該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

設計と範囲

このレポートは、次の目的を実現するために作成されました。

レポート期間

特に明記されていない限り、このレポートは2020年度のレポート期間(2019年6月1日から2020年5月31日まで)のすべてのオラクル子会社を対象としています。コーポレート・シチズンシップ・レポートのデータシート(PDF) は、2020年5月31日までの過去3会計年度のデータをまとめています。

このレポートに関してご不明な点がございましたら、citizenship_ww@oracle.comまでお問い合わせください。

マテリアリティ

オラクルは、重点的に取り組むべき分野をより明確にし、理解するために、定期的にマテリアリティ・アセスメントを実施しています。このプロセスは、長期的なビジネスの成功に必要な経済的、環境的、社会的なパフォーマンスを最適化すると同時に、事業を展開する地域社会におけるオラクルの価値貢献とポジティブな影響を伝えることにも役立っています。

評価の一環として、グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)スタンダード:GRI対照表を参照して主要なサステナビリティ・ベンチマークを特定します。また、従業員の調査や提案依頼書も参照し、お客様にとって最も重要な問題を特定しています。

最高水準の倫理的な事業活動の維持
管理するデータのプライバシーとセキュリティの保護
ダイバーシティ&インクルージョンおよび安全性の高い職場の提供
従業員がプラスの影響を与えるように支援する働きかけ
グローバルで学生の教育と技術的インクルージョンを推進
世界中のコミュニティで社会貢献に従事
経済的、社会的、環境的な価値創造のための当社技術を活用
循環性と気候変動を含む持続可能なビジネス思考