Oracle@Oracleのロゴ

Oracle@Oracle - CX

Oracle Fusion Cloud CXでは、注文の90%以上が、完全に自動化されており、数分以内に完了できます。オラクルのクラウドは、オラクル全体のマーケティング、営業、サービス、および広告を統合して、すべてのやりとりが重要な優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供します。

オラクルの広告およびカスタマー・エクスペリエンス担当EVP兼GM、Rob Tarkoffが語る顧客の期待に応えるためにアプリケーションを進化する方法(4:27)

カスタマー・エクスペリエンスの再考を支援

Oracle CXによって、カスタマー・エクスペリエンスをエンドツーエンドで向上しました。営業、マーケティング、およびサービスを連携して、キャンペーンの立ち上げを迅速化し、営業調査を軽減し、リード・コンバージョンを倍増し、お客様向けのサービスを短縮しました。その方法、およびその過程で学んだことをお伝えします。

使用される製品: Oracle CXOracle MarketingOracle SalesOracle CommerceOracle ServiceOracle CX Platform

Oracle@Oracleとは

サービスとは、ほぼ迅速な提供から真に迅速な回答まで、お客様にとって、すべてのことを意味します。オラクルは、優れたエクスペリエンスを提供し、変化する期待を常に上回るために、お客様に提供しているものと同じツールとパブリック・クラウドでエンドツーエンドの変革に着手しました。現在、オラクルのマーケティング、営業、およびサービスは、Oracle CXを使用して、お客様との関係全体でエクスペリエンスを向上しています。

統合的なデータとパーソナライズされたやりとり

オラクルの目標は、すべてのやりとりを優れたものにすることです。マーケティング、営業、およびサービスのデータを統合して、お客様を統合的で動的に可視化したため、お客様とやりとりするすべての人が必要なすべての情報を入手できます。また、Oracle Cloudに組み込まれた機械学習と人工知能を活用して、Webとチャットでお客様とのリアルタイムのやりとりをパーソナライズしました。

CXプラットフォーム内の営業およびサービス機能の複合力を活用して、営業担当者とソリューション・エンジニアのリアルタイム・コラボレーション・ツールを実現しました。オラクルは、業務をさらに効果的にする情報を従業員に提供し、データの重複入力に費やす時間の90%を短縮しました。

オラクル、オペレーション担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、Jennifer Birk

優れたカスタマー・エクスペリエンスを実現するためのフレームワーク

次の4つの主要なテーマでエクスペリエンスと業務を継続的に改善できる変革フレームワークによって、マーケティング、営業、およびサービスを再構築しました。

合理化

効率の向上

機能を表す回転インフォグラフィック

喜び

自動化

合理化

1つのカスタマー・データベースによって、お客様を包括的に可視化できます。検出中に、パーソナライズされたコンテンツを自分が使用するチャネルで確認するため、自分に関係のない情報を取捨選択する必要はありません。承認サイクルを排除し、契約書を簡素化し、1つのチームが最初から最後まで購入体験に対応できるようにしました。発売時には、セールス・エンジニアとソリューション・エンジニアが、簡単にコラボレーションし、お客様をさらに迅速に成功に導くことができます。

効率の向上

マーケティング担当者は、直感的なセルフサービス・ツールによって、キャンペーンを迅速に作成、実行、および改善できるようになりました。予測インテリジェンスを使用して、最適なアカウントを特定し、オーディエンス・セグメントを構築すると、お客様とのやりとりのすべてを確認できます。適応型のキャンペーンフローは、お客様の行動に応じて変化します。また、営業チームには、やりとりを改善するための権限も付与しました。事前承認された契約オプションによって、プロセスを迅速化し、アプリケーション内学習およびチャットによって、お客様の懸念に迅速に対応できます。ソリューション・エンジニアは、購入前と購入後に、お客様をさらに成功に導くことができるように、カスタマー・データを使用できます。

喜び

カスタマー・エクスペリエンスを向上するには、お客様が目にするものを自分で管理できるようにし、成功を収めるためのツールをお客様に提供する必要があります。パーソナライズされた深い適切なエクスペリエンスを提供し、競合する状況に適した製品とサービスを提示します。

自動化

Oracle CXは予測的で先行的なパーソナライズされた常時連携のカスタマー・エクスペリエンスをエンドツーエンドで提供します。継続的な更新によって、ダイナミックな変化を受け入れ、フィードバック、分析、およびテクノロジー・イノベーションに基づいて、提供するエクスペリエンスを継続的に再考できます。オラクルの自動化と機械学習によって、効率と効果を最大化し、最もスマートな意思決定を自動的に行っています。この結果は、お客様にとって役立つ楽しいエクスペリエンスです。

結果

リードタイムの短縮、作業の軽減、リード・コンバージョンの倍増など、Oracle CXで大きな投資利益率を達成しました。

マーケティング

  • キャンペーン実行までの所要期間を4週間から5日に短縮

営業

  • クラウド・トランザクションすべてのうち90%を完全自動化
  • 95%のカスタマー・インタラクションが自動記録
  • 研究時間を85%短縮
  • リード・コンバージョンを2倍向上

サービス

  • データ入力にかかる時間を90%短縮
  • 研究時間を85%短縮
  • 行動までの期間を30%短縮

ビジネス全体に及ぶOracle Cloudを使用するメリット


オラクルのエグゼクティブ・メンバーと会う

オラクルのエグゼクティブ・メンバーとの仮想ミーティングをリクエストしてください。

今すぐ依頼する


お問い合わせ

詳細を知りたいですか?業界をリードする当社のエキスパートにご相談ください。

エキスパートの声

Bence Gazdagが語るマーケティング変革(4:42)

オラクルのグローバル・マーケティング・テクノロジー担当VPが、Oracle Unityなどのオラクル・テクノロジーを活用して、有意義なカスタマー・エクスペリエンスを創出する方法を説明しています。

Martyn Langleyが語るセールス・エクスペリエンス変革(3:52)

クラウドがコラボレーションの改善とカスタマー・エクスペリエンスの向上をどのように実現しているかをご紹介します。オラクルのグローバル・セールス・オペレーション担当SVPが事例を説明しています。

Aoife Radburnが語る購入体験の向上方法(3:24)

Oracle Cloudによって、営業担当者とお客様の両方にとって購入体験を再考しています。オラクルのグローバル・セールスおよびコンサルティング・オペレーション担当VPが詳細を説明しています。

Krithika Bhatが語るアプリケーションIT変革(5:05)

クラウドへの移行の推進要因、移行アプローチ、および継続的な利点をご覧ください。オラクルのOracle Applications Labs担当GVPが生の声をお届けします。

2020年7月27日

Oracle CX Cloudによりトランザクションの70%を自動化する、オラクルの顧客購入エクスペリエンスの変革

グローバル・セールス・オペレーション担当SVP、Martyn Langley

今日の「常時接続」のデジタル環境では、企業は変化し続ける顧客の期待に応えるため、シームレスなエクスペリエンスを提供できなければなりません。オラクルでは、カスタマー・エクスペリエンス・システムをOracle CX Cloudに移行してプロセスを変革し、お客様に究極的に優れたエクスペリエンスを提供することを決定しました。

記事全体を読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース