該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

オラクルCEOサフラ・キャッツ「Oracle Cloudへの移行がオラクルにもたらしたもの」

オラクル・コーポレーション
コンテンツ戦略・製作担当ディレクター
マーガレット・ハリス


12日間以内に決算を完了する。人材評価にかかる時間を70%以上短縮する。こうした明らかな効果を、オラクルは自社のクラウド・アプリケーションを使用することで得られていると、12月12日に実施された2020年度第2四半期の決算報告においてCEOのサフラ・キャッツ(Safra Catz)が説明した。

オラクルはクラウド・アプリケーションやインフラストラクチャへの移行により、新機能とインテリジェントな自動化を使用してビジネス・モデルやプロセスを継続的に簡略化し、留まることのない効率性を追求している。これにより、企業としての収益成長率と効率性が高まるものとキャッツは期待している。

さらに、オラクルとその顧客はもう1つの大きなメリットを実感している。「オラクルは数千に上るお客様や事例を有していますが、Oracle Cloudのアプリケーションやインフラストラクチャを自社で導入するという経験を有しています。デジタル・トランスフォーメーションの取り組みを知りたいというお客様にとって、ユニークで知識豊富なアドバイザーとなることができます」とキャッツは説明した。

キャッツは、オラクルがこれまでに実現した具体的なメリットとして、以下のように述べている。

  • 財務の効率性:「多くの企業は業績報告に何週間も時間をかけていますが、オラクルはOracle ERP Cloudによって、12日以内に決算を完了し、収支を報告できるようになっています。また、Oracle ERP CloudのAIやプロセスを用いることで、手作業による会計業務の30%以上を削減しています」
  • 人事プロセスの改善:Oracle HCM Cloudにより、オラクルでは従業員の満足度が急上昇し、新規従業員の雇用や受入プロセスなどでは過去最高に達しています。また、Oracle HCMは人材評価プロセスに要する時間を70%以上も短縮できるため、マネージャーや従業員にとって人事プロセスが容易になっています。さらに、求人プロセスを加速することで、マネージャーがプロセスにかける時間を毎年2万時間以上も節約しています」
  • データ駆動型の自動化セールス/マーケティング:「オラクルは機械学習とOracle Data Cloudによって強化された顧客対応のクラウド基盤を使用することで、営業担当者がより多くのものをより短期間で販売できるよう支援しています。Oracle Marketing Cloudによって、数週間ではなく数日間でキャンペーンのプランニングを行い、組込の機械学習によってリードのコンバージョンを倍増させています。Oracle Sales Cloudで毎年数百万のアクティビティを自動的に捕捉し、Oracle CPQ Cloudによって注文処理がはるかに高速かつ容易になり、70%以上のトランザクションが完全に自動化されています。この製品によって、お客様のクラウド移行の結果であるトランザクションの増加に対応する必要がありました」
  • ITコストの削減:キャッツによると、オラクルは四半期ごとに100を超えるクラウド・アプリケーションの新機能を採用しているにもかかわらず、社内のITコストは数百万ドル単位で減少しています。

オラクルがオペレーションをクラウドに移行した方法と、達成した結果について、詳細をこちら(英語)でご覧いただけます。


本記事はOracle blogの以下の記事を抄訳しています:
Oracle CEO Safra Catz: What Moving to Oracle Cloud Has Done for Us