価値と倫理

 
オラクルのコア・バリュー

オラクルの企業基盤を形成し、ビジネスの基本理念となっているのは次の価値基準です。

  • 誠実さ: オラクル社員は、あらゆる商取引において誠実で信頼の置ける倫理行動を守り、他者との個人的な交流においても誠実であること。
  • 相互尊重: オラクル社員は、常に敬意と尊厳を持って他者と接すること。
  • チームワーク: オラクル社員は、オラクルの集団的利益を実現するためにチームとして協力し合うこと。
  • コミュニケーション: オラクル社員は、情報を有効に共有すること。必要性に応じて、情報の共有と保護とのバランスを取ること。
  • 革新性: オラクル社員は、問題解決のために革新的かつ創造的なアプローチを追求すること。
  • お客様の満足: オラクル社員は、常に顧客満足を最優先に考えること。
  • 品質: オラクル社員は、卓越性と品質の追求を日常業務プロセスの一部とし、あらゆる業務において継続的に改善を心掛けること。
  • 公平性: オラクル社員は、お客様、サプライヤ、パートナーおよび他の社員を常に公正に扱うこと。
  • コンプライアンス: オラクル社員は、会社を代表する社員としての行動およびオラクルの業務に適用されるすべての法律、規定、社内ポリシーを順守すること。
  • 倫理: オラクル社員は、オラクルが定めた規範を順守し、ビジネス上の意思決定において倫理的に行動すること。

コンプライアンス、倫理、ビジネス行動に関するカリキュラム

オラクルでは、オラクルの倫理とビジネス行動規範の理解と順守とを助けるため、次のようなオンライン・コースを用意しています。

  • Anti-Corruption and Foreign Corrupt Practices Act

    腐敗行為および海外腐敗行為防止法

    適用される腐敗行為防止法およびオラクルのポリシーに従って業務を倫理的に遂行するように社員を教育します。

  • Employee Health and Safety

    社員の健康と安全

    職場の危険要因を認識および理解し、安全性に関して適用されるすべての法令やその他の要求に従うように社員を教育します。

  • Ethics and Business Conduct

    倫理とビジネス行動

    日々の業務にオラクルの倫理とビジネス行動規範を適用するように社員を教育します。

  • Information Protection Awareness

    情報保護に対する認識

    オラクル社内の情報を保護する方法、およびオラクルのセキュリティ・ポリシー、プライバシー・ポリシー、慣行を業務に適用する方法について社員を教育します。

  • Insider Trading

    インサイダー取引

    オラクルと他社の証券取引に適用されるインサイダー取引規制法および証券取引法を、完全に順守するように社員を教育します。

  • Oracle Software Security Assurance

    オラクル・ソフトウェアの安全性保証

    規範となる製品開発プロセスおよびセキュリティ脆弱性への対処方法を社員に説明します。

  • Sexual Harassment Awareness

    セクシャル・ハラスメントに対する認識

    セクシャル・ハラスメントとなりうる行為に対する知識とその報告について社員を教育します。


Governance

ガバナンス

オラクルの取締役会は設立以来、株主の皆様に対する責任を果たすべくコーポレート・ガバナンスの強化に努めてまいりました。

取締役会の構成とその活動、情報公開に対する姿勢、社員向けの倫理とビジネス行動規範に関する様々なガイドラインが示す通り、オラクルは新たな基準の順守も含めて適切なコーポレート・ガバナンスに取り組んでいます。


詳細はこちら

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

サポートについてのお問い合わせ

トピック別にサインアップ