該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud Infrastructureによってパフォーマンスの倍増とコストの大幅削減を実現

当社のクラウド変革によって得られたインサイトの活用を推進

当社のビジネスをオラクルの次世代インフラストラクチャに移行することで、オンプレミス環境の2倍のパフォーマンスを得られました。より迅速に製品とリソースを展開し、弾力性を全面的に活用することで、ビジネスのあらゆる側面を変革して強化することができるプラットフォームを手に入れました。グローバル企業がクラウドに移行することで学んだことをご紹介します。

使用製品:Oracle Cloud InfrastructureOracle Autonomous DatabaseOracle Autonomous WarehouseOracle Autonomous Transaction ProcessingOracle Analytics CloudOracle Application Express(APEX)Oracle Autonomous LinuxOracle JavaOracle GraalVMOracle Visual BuilderOracle Kubernetes EngineExadata Cloud Service

次世代インフラストラクチャでビジネスを運営するオラクル

多くの組織と同様に、オラクルは数々のオンプレミス製品のアーキテクチャや顧客提供モデル、プラットフォーム・コンポーネントを使用していました。これにより、イノベーションの創出が遅くなり、アップグレードと採用のサイクルが長くなり、不要な技術的制約が生じていました。Oracle@Oracle変革の一環として、当社では、インフラストラクチャを合理化して、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)を実装し、イノベーションの創出、ソリューションの提供、顧客へのサービスのペースを向上させました。

自律型テクノロジーの活用

オラクルは、Oracle Cloud Infrastructureの自律型管理、保守、システムチューニング、セキュリティパッチを軸に据えています。Oracle Cloud Infrastructureによって、グローバル企業のニーズを満たすことができる包括的なソリューションが提供できます。当社では、Oracle Cloud Infrastructureの自律型管理、保守、システムチューニング、セキュリティパッチを利用しています。OCIを使用することで、セキュリティの向上、パフォーマンスの改善、コストの削減を実現しました。

オラクルでは、自身のビジネス要件に対応するために、第2世代のクラウド・インフラストラクチャを大規模に採用しています。会社全体にわたり、Oracle Cloud Infrastructureで重要なビジネスの機能を実行しています。さらに、コストの削減、信頼性の向上、セキュリティの強化というメリットを享受しています。

Edward Screven Oracle Corporation、チーフ・コーポレート・アーキテクト、エグゼクティブ・バイス・プレジデント

Oracle Cloud Infrastructureでオラクルの全アプリケーションを実行するオラクル

当社では、すべてのアプリケーション(SaaS、EBS、NetSuite、Industry Applications、Corporate Applicationsなど)をOracle Cloud Infrastructureに移行するための独自のフレームワークを開発しました。

未来を想定

全体設計

試作

本番検証

未来を想定

ビジョンを確立し、主な利害関係者と戦略を調整します。

全体設計

新しい環境に向けた変更、設計、プラットフォームの再構築に備えて、組織の準備を整え、トレーニングを行います。

試作

開発を行ってワークロードをOCIに移行し、レガシー・データ・センターを閉鎖します。

本番検証

最終的な運用開始、運用開始後のアクティビティ、継続的な最適化を実施します。

OCIで実行されるオラクルのアプリケーション

  • Oracle Fusion Applications – オラクルは、Oracle Cloud Infrastructureでお客様のワークロードをいくつか実行しており、ERP、EPM、HCM、SCM、CXなど、Oracle Fusion Cloudアプリケーションの自身のインスタンスを移行する過程にあります。
  • Oracle Industry Applications – オラクルの産業向けの各アプリケーションは、レストランの運営から救命薬の開発に至るまで、バーティカル固有のミッションクリティカルな機能に対応しており、非常に多様で複雑なポートフォリオを生み出しています。オラクルは、このポートフォリオをOracle Cloud Infrastructureに移行し、スピードとイノベーションのバランスを取っています。
  • Oracle Corporate Applications – オラクルは、企業アプリケーションをクラウドに移行した後、より良い結果をより速く低コストでもたらせるようOracle Cloud Infrastructure and Autonomous Databaseを使用し、ITチームが当社が提供するエクスペリエンスのイノベーションに集中できるようにしています。
  • Oracle NetSuite Applications – オラクルは2016年にNetSuiteを買収しました。最近になって、同社のすべてのアプリケーションをOracle Cloud Infrastructureに移行し、18か月で6つのデータセンターから20のリージョンに急速に拡大しました。Oracle Cloud Infrastructureにより、NetSuiteは、サービスを迅速にスケールアップする能力を通じてビジネスの成長に素早く対応できました。NetSuiteは、Oracle Cloud Infrastructureを使用して、急速な世界進出、敏捷性と信頼性とセキュリティの向上を実現することができます。

提供される付加価値の移行

アプリケーションをOCIに移行することが戦略の中心ですが、自律型データベース、セキュリティ、予測分析、開発者サービスなど、OCIに固有のすべてのメリットも実現しています。

  • 自律型サービス – オラクルは現在、Oracle Cloud Infrastructure Gen 2 Cloudの自律型トランザクション処理(ATP)データベースでミッションクリティカルなビジネス・アプリケーションを実行し、内部システムの管理コストを削減して、パフォーマンスの改善、セキュリティの向上、アップタイムの増加を実現しています。オラクルは、Oracle Cloud Infrastructure Gen 2 Cloudの自律型データウェアハウス(ADW)・サービスで全社向けの企業データウェアハウスを運用しています。この企業データウェアハウスは、全社的なデータレイクとして機能し、Oracle Analytics Cloudとともに、オラクルのすべてのLOBの分析ソリューションと機械学習ソリューションの両方をサポートしています。
  • 開発者サービス – 開発者チームとDevOpsチームは、OCIプラットフォームを活用して、Oracle Applications Express(APEX)、Oracle Kubernetes Engine、Oracle Visual Builder、Oracle Java、Oracle GraalVM、AI、Big Data、Machine Learningなどの革新的なテクノロジーを構築しています。
  • 分析 – オラクルは、Oracle Analytics Cloudの高度な分析や視覚化、機械学習機能を活用して、経営分析と運営分析をビジネスに生かしています。
  • セキュリティ – Oracle Cloud Infrastructureプラットフォームを活用して、デフォルトで安全なアーキテクチャとデータからエッジに至るすべてのレベルで統合されたセキュリティ・ソリューションを実現しています。これには、人工知能や機械学習、多数の自律型サービスが可能にしている各種の開発者、セキュリティ、クラウド管理のプラットフォームが含まれます。

結果

Oracle Cloud Infrastructureを使用することで、次の指標(現時点)を含む高い投資収益率を達成することができました。

  • 敏捷性 – 製品、インフラストラクチャ・リソース、オラクルのサービスをビジネス全体に効率的かつ迅速に展開して、クラウドの弾力性を全面的に活用する能力を最大限に発揮しています。
  • イノベーション – デプロイメント・パイプラインの自動化、リソース管理、オーケストレーションなどの最新ツールやAIやMLなどの新しいテクノロジーの統合といったインフラストラクチャのアップグレードを通じて、技術的機能とサービス・アーキテクチャを改善しています。
  • セキュリティ – ゼロトラスト・セキュリティ・モデルによって、ワークロードに対して最も安全な場所を用意し、自律的なセルフパッチ機能や自己保護機能を提供しています。
  • スケーリング – NetSuite GBUは、Oracle Cloud Infrastructureによって迅速に成長を実現できるようになり、18か月で6つのデータセンターから20のリージョンに拡大しました。
  • 信頼性 – ミッションクリティカルなアプリケーションの一部に対して、99.999%(ファイブナインの高可用性)のアップタイムを実現することができ、これは、年間では約5分の停止に相当します。
  • パフォーマンス – パフォーマンスが2倍向上しました。
  • コスト削減 – より良い結果をより速く低コストでもたらすことができます。

Oracle Cloudを活用するビジネスメリット


お問い合わせ

詳細に興味がありますか?オラクル担当営業がご対応します。

2020年8月27日

NetSuiteがOracle Cloud Infrastructureに移行して30%の成長率に対応した方法

NetSuite Cloud Ops、シニア・プログラム・ディレクター、Edward Cheng

NetSuiteのアプリケーションを世界に点在する8つの従来型コロケーション・データ・センターからOracle Cloud Infrastructure(OCI)、すなわち、オラクルのGen2クラウドに移行するという課題に直面した当初、その移行は少し気が遠くなるようなものでした。どこから始めればよいのか、どのように計画すればよいのか、そのような移行を支えるために、スタッフにどのように備えてもらえばよいのか。

記事の全文を読む