オラクルのサポート・バリュー、さらに高まる

オラクルの一部製品において第一年度のExtended Supportを追加料金なく提供

業界最高のサポート・ポリシーを、さらに利用しやすく
オラクルはお客様の声に耳を傾けました。かつてない世界規模の金融危機に、これまで通りのビジネス継続が困難になっています。業界をリードするサポートを今後も提供するための努力の一つとして、オラクルはいくつかの製品について、2010年~2011年にかけてのExtended Supportを追加料金なく提供すること等を決定しました。お客様が使用中のITインフラストラクチャを最適化する機会がさらに継続するとともに、ビジネス状況に応じたアップグレードのタイミングを選択することができます。

第1年度のExtended Supportを追加料金なく提供:

  • Oracle E-Business Suite 11i Release 10(2011年11月まで)
  • JD Edwards EnterpriseOne 8.11(2010年12月まで)
  • Siebel Customer Relationship Management (CRM) 7.8(2011年5月まで)
  • Oracle Database 10g Release 2(2011年7月まで)

※この措置の適用に特別な手続きは必要ありませんが、Extended Supportの第2年度以降は通常の体系に戻り、無償のExtended Supportは自動的には継続されませんのでご注意ください。

Extended Supportを追加料金なく提供:

  • PeopleSoft Enterprise 8.9(2011年6月まで)

パッチ提供の延長:

  • Oracle E-Business Suite 11i Release 9(2010年6月まで)
  • 重要度1問題へのパッチ提供と米国でのyear-end 1099サポートの延長

アップグレードのためのさらなる時間的猶予
オラクルのライフタイム・サポートが、お客様のアップグレード戦略のコントロールを可能にします。フレキシブルなサポート・ポリシーによりお客様のビジネスのスピードにあわせたアップグレードが可能になることで、オラクル製品のアップグレード計画とコスト見積りを容易にします。Oracle Premier Supportには、追加料金を頂かないお客様の契約期間内のアップグレードが含まれています。

お客様のビジネス成功のために
Oracle Supportは、お客様のビジネス成功に重点を置いています。お客様が今日の経済状況に立ち向かうとき、オラクルはそのテクノロジへのお客様の投資を保護し、発展させることで、お客様のお役に立ちたいと考えています。

次のアップグレードへの計画を始めましょう
最新リリースへのアップグレードのメリットをお知りいただくには、以下の情報をご覧ください。

  • Get Started on the Upgrade Path(英語)

ビジネスへの影響を最小にしながら、円滑な移行と着実なアップグレード戦略の実施を支援するためのサービスを探すことができます。

  • 最先端技術への移行を促進

追加リソース:

  • Waiver of Extended Support Frequently Asked Questions

▲ ページトップへ戻る

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

サポートについてのお問い合わせ

トピック別にサインアップ

    E-mail this page    Printer View Printer View