該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

     

  • Oracle Cloud Infrastructure Auditとは何ですか。

    Oracle Auditは、Oracle Cloud Infrastructureテナンシのパブリック・アプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)エンドポイントへの呼び出しを自動的に記録するWebサービスです。このサービスでは、それらの呼び出しごとに監査ログ・イベントを作成し、それらを表示、取得、保存、および分析できます。これらのログ・イベントには、呼び出し元のID、ターゲット・リソース、記録されたイベントの時間、リクエスト・パラメータ、応答パラメータなどの情報が含まれています。ログ・イベントには、API、コンソール、Java Software Development Kit(SDK)を使用してアクセスできます。

  • Oracle Cloud Infrastructure Auditのメリットは何ですか。

    Oracle Auditの主なメリットは、Oracle Cloud Infrastructureリソースとテナンシに関連するアクティビティを可視化できることです。監査ログ・イベントは、セキュリティの監査、Oracle Cloud Infrastructureリソースの使用状況および変更の追跡、標準または規制へのコンプライアンスの確保などに使用できます。

  • Oracle Cloud Infrastructure Auditはデフォルトで利用可能ですか。

    はい。Oracle Auditは、デフォルトですべてのテナントに対して有効になっています。Oracle Auditを無効にすることはできません。すべてのテナント管理者には、テナンシ内のすべてのコンパートメントの監査ログ・イベントに対して読み取りアクセスが付与されています。他のユーザー・グループが監査ログを表示および管理できるようにするには、Oracle Identity and Access Management(IAM)を使用してポリシーを構成する必要があります。

  • Oracle Cloud Infrastructure Auditサービスによって作成されたログ・イベントを使用するにはどうすればよいですか。

    テナンシにコンパートメントを作成すると、Oracle AuditによりパブリックAPIを呼び出すすべてのアクティビティがログに記録されるようになります。それらは、コンソールの監査セクションでログ・イベントとして表示されます。または、Java SDKを使用して、指定した時間範囲に一致するイベントをプログラムでダウンロードすることもできます。ログ・イベントは、JSON(JavaScript Object Notation)形式であるため、標準のログ分析ツールを使用して分析できます。ログ・イベントを変更することはできません。

  • 誰が監査ログにアクセスする必要がありますか。

    デフォルトでは、テナント管理者にテナンシの監査ログに対する完全なアクセスが付与されています。Oracle Auditは、機能が豊富なポリシー言語をサポートするためにIAMと統合されています。このため、管理者は、読み取りアクセスを他のグループに柔軟に許可することができます。通常、各コンパートメントにユーザー・グループを作成し、そのコンパートメントの監査ログ・イベントへのアクセスを許可します。

  • Oracle Auditログの保持期間はどのくらいですか。デフォルトの保持期間を変更できますか。

    Oracle Auditは、ログを365日間保存します。この365日間は、イベントが処理および記録された時点から始まります。365日間を超えてログを保存する場合は、Java SDKを使用してコピーを作成し、ログを個別にアーカイブできます。ただし、デフォルトの保持期間は変更できません。

  • コンパートメント全体でログ・ファイルを集計するにはどうすればよいですか。

    Java SDKを使用して、各コンパートメントから監査ログ・イベントをダウンロードできます。現在のAPIは、ログ・イベントのフィルタリングにのみ使用でき、ログ・イベントの一括転送やログ・イベントのストリーミングには使用できません。

  • Oracle Cloud Infrastructure Auditにはどのくらいのコストがかかりますか。

    Oracle Cloud Infrastructureのお客様は、追加料金なしでOracle Auditを利用できます。

  • Oracle Auditログ・イベントにはどのような情報がありますか。

    ログ・ファイルは、ログ・イベントのリストで構成されています。各ログ・イベントは、パブリックAPIエンドポイントでのAPIアクティビティを表しています。ログ・イベントには、発生したアクティビティ、アクティビティの発生時間、およびアクティビティを行った人物に関する情報が含まれています。

    ログ・イベントは、APIを呼び出したユーザー、アクティビティが発生した時間、ソースIP、リージョン、リクエストおよび応答を識別する情報を提供します。ログ・イベント・スキーマの詳細については、ドキュメントを参照してください。

  • 監査イベントを処理してログ・ファイルに配信するのに、どれくらい時間がかかりますか。

    通常、イベントの発生からOracle Auditログ・ファイルへのログ・イベントの配信までに15分かかります。

  • Oracle Cloud Infrastructure Auditはどのくらいの頻度で監査イベントを配信しますか。

    Oracle Auditは、通常、5分ごとにイベントを配信します。

  • Oracle Cloud Infrastructure Auditでサポートされているサービスは何ですか。

    リリース時点では、Oracle Block Volumes、Compute、Database、Identity and Access Management、Load Balancing、およびNetworkingで、Oracle Auditを使用してイベントが記録されます。

  • Oracle Auditイベントはすべてのリージョンについて記録されますか。

    はい。Oracle Auditは、すべてのリージョンのイベントを記録します。

  • Oracle Audit Processing SDKとは何ですか。

    Oracle Audit Processing SDKは、監査ログ・イベントを列挙およびダウンロードするアプリケーションの構築を簡素化するのに役立つJavaライブラリです。詳細については、Oracle Audit SDKファイルを参照してください。

  • Oracle Audit Processing SDKではどのような機能が提供されていますか。

    Oracle Audit Processing SDKを使用すると、アクセスできるすべてのコンパートメントの監査ログ・イベントにアクセスするアプリケーションを作成できます。その後、SDKを使用して、特定の時間範囲でコンパートメントに対して処理されたイベントを列挙できます。

    一度に最大1週間のログ・イベントを取得することをお勧めします。ダウンロードのサイズが大きくなるため、SDKを使用して長時間にわたってログ・イベントを転送することは推奨されていません。

  • Oracle Audit Processing SDKの使用を開始するには何が必要ですか。

    Oracle Audit Processing SDKを使用するには、Javaライブラリが必要になります。