Oracleデータベース
のデータ保護の再定義

プレビュー:

Oracle Database Backup Logging Recovery Appliance

最新情報をフォロー:

重要なビジネスデータを失いたい企業など存在しません。しかし、それと同時に、数多くのクリティカルなビジネス・アプリケーションを、十分な時間をかけてバックアップできる企業も存在しません。近日提供が開始される、オラクルの新しいエンジニアド・システムが、この問題を解決します。

Larry Ellison、Oracle DBLRA を発表

Video: Larry Ellison Announces Oracle DBLRA

ビデオを見る(8:01)

ビジネスユーザーが求めているのは、アプリケーション・パフォーマンスや可用性を損なわない完全なデータ保護です。データベースを保護するための現在のITソリューションでは、データ損失を防げないことがしばしばあります。しかも、リストアで長時間のシステム停止を余儀なくされ、バックアップ中にはシステム・パフォーマンスの低下もまぬがれません。何年もの歳月を経て、技術が進歩してきたにもかかわらず、データベースのバックアップとリカバリには、重大な課題が残されたままです。IT管理者たちは、拡大し続けるデータベースを、短くなっていくバックアップ時間に収めようと苦闘しています。

ビジネスニーズとIT要件が両立するようバランスをとろうと努力して、多くのIT組織が、拡張しながらエンタープライズ全体を保護する一元的なインフラに望みをかけてきました。しかし、現在のソリューションでは、そうした目的を1つも達成できないことが明らかになりました。自社製品なら、ストレージの節約(重複排除など)やデータベースレベルの統合、パフォーマンスの向上により、そうした問題を解決できると謳う企業は多いものの、現実はそれほど甘くありません。ひっきりなしにデータが行き交うデータベース環境で安定した効果を上げるソリューションは1つもなく、断片化したバックアッププロセスがいくつも孤立する結果になることも少なくありません。


シンプルで拡張性の高いデータ保護

サンフランシスコで開かれたOpenWorld 2013で発表されたOracle Database Backup Logging Recovery Applianceは、上述のすべての課題に対応します。オラクルのエンジニアド・システムであるこの製品は、最新で拡張性の高いアーキテクチャを用いて、データ保護がシンプルになるようゼロから構築されており、データのライフサイクル全体を強力に制御でき、クリティカルなデータベースの高い可用性を保証します。長い間、データ保護の前に立ちはだかってきた多くの問題を解決すべく、Oracle Database Backup Logging Recovery Applianceでは次のことが可能です。

 Oracle Database Backup Logging Recovery Applianceは、コストがかさむうえに、効果が上がらない夜間バックアップという、何十年ものパラダイムを乗り越えた最初の製品で、クリティカルなビジネスデータを完全に保護するというニーズに誠実に応えるソリューションを提供します。 
Juan Loaiza,
オラクル・コーポレーション ソフトウェア開発担当 シニア・バイス・プレジデント
  • データ損失の防止:
    革新的なデルタプッシュ・テクノロジーで、データベースのすべての変更とREDOログデータがリアルタイムでアプライアンスに送信されるため、損失の危機にさらされるのは1秒に満たない期間のデータのみです。
  • 本番用サーバーの負荷を最小化:
    Oracleデータベースに組み込まれたバックアップ・アルゴリズムでは、変更されたデータのみがアプライアンスに送信されます。さらに、コストがかさむバックアップ処理のすべてのアクティビティがアプライアンスにオフロードされるため、データベース・サーバーのワークロードが大幅に削減されるだけでなく、ストレージコストも削減されます。
  • 任意の時点へのリストアが可能:
    Oracle Database Backup Logging Recovery Applianceは、受け取った変更データを検証して圧縮します。格納されている変更から、必要な時点の完全な仮想コピーを作成できます。
  • 自立的なテープ・アーカイブが可能:
    オプションとして使用できるテープ統合機能により、バックアップをアプライアンスからテープに直接送れます。そのため、リソースに負荷のかかる、テープへの完全なバックアップ処理を本番用のデータベース・サーバーからオフロードできます。また、オフピークのバックアップ期間だけでなく、継続的にテープ・システムを使用できるため、効率の向上とコストの削減も可能です。
  • 効率的な拡張:
    卓越した拡張性を備えるアーキテクチャにより、システムを停止させることなくシームレスに、ストレージの容量をペタバイト単位に拡張できます。また、導入先がOracle Exadataかその他のプラットフォームかにかかわらず、多数のOracleデータベースも保護できます。
  • エンタープライズ・データの保護:
    エンド・ツー・エンドのデータ検証機能のほかに、変更データをリアルタイムで別のOracle Database Backup Logging Recovery Applianceにレプリケートする機能もあります。そのため、ビジネス上の重要なデータを、拠点の災害や機能障害から保護することができます。

詳細