該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

レポートの作成方針

このレポートは次の目的を達成するべく構成されています。

  • オラクルの製品、サービス、コーポレート・シチズンシップ活動を通じた社会貢 献への取組みを紹介
  • サステナビリティ、教育、寄付、ボランティアを始めとするオラクルのシチズン シップ・プログラムの進捗状況を追跡
  • Global Reporting Initiative ( GRI )基準に準拠

このレポートの作成にあたり、オラクルの経営陣、社員、関係者の多数から意見を収集 しました。特に断りのない限り、このレポートはオラクルの全子会社を対象に含め、レ ポート中のデータは 2018 年度( 2017 年 6 月 1 日~ 2018 年 5 月 31 日)を対象とするもので す。 コーポレート・シチズンシップ・レポート・データシート は 2018 年 5 月 31 日までの 過去 3 年度のデータをまとめたものです。

このレポートについてのご質問は、citizenship_jp@oracle.comにお寄せください。

マテリアリティ

オラクルは注力すべき領域を特定しそれをより深く理解するために、定期的に重要性( マテリアリティ)評価を実施しています。これにより、長期的なビジネスの成功に必要 な経営的、環境的、および社会的なパフォーマンスを最適化するとともに、関係するコ ミュニティにオラクルの実績とプラスの影響を的確にお伝えすることが可能になりま す。

重要性評価の一環として、サステナビリティにおける主要な基準を決定するうえ で、 Global Reporting Initiative ( GRI )基準を参照しています。また、お客様からの提案 依頼や社員調査を参考にし、社員やお客様にとって最も重要な問題を特定しています。

倫理的ビジネス行動に関する最も高い基準を遵守
取り扱いデータのプライバシーとセキュリティの確保
ダイバーシティ、インクルージョン、安全性を備えた職場の提供
テクノロジーを軸に教育格差のない世界を推進
経済、社会、環境上の価値創出に私たちのテクノロジーを活用


Oracle Cloudをフォロー