホストされているWebサイト、API、または外部に接続されているロード・バランサなど、公開サービスの可用性とパフォーマンスを監視し、ユーザーにアラートおよび通知を送信します。Oracle Health Checksにより、ユーザーは顧客に影響を与える可用性に関する問題をすぐに知ることができるようになります。

  • Health ChecksとDNS Traffic Managementはどのような関係にありますか。

    Health Checksはサービスの可用性に関する障害を検出する基盤となるメカニズムを提供し、DNS Traffic Managementはその情報を使用してトラフィック・ステアリングをインテリジェントに決定します。簡単な構成の場合は、新しいDNS Traffic Managementワークフローの一部としてHealth Checksを作成できます。より柔軟で高度な構成オプションを利用する場合は、Health Checksを個別に作成することもできます。

  • どのテストを利用できますか。

    Health Checksは、Webページおよびアプリケーション向けのHTTPおよびHTTPSテスト、またパブリックIPアドレス向けのTCPおよびICMP PINGテストを提供しています。

  • バンテージ・ポイントとは何ですか。どのように機能しますか。

    Oracle Cloud Infrastructureのバンテージ・ポイントは世界中に置かれており、それらによりユーザーはOracle Cloud Infrastructureがホストするサービスに対してテストを実行することができます。バンテージ・ポイントを使用することで、さまざまな場所からテストを実行することができます。オラクルでは、関連するポートをホワイトリストに登録できるように、バンテージ・ポイントに関連付けられたIPアドレスを提供しています。

  • バンテージ・ポイントIPアドレスのホワイトリストを取得してファイアウォール・ルールに追加できますか。

    はい。オラクルでは、REST APIを介してホワイトリストに登録できるように、バンテージ・ポイントIPアドレスのリストを提供しています。

  • Health Checksを使用してプライベートIPアドレスを監視できますか。

    いいえ。現時点で、オラクルは、プライベートIPアドレスの監視をサポートしていません。

  • Health Checksを使用してFastConnectリンクを監視できますか。

    監視できるのは、パブリック・インターネット上で利用可能な、一般に公開されているIPアドレスとFQDNのみです。オラクルは、プライベートFastConnectリンクを監視することはできません。

  • オンデマンド・テストはどこで入手できますか。

    現時点で、オンデマンド・テストは、APIを介してのみ提供されており、UIを介して提供されていません。将来のリリースの一部として、UIを介してオンデマンド・テストを完全に統合する予定です。現時点では、Internet Intelligenceトラブルシューティング・ツールを利用して、ICMP対応のエンドポイントに対してオンデマンドICMPテストを実行することをお勧めします。

  • 実行できるテストの数に制限はありますか。

    はい。各ユーザーは、基本テスト500個とプレミアム・テスト500個を含む、合計で最大1000個のエンドポイント・テストを構成できます。

  • Health Checksの監視データにアクセスするにはどうすればよいですか。

    これらのデータはオラクルのテレメトリ・サービスに統合されており、それらのデータをプログラムで構成および取得することができる完全なREST APIも提供されています。

  • 監視および分析データはどれくらいの期間保存され、Oracle Cloud Infrastructureコンソールで表示することができますか。

    テレメトリ・サービスおよびREST APIを介して、最大90日間の履歴データを利用できます。

  • Oracle Cloud InfrastructureコンソールでHealth Checksデータを削除または操作できますか。

    いいえ。データは、90日後に自動的に削除されます。

  • ロードマップには何がありますか。

    オラクルのロードマップには、次のものが含まれています。

    • 明示的なSSL証明書の検証
    • HTTPリダイレクト(302)を追跡する機能
    • DNSタイミング・テスト
    • トレースルート

    トラブルシューティング

  • 頻度の高いテストがグレー表示され、ユーザー・インターフェイスで使用できません。選択するにはどうすればよいですか。

    テストの頻度は、タイムアウト値に依存します。テストの重複を回避するため、またユーザーが再構築できないほど結果のメトリックが複雑にならないようにするため、タイムアウトよりも高い頻度を選択できないようになっています。タイムアウト値を小さくすると、より高い頻度のテストを選択できるようになります。

  • 新しい正常性チェックを作成したのにHealth Checks履歴セクションに結果が表示されないのはなぜですか。

    現時点では、Health Checks履歴セクションをUIで自動的に更新させることはできません。このことは、オラクルのロードマップに含まれており、将来のリリースで更新される予定となっています。現時点では、ブラウザでページを手動で更新することをお勧めします。

  • 正常性チェックを設定しましたが、エンドポイントが利用できないと報告されます。でも、Webページがロードされていることはわかっています。なぜこのような現象が起こるのですか。

    この現象は、監視対象のWebサイトがHTTPリダイレクトを使用している場合に発生する可能性があります。ターゲットFQDNが「2xx成功」の範囲外のHTTPステータス・コードで応答しています。リダイレクトを追跡する機能がHealth Checksロードマップに含まれています。この機能により、ユーザーは任意のHTTPステータス・コードを正常性チェックの成功基準として定義できるようになります。