Primavera Unifier Essentials Cloud Service - データシート


製品ツアー

資本プロジェクトの計画および実行プロセスをデジタル化および自動化して、収益性、運用の信頼性、およびリスク管理を改善します。

製品ツアーを見る

主要な利点

  • システムの迅速な起動とROIまでの時間
  • 50以上の実績のあるベスト・プラクティスのプロセスとワークフローを提供
  • 安全なOracleインフラストラクチャ上に構築
  • ニーズに合わせて拡張可能
  • 迅速な予算承認をサポートする価格帯
  • データを一元化し、ポイント・ソリューションを置き換える単一のシステム
  • 強力な資本計画、キャッシュ・フロー、およびスケジュール追跡
  • ビジネスの詳細を満たすようにカスタマイズされた設定
  • 構成済みのダッシュボードとレポート
  • 堅牢なドキュメント管理
  • プロジェクトおよびポートフォリオ・レベルでの可視性と保証

主要な機能

  • プロジェクト・スケジュール・マイルストーンの追跡
  • ベンダー管理
  • 資金と予算の管理
  • コストと予測の管理
  • プロジェクト、契約、明細品目のキャッシュ・フロー・カーブ生成
  • 契約管理
  • 調達管理

OracleのPrimavera Unifier Essentialsは、資本資産の計画と実行プロセスをデジタル化および自動化して、収益性、運用上の信頼性、リスク管理を向上させます。導入が早く、使いやすい単一のプロジェクト管理ソリューションにより、プロジェクトの選択、コスト、契約および情報管理、レビュー・サイクル、およびスケジュールを管理できます。

このソリューションは、実績のあるPrimavera Unifierビジネス・プロセスによって支えられています。このビジネス・プロセスは長年にわたり、世界中の主要組織の資本プロジェクトの成果を改善してきました。Primavera Unifier Essentialsは、50を超えるプロセスのコア・セットを提供し、20年以上に及び、何百もの所有者のPrimavera Unifier実装によって検証された業界のベスト・プラクティスを反映しています。詳細について、Unifier Essentialsのツアーを見る

Primavera Unifier Essentialsは、データを1つのソリューションに統合して、適切なプロジェクトを選択および優先順位付けし、スケジュールの可視性を維持し、コストを管理し、コラボレーションを促進し、資産ポートフォリオ全体のプロジェクトについて情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。


このクラウド・ソリューションは、選択や構築から運用や改修まで、資本を最大限に活用するのに役立ちます。わずか数週間で稼働できるように、組織向けにパーソナライズされた多数の実績ある構成を使用します。プロジェクト全体のデータ・アクセスと可視性の向上により、リスクを軽減します。プロジェクト・チームを1つのソリューションにまとめることで、コミュニケーションとコラボレーションを改善します。明確で包括的なプロジェクト・レベルおよびプログラム・レベルのグラフィカル・レポートを経営陣に提供します。

数週間以内にPrimavera Unifier Essentialsの稼働を開始できます。資本計画、コスト管理、およびプロジェクト・デリバリーの改善が収益に与える影響をご覧ください。

Primavera Unifier Essentials:強力でアクセスしやすく、拡張性のある資本計画およびプロジェクト管理ソフトウェア。

ポートフォリオ・マネジメント

適切なプロジェクト選択の決定を行うことが、資本を最大限に活用するための鍵となります。履歴データと堅牢な分析を使用して、自信を持ってプロジェクトに優先順位を付けて計画します。すべての利害関係者からの情報をタイムリーにまとめて意思決定プロセスをサポートし、そのプロセスを記録して将来の意思決定を通知します。資本計画を資金ソースおよび戦略的計画に関連付けて、実現可能性とパフォーマンスを向上させます。


資金と予算の管理

すべてのプロジェクトで資金/予算を正確に計画し、割り当てます。Primavera Unifier Essentialsは、見積り、予算管理、コミットメント、支出、差異、予測など、コスト・プロセスに関する実証済みの自動化を提供します。絶えず変化する情報は、Primavera Unifierワークフロー・エンジンで管理されます。このワークフロー・エンジンでは、予算の変更、契約の変更、リスクがすべて追跡され、現在のデータに基づいて意思決定が行われるようになります。

単純なものから複雑なものまで、キャッシュフローと資金ソースの分析を含めた可視性、制御、予測を提供します。

すべてのコストは、堅牢なコスト・コード構造でサポートされる一元的なコスト・シートに積み上げられます。プロジェクト・コスト情報は、プロジェクト全体または資産ポートフォリオ全体で、ワーク・パッケージ別にドリルダウンできます。

Primavera Unifier Essentialsキャッシュ・フローのスクリーンショット
図1 - Primavera Unifier Essentialsには、プロジェクトおよびポートフォリオ・レベルで実績に対する予測を追跡するための一目でわかるチャートが含まれています。

 

契約と調達

入札、契約、および変更管理プロセスを合理化し、自動化します。マスター・サービス契約(MSA)と作業リリースの管理、変更オーダーのルーティングと追跡、購買オーダーの発行、請求書の管理を行います。

文書管理

Primavera Unifier Essentialsには、堅牢な文書マネージャー・モジュールが含まれています。設計基準の概要文書から詳細な仕様まで、すべての文書では、内部および外部アクセスを管理するために、厳密な権限制御が使用されます。機能には、文書のチェックインとチェックアウト、バージョン管理、およびすべてのMicrosoft Office文書の全文検索が含まれます。

 

プロジェクト・マネジメント

プロジェクト・ビジネス・プロセス、コミュニケーション、ドキュメント、および契約管理にわたる包括的なビューにより、監視、標準化、および制御を推進します。Primavera Unifier Essentialsを使用すると、プロジェクトに関するすべての情報が単一の安全なシステムに保存され、遅延が発生する前にダッシュボードとレポートを介して潜在的な問題を可視化できます。クラウドベースのアーキテクチャにより、内部および外部ユーザーは関連情報に迅速にアクセスし、それに基づいて共同で行動できます。

プロジェクト・ワークフロー、コミュニケーション、および運営を管理します。設計レビューを実行し、RFIおよび提出物をルーティングします。日次レポートおよびトランスミッタルを作成します。Bluebeam連携を活用して、リアルタイムの図面コラボレーションを実現します。

複雑なコストの内訳構造とビジネス・ルールを容易に管理します。構成可能なビジネス・ワークフローを中央システムで使用して、ドキュメントと意思決定をコラボレートおよび取得します。


クローズアウト

パンチ・リストを管理し、サインオフして、クローズするための文書とデータの処理を確実に行います。プロジェクトの全レコードを効率的に引き渡します。構築された資産を最適に維持するために、アクセス可能な形式で完全な情報があることを確認します。


ダッシュボードとレポート

200を超える事前作成済のレポート、レイアウト、およびダッシュボードがあります。これらはそのままで使用することも、ニーズに合わせて構成変更することもできます。エグゼクティブ・レポートでは、主要なERPシステムで使用されているOracle Analytics Publisherを活用します。標準装備されたレポートとダッシュボードにより、プロジェクトおよびポートフォリオ・レベルでキャッシュ・フローに関する重要なデータを可視化、分析、共有できます。詳細なコスト、スケジュール、スコープ、リスクの更新、プロジェクトごとの要約レベルのレポートで、残件項目、その優先度、リスクが把握できます。レポートとダッシュボードは、システム設定時に組織に合わせて簡単にパーソナライズできます。

Primavera Unifier Facilitiesのプロジェクトサマリーのスクリーンショット
図2 - Primavera Unifier Essentialsでは、プロジェクト・レベルのスナップショットを簡単に取得できるため、進捗状況の追跡と健全性の評価が簡単にできます。

拡張性

50を超える事前構成済みのベスト・プラクティス・ビジネス・プロセスを使用して迅速に立ち上げができるため、資本資産の計画と導入の効果をすばやく追跡できます。組織のニーズの変化と成長に伴い、Primavera Unifier Essentialsを引き続き使用したり、将来のニーズに合わせて強固な基盤を構築したりできます。必要に応じて機能を追加して、世界で最も柔軟な資本管理およびポートフォリオ・プランニング・ツールであるPrimavera Unifierのパワーを引き出すことができます。

コスト超過を管理し、リスクを効果的に管理する準備はできていますか?