日本オラクル特集記事

Cloud Integration Challenges

クラウド時代のマーケティング最前線:
CMOが手にする新たなツールと影響力

オラクル・コーポレーション
Oracle Marketing Cloud担当ゼネラルマネジャー
兼 シニア・バイスプレジデント
ケビン・エイクロイド

 

顧客中心の時代に多くの人がマーケティングについて注目しています。その新しい視点で考えるマーケティングのプロセスにおいて、Chief Marketing Officer(最高マーケティング責任者:CMO)はその役割を再構築しようとしています。

顧客中心主義について語ることは新しいことではなく、またマーケティングが企業の成長をけん引する役割があることもまたしかりです。事実、コンテンツを最大限活用する必要性、マーケターがテクノロジーを利用する必要性、データを分析に活用する必要性、マーケティングの価値を証明しROIを提示する必要性。これらのどれもがCMOやマーケターにとって新たに求められていることです。

しかしながら、マーケターはこのデジタルの時代においてブランドを代表し、その行動に予測がつかない顧客と長い関係を構築していく必要があります。この状況がいわゆる米国西海岸のベンチャー企業を作り上げましたが、残念ながらばらばらなメッセージを展開し、成功へはつながっていません。

ビックデータについても同じことが言えます。データは非常に力強い情報源ですが、たくさんのデータがあるからといってマーケティング活動は終わりではありません。CMOは実用的な分析と行動におこせるデータが必要です。より多くのデータがあれば、というのは回答ではありません。もしそのデータが顧客の履歴や関係性の高いパートナーシップから得られたデータや分析、また、より豊富な関係構築を展開するアプリケーションに紐づいていなければなりません。

コンテンツ・マーケティングはまた最近大きく進化しているもう一つの領域です。より多くの企業がマーケティング活動の中心にコンテンツを据えれば据えるほど、マーケターは格好いいクリエイティブや、従来のコンテンツを超える何かが差し迫って必要と認識し始めています。

デジタル・マーケティングを支援するコンテンツへの関心が薄いことは、マーケターが従来とは異なる、別のよい方法を検討する必要があるでしょうが、現実はそうではありません。どのようにしてコンテンツを作るか、どの程度の努力をコンテンツ作成にかけるかを理解すること、また、トピックや顧客の反応、チャネルごとの効果を図ることは、コンテンツ制作の予算が25パーセントという典型的な予算枠から抜け出すために重要です。先進的なマーケターは、デバイスや、それぞれの接点を通して、説得力のあるストーリーを顧客に向けて、展開し、顧客とやり取りするクロス・チャネルのコンテンツ戦略にますます焦点をあてて活動してきています。

これは、マーケティング・テクノロジーを提供する企業から提案されると少し違和感があるかもしれませが、彼らが欲しているものは、身近に存在するオープンなフレームワークです。それらは、今日存在する最先端のテクノロジーですぐ結果を確認することができ、明日のイノベーションに向けた準備をすることができるデータ同士をつなぐことができる、すなわちアプリケーション、メディア、コンテンツです。

既に実践されている先進的なマーケティング

私たちはこうした流れをお客様から学んでいます。先進的なマーケターは、理想的な顧客や消費者と彼らの所属する企業の経営者からという双方の期待に応えるべく日々仕事をしています。

オラクルがマーケティングを企業向けに、シンプルに、顧客中心に、と掲げて、Oracle Marketing Cloud戦略を立ち上げてから1年以上がたちます。

私たちは、短期の売上向上に対するプレッシャーやより良いカスタマー・エクスペリエンスを長期的に提供するというマーケターの願いに応えるため、世界のブランドであるオラクルとしてOracle Marketing Cloudを立ち上げて、製品を展開することに誇りを持っています。

Oracle Marketing Cloudは複数の言語をサポートし、欧州・中東・アフリカ地域ではデータセンターを立ち上げ、500以上のアプリケーション、メディア、データ・パートナーと一緒に、包括的なマーケティング・エコシステムを構築しています。

全ては、私たちのお客様をサポートするために設計されています。ここに少し例をあげます。

 ・ Dellは、ナーチャリング・プログラムを展開しました。そして、平均2倍以上の受注価値を創出し、ナーチャリングの成功事例として複数の国でプログラムを展開しています。

 ・ ペットの移動や旅行を支援するPetRelocationは、顧客のコンバージョン・レートを約150パーセント向上し、またブランドの認知度もあげました。オンライン上での顧客の行動から受ける便益はPetRelocationの毎年の売上の約70パーセントを占めています。 

 ・ New Brunswick大学は、平均39パーセントのメール開封率という結果を見て、セグメントやターゲットを決めていくことが、ターゲティングをしないメール配信よりもずっと良いと実感しました。

将来を見据えて

今後数年は先進的なマーケターにとって、大企業だけでなく中堅企業も含めたとどまるところを知らない期待に立ち向かっていくというような大変な時代になるでしょう。そこには、成功を約束できるマジックのようなものはありません。ただ、Oracle Marketing Cloudは、実証された基礎的なアプローチで、マーケティング活動をよりシンプルに、より効果の高いものにしていきます。

ここで、世界の優秀なマーケターが先進的なマーケティングへ移行する際にお互いが質問していた内容を共有します。

 ・ マーケティング・テクノロジーに関する多大な期待や混乱はどこにあると思いますか?どのように落とし穴を避けることができますか?

 ・ 複雑なテクノロジーの管理と成長促進、どちらにどのぐらい時間を費やしていますか?

 ・ あなたの実務においてテクノロジーはどの程度役に立ちますか?

 ・ 社内的にはあなたの部署でどのようにマーケティング活動をしていますか?顧客ごとの個別のアプローチを行うため、異なるKPI(重要業績評価指標)を使いながら、ばらばらなオペレーションをまだ行っていますか?

 ・ CFOやCEOはあなたの仕事をどう評価するか理解していますか?あなたはその手の会話を積極的に行っていますか?

その答えには、人、プロセス、テクノロジーを巻き込みます。そして、Oracle Marketing Cloudは、新しい方法でそれら全てをサポートします。オラクルのEloqua, Responsys, Compendium, Vitrue, Collective Intellect, BlueKai, Push IO, Datalogixの買収は、最新のテクノロジー、ユーザー・コミュニティ、クラウドの最善の組み合わせを提供します。

私たちは、顧客中心のメッセージ、モバイル対応、コンテンツの拡張、改善したコンテンツ作成ツールによるマーケティングの簡素化を強化し、大企業規模のデータ・マネジメント、オートメーション、マーケティング・プロセスにチカラを入れしてきました。

2015年8月20日行われるModern Marketing Tour Tokyo 2015で、Oracle Marketing Cloudの最新ソリューションを体感してください。先進的なマーケターにとって必要な情報をここで収集してみてください。

「Modern Marketing Tour Tokyo 2015」 イベント概要
日程:2015年8月20日(木)12:30 - 17:00
場所:コンラッド東京 「風波」(東京都港区東新橋1-9-1)
主催:日本オラクル株式会社 オラクルマーケティングクラウド
公式サイト:http://events.eloqua.com/MMT15-Tokyo