該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

 

日本オラクル特集記事

すぐに使えるAI、最新テクノロジー導入方法の新潮流

オラクル エマージングテクノロジー担当シニアディレクター
エマ・ヒッツキー(Emma Hitzke

どうすれば最新のテクノロジーを導入できるのか・・・ 最近、人工知能(AI)/機械学習(ML)という単語を聞かないことはなく、従来からのビジネスや製品の優位性が、次々に現れる新興企業によって根本から脅かされ、今のままでは将来に希望が持てなくなってきています。どうすれば先進技術を迅速かつ効率的に導入できるのでしょうか—悩まれているのはあなただけではありません。

AIもMLも他のテクノロジーと同様に本来はビジネスの課題を解決するツールです。テクノロジー自体に焦点をあてるのではなく、自社のビジネスにおける“イノベーション”へのニーズからスタートすることで、テクノロジーにビジネス価値を与えることができます。例えば、現金の支払いや収益管理といった繰り返し行われる定型業務を自動化する方法や、決算に係る作業をもっと早く効率的で正確に行う方法を探しているとすれば、MLを搭載したERPソリューションがそうした目的を果たしてくれる可能性があります。事実、マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)は調査の結果、「財務活動の40%は完全に自動化可能であり、さらに17%もほとんどが自動化できる」と結論付けています。

つまり、AIは業務効率を高めつつ運用コストは削減し、さらにはプロセスの自動化や予測、意思決定を改善できるとても有用なビジネスツールになりえるということです。

財務部門におけるAIの活用機会

アナリティクスと組み合わせることによって、AIは企業経営や意思決定、パターンの発見に必要な、これまでになかった可能性を与えてくれます。財務部門においても3つの方法で業務を改善することができます。

  1. 1. 生産性、効率、エンゲージメントの向上:チャットボットなどの対話型インターフェースや、気付くべきことや次にやるべきことを示唆してくれるインテリジェントな機能により、複雑なタスクを簡単にこなすことができます。

  2. 2. タスクの自動化:プロセスの自動実行により工数の低減や業務の質の向上を実現するだけでなく、社員を煩雑な業務から解放してより付加価値の高い戦略的な活動に注力できるようにします。

  3. 3. 予測の向上:AIの1つであるMLによって予測やシミュレーションの精度を向上し、より多くのデータに基づく意思決定を行うことができます。

財務部門のAI導入における課題

先端のテクノロジー自体が変革をもたらすわけではありません。変革のためにはそうしたテクノロジーを受け入れる意識と、分析に必要な関連性の高いデータを提供できる環境が求められます。AIの導入を成功させるためには、次のような課題が挙げられます。

  1. 1. コミュニケーションの改善:ビジネス部門とITチームのコミュニケーションが取れていなければ、AIを導入しても効果を発揮できません。改善のプロセスはまず、互いに双方の期待値を設定することから始まります。ビジネス目標を共有し、AIに関連したあらゆる取り組みについて、明確に対象範囲とタイムラインを定めます。同時に、新たなテクノロジーによりもたらされる、仕事に対する社内文化そのものの変革も考える必要があります。

  2. 2. 正しいデータの発見:最高のアルゴリズムがあっても、そもそもデータの質や関連性がきちんと担保されなければ有意義な洞察は得られません。重複除外などのデータクレンジング処理を行い、収集したデータに社内外からの情報を付加して情報を補強(例えば財務データに人事データもしくは外部情報を合わせるなど)する必要があります。何より重要なことは、部門・部署ごとに別々に持っているデータを会社全体に開放しなければなりません。

  3. 3. セキュリティの確保:企業システム内に保持されるデータが急増したことで、より一層のセキュリティやプライバシー保全についての懸念が高まっています。企業は顧客の信頼を持続させ規制を遵守するために、データの匿名性はもちろんのこと、データの収集や処理に際してデータのセキュリティをいかに担保するかを考慮する必要があります。

  4. 4. 新たなスキルの習得:洞察を得るためのデータマイニングの必要性が高まり、データサイエンティストはなくてはならない存在になりました。財務チームがデータを意味のあるモノにするために必要なスキルを習得すれば、AIの利点を十分に活用することができるでしょう。

ソリューション:すぐに使えるAI

すでにAIが搭載されているソリューションなら、あなたの会社はすぐに最新のイノベーションを導入してユーザーエンゲージメントやコラボレーション、パフォーマンスを改善できます。オラクルのCEOであるマーク・ハードは「Blockland 2018」において、聴衆に次のように述べています。「AIそのものが“単独のアプリケーション”として成り立つとは思えません。AIはひとつの機能として様々なアプリケーションに組みこまれた形で統合されるべきだと確信します。例えば、チャットボットも、チャットアプリケーションとして作られるのではなく、アプリケーションに統合されたデジタルアシスタント機能としてチャットボットが統合されるのです。」

Oracle Cloudのアプリケーション(Oracle ERP Cloud)には、使い慣れたユーザーインターフェースやビジネスワークフローの中にML機能が組み込まれています。企業はAIや対話型インターフェース、自然言語処理、ブロックチェーン、Internet of Things(IoT)などの最新のイノベーションによりすぐにビジネス価値を享受することができます。AIによって効率化できる3つの財務プロセスを考えてみましょう。

  • ・ 受注から入金まで:AIは請求データと入金データをインテリジェントにマッチさせることで、請求照合を自動的に行います。また、自動的に顧客の信用格付けを行うことができるので、顧客ごとに異なる支払い条件や戦略を適用させ、財務戦略的に重要度の高くない顧客に対しては積極的な代金回収を控える等、顧客を特定して回収業務の優先順位や戦略を確立することができます。

  • ・ 調達から支払いまで:AIは買掛業務におけるさまざまな処理も自動化し、最適化することができます。発注データと請求書を自動的に照合し、適切に勘定科目を振り分けることで、支払保留を減らします。AIは早期支払い割引やサプライヤーごとの最適価格の設定によるダイナミックディスカウント制度などの情報も提供することができます。また、信用格付けなどサードパーティからのデータを活用することでサプライヤーリスクを最小化することもでき、在庫や生産工程に影響が及ぶ前に異常事態や悪条件を予測することが可能になります。

  • ・ 会計と財務:経費の入力から仕訳作業までをスマートオートメーションで効率化し、さらには計上された経費にイレギュラーが発生していないかの監査も合わせて行って異常をチェックし、人手による監査作業を減らすと同時に入力ミスや不正を減らします。

AIは大きなチャンスを企業に与えてくれます。Oracle ERP CloudではSaaSに搭載された最新のテクノロジーがもたらす、継続的なイノベーションを導入することができます。詳細についてはOracle ERPをご覧ください。